新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさんブログ一覧

2018/11/30

今日で11月は終わりだな、などと夕食時に話していたら、九条が「明日からは12月、今年も一緒にいられた幸せを噛みしめる月ですね」とサラリと言った。
確かにそうだ。年末の慌ただしさばかりに意識が行ってしまいがちだが、二人で過ごす一年の、いい締め括りになるように過ごさなくてはならんな。
とりあえず今年は、年末に頑張ろうとせず、週末ごとに少しずつ大掃除を片付けることにした。
生活していると、徐々に互いに物が増えていく。それはそれで幸せなことだが、小さな家だ、置ける物の総量には限りがある。
処分するものを選び出すのも、来月の大切な作業のひとつだな。
とりあえず俺は、雑誌や本の類を少し減らさなくてはならない。
書斎は共用なのに、棚にある本の八割は俺の物だ。少し多すぎるな。
本を処分するのはなかなか難しいのだが、無尽蔵に増やすわけにはいかない。心を鬼にして、厳選しよう。

2018/11/29

12月からは、月替わりのコッペパンがチキンとポテサラっていうスペシャルバージョンになるから、今からこつこつ仕入れをしている。
っていうか普通に、スーパーでジャガイモや人参を買ってきて、どんどんストックしてるだけなんだけど。
値段も、普通のコッペパンよりだいぶ高くなるのに、毎年大人気なんだよね。
だから、こっちも準備に気合いを入れなきゃ。
鶏は、いつもコラボしているお肉屋さんに頼んである。サンドイッチ用に、鶏もも肉の分厚い処に包丁を入れて開いた状態で納品してくれるから、すっげー助かるんだ。
また、年明けにコロッケかメンチのコラボをしよう!って相談してきた。
来年の話をしても、もう鬼が笑わない感じになってきたなあ……。

九条

2018/11/28

湯気がご馳走な季節が来ましたね。
店の奥の作業場は、冬でも基本的にヒンヤリさせておきたいので、僕が座っている辺りだけが温かくなるよう、石油ストーブを一つ置いているきりです。
その上にやかんを置いてお湯を沸かし、熱い紅茶を入れて飲むのが、妙に美味しくて。
ガスや電気ケトルで沸かすのと何が違うのか訊かれてもわからないんですが、強いていえば、ストーブで沸かしたお湯は、口当たりが柔らかい気がします。気のせいかもしれませんが。
今日は午後から、やかんではなく、おでんの鍋を置いて、ことこと煮込んでいます。
店のほうにも匂いが流れてしまうようで、夕方にお見えになったお客様から、「いい匂いねえ」とくんくんされてしまいました。
店じまいをしたあと、これは味見だと言い張って、我慢できずに大根をひときれ、つまみ食い。とろけるように柔らかく炊けていました。
がぜん、先生のお帰りが待ち遠しくなりますね! 早く食べさせて差し上げたい。

知彦

2018/11/27

僕も、冬の朝になると、遥君が夜明け前に布団から出て行くそのガッツに敬服します。
僕なんて、そのリスペクトに助けてもらって起きられるようなものです。
やはり、九条さんも遥君も、職人のプライドというか、使命感というか、そんなものに突き動かされているんでしょうか。
はあ、僕ももっと気合いを入れなくては。
と思い、今朝はいつも以上の強い気持ちで起き出してみたんですが、パン焼きの仕事を手伝っている間じゅう、欠伸が止まらず。
「深谷さん、冬眠しちゃいそう」
と遥君に笑われてしまいました。気合いだけでは上手くいかないもんです。

2018/11/26

朝晩が寒くなってきて、今朝はついに布団から出られなくてグズグズしているうちに、二度寝してしまっていた。
「さすがに起きなくて大丈夫ですか?」
と九条に起こされて、時計を見た瞬間、血の気が引いた。
朝食も摂らず、かろうじて着替えた状態で家を飛び出したが、通りを挟んですぐ職場でなければ、確実に遅刻していたところだ。
まったく、気が緩んでいる証拠だな。
より厳しく自分を律していかなくては……と思いはするのだが、冬は布団の誘惑が強すぎる。
九条はよく、毎朝早々と起き出せるものだ。秘訣を聞いたが、特に思いつかないそうだ。むむ。

2018/11/24

珍しく、キャンプじゃなく普通に旅行中。
やっぱ寒くなってくると、温泉が恋しいよね。
急に思いたったから、ホントは泊まりたかった旅館が満室で、今回はでっかいホテル。
だから晩飯もバイキングなんだけど、思ったよりは悪くない。
バイキングって満足感が薄いけど、その代わり、色々試せて面白い。
デザートにフルーツをたくさん食べられて、しかもチョコファウンテンまであって、そこがいちばん満足だった。家じゃできないもんね、チョコファウンテン。
明日は、朝早く、少し離れたところにある露天風呂に行ってみるつもり。
ホテルの温泉も悪くないけど、ちょっと風情がないもんね。
凄くいいお湯だから、次は本命だった旅館に泊まりたいねって深谷さんと言いながら、ベッドに転がってる。
やっぱりこれも、畳の上に布団のほうがいいなあ。
ちょこっと不満の残る旅だけど、二人で出掛けるだけで楽しいから、まあいいか。

九条

2018/11/23

昨夜、仕事終わりに待ち合わせた先生がとてもお疲れの顔だったのは、そういう事情だったんですね。
楽しい食事の妨げにならないよう何も仰らなかったのでしょうが、密かに心配していました。
倒れた患者さんが大事なかったのは何よりでしたね。
今日はお休みですから、ゆっくりお疲れをとっていただこうと起こさずにいたら、なんとビックリの夕方まで起きてこられませんでした。
さすがに心配になって、何度か様子を見にいきましたよ。
お目覚めになって、時刻に驚かれた先生は、「すまない」と開口一番、僕に謝ってくださいました。
先生がおやすみの間、僕ものんびり過ごしましたし、時間があるときしか作れない凝った料理も用意できて楽しかったです。
特製のロールキャベツ、喜んでいただけたらいいのですが。
鍋ごと出して、蓋を取ったときの先生の反応を楽しみにするとしましょうか。

知彦

2018/11/22

今日は、リハビリルームで事件が起こった。
リハビリ中の患者さんが、突然意識を失って倒れたんだ。
突然のことに驚いて狼狽える僕たちをよそに、大野木先生がすぐに駆けつけて、患者さんをリハビリ用ベッドに寝かせ、バイタルサインを取りながら、冷静沈着に指示を出してくださった。
循環器内科への連絡、ストレッチャーとAEDの準備、他の患者さんたちを動揺させないため、第二リハビリ室への誘導……。
おかげで、大きな混乱なく、倒れた患者さんを搬送することができたし、あとで、容態が安定したと連絡を貰ってみんなホッとした。
さすが大野木先生……と思っていたら、後で先生が、「こんなことは久しぶりだったから、軽くパニックだった」と告白なさってビックリ。
あんなに落ちついて見えたのになあ……。

2018/11/21

リビングのソファーの上にマンガ雑誌があって、九条はこんなものを読むのかと少し驚いた。
なんでも、学生時代に好きだったマンガの続編が、読み切りで掲載されたものらしい。
なるほど、そういう理由だったか。
俺はあまりマンガを読まない子供だったから、むしろ新鮮な気持ちでパラパラと開いてみた。
マンガと一言で括っても、色々な話があるものだな。
軽く試すつもりが、意外と真剣に一冊読み切ってしまったが、残念ながら、どれも連載の途中なので、設定やこれまでの展開が理解しきれなかった。
気に入った作品をひとつふたつ、電子書籍で買ってみようか。
まさかこの歳になって、マンガに手を出すとは思わなかったな……。

2018/11/20

歴史や流行は繰り返すっていうけど、お店の経営もそうなのかな。
最近、ラッパを吹きながら軽トラで豆腐を売りに来る人がいて、ずっと気になってたんだ。
今日、店にお客さんがいないときに通り掛かったから、思いきって買いに行った。
そうしたら、容器がないんだね。家から水を張ったボウルを持ってきてって言われて、昔のドラマみたい!って妙に感動しちゃった。
何のビジョンもなく、好きだから絹ごし豆腐を買っちゃって、帰ってきた深谷さんに「どうしようか」って見せたら「湯豆腐だろ」って即答だった。
なるほど。
気分のものかもしれないけど、スーパーでパック入りの豆腐を買うより、何だかフレッシュで美味しいような気がした。
実は俺もいっぺん、コッペパンの行商をやってみたいんだよね。ロバのパン屋さんみたいなやつ。
そう言ったら、深谷さんが、まずはバザーとかフリマでの出店を考えてみたら?って提案してくれた。なるほど! 考えてみよう。

九条

2018/11/19

フラワーアレンジメントのご用命は、たいてい前もってのときが多いのですが、今日は飛び込みで、しかも「鍋物のように盛り込んでほしい」というあまりにも斬新なご注文に驚きました。
さすがにどういう目的でお使いなのか伺うと、鍋物専門店の開店祝いに持参したいとのこと。なるほど!
事情はわかりましたが、初めてのチャレンジでしたので、とても緊張しました。
できるだけ平たい容器を選び、そこに葉ものや山柿などを使って、極力鍋っぽく生けてみましたが、なかなか難しく……!
お客様にはご満足いただけたようですが、僕自身、何となく消化不良な感じが否めないので、この冬の課題として、自主的にもっと突き詰めてみたいところです。

2018/11/17

先週は出張で週末休めなかったので、さすがに疲れが溜まっている。
今日は存分に寝たいと言ったのは俺だが、まさか起きたら夕方になっているとは……。
「さすがに心配になって、何度か様子を見に行ったんですよ。でも、起こすのが可哀想なほど気持ちよさそうにおやすみだったので、そのままにしておきました」
と九条は笑っていたが、俺も驚いた。
一度も目が覚めないなんて、そこまで疲れていたのだろうか……。
九条も俺につきあって一日家にいたそうで、申し訳ないことをした。
庭の手入れをしたり、読書をしたりしてのんびり過ごせたと言ってくれて、少しホッとした。
罪滅ぼしに、夕食は外で俺がご馳走することにした。
外に出て気付いたんだが、驚くほど身体が軽い。
やはり、疲れていたんだな……。いい休息日になった。

知彦

2018/11/16

うわあ、クリスマスとか正月とか聞くと、なんだか意味もなく焦りますね。
遥君へのクリスマスプレゼントもそろそろ考え始めなくちゃな……。
クリスマスケーキをどこの店のにしよう、なんて相談しながら、今夜は回転寿司に行きました。
回転寿司にはクリスマスなんて関係無いだろうと思ったのに、「クリスマス巻き寿司」の予約を受けていて、二人でチラシをまじまじと見ながら食事をしてしまいました。
なるほど、ローストチキンを巻き込んでいるんだなあ……。
遥君の12月のコッペパンも照焼チキンを挟む予定なので、何だかちょっとありきたりだなあと思ってしまい、食事中も帰り道も、新しい12月コッペのアイデアを出し合ったのですが、やはりチキン以上のものは出ず。
もうしばらく考えようと思います。何かないかなあ……。

九条

2018/11/15

いつものように外食した帰り道、ほろ酔いの先生がクリスマスソングを口ずさんでおられました。
ああもう、そんな時期ですねえ。
一ヶ月後の今頃は、クリスマスの支度と共に、新年を迎える準備も進めているんだろうなと思うと、急に気ぜわしくなりました。
あっという間に一年が終わりますねえ……。
それはそうとして、先生のご機嫌な歌は、何とも可愛らしいですね。
歌っておられると指摘したらきっとやめてしまわれたので、何げなく聞きながらのんびり歩きました。

2018/11/14

俺さあ、饅頭全般が苦手ってわけじゃなくて、皮が薄い饅頭があんまり好きじゃないんだよね。
皮がもふもふしてたり、しっとりしてたり、とにかく存在感がある奴が好きなんだ。
深谷さんが買ってきてくれた奴、皮が凄く薄いのがウリなんだよね?
だから……申し訳ないとは思ったんだけど、余ったコッペパンの生地で薄皮の饅頭を包んで焼いてみたら、めっちゃあんパン! うまーい!
でも何となく、申し訳ない食べ方のような気もする。旨いからいいか。
今日は、納品先の学習塾から、急遽キャンセルの連絡。
生徒さんたちにインフルエンザが流行っちゃって、塾をまるっとお休みすることになったんだって。
困るけど、こればっかりは仕方ないよね。キャンセルされちゃった生地を揚げパンにしたら、けっこうさばけた。ホッ。
以前なら、こういうときオタオタするばっかりだったけど、最近はちょっとずつ対処できるようになった気がする。

2018/11/13

今回の出張は、あまり好みのお菓子には出会えなかったので、地元で人気だというソーセージや魚の干物をクール便で自宅に送った。
できるだけ九条の手を煩わせずに済む食材を選んだつもりだったが、喜んでもらえてよかった。しかし……。
「献立を考えずに済む日があると、ちょっとホッとするんですよ」
と言われて、代わりに作ることが難しい以上、食べたいものを積極的にリクエストするべきだな、と痛感した。
とはいえ、手間が掛かるものを要望してしまうと本末転倒だ。
日々の食事については、俺も色々ともっと考えなくてはな。大いに反省した。
ソーセージは輪切りにして七味マヨネーズをつけると実に旨い。たまに取り寄せようと言い合った。

知彦

2018/11/12

週末の出張土産を、医局の共用テーブルの上に。
個包装のお菓子だってこともあるんだろうけど、どんどん減っていく。
見ていると、みんな通りすがりにポケットに入れていくみたいだ。
家に持って帰る人もいるんだろうな。
うちにも同じお菓子を買って帰ったんだけど、おまんじゅうだったからか、遥君にはあんまり好評じゃなかった。
遥君、洋菓子のほうが好きみたいだな~。
でも、もう一種類のお土産、漬け物は凄く気に入ってもらえてよかった。
お土産って、相手のことを一生懸命思って選ぶんだけど、それでも当たったり外れたり。難しいな。

九条

2018/11/10

大野木先生と深谷さんが朝から学会出張なさり、午後になって、遥君が泊まがけで遊びに来てくれました。
恒例の、お留守番合宿です。
遥君があれこれお惣菜を買ってきてくれたので、あとはピザの出前などとって、映画を観たり喋ったりしながらダラダラと家飲みをしています。
こういう怠惰な生活はバンドマン時代以来久しぶりなので、ちょっと懐かしくていいものです。
遥君は、相手をとことん自然体にしてしまう、不思議な力を持っていますね。
お互いのパートナーののろけ話などしたりしているので、きっと出張中のおふたりは、くしゃみが止まらないでしょうね。
明日はうんと朝寝坊して、おいしいバケットサンドを出してくれるカフェでランチをして解散です。

2018/11/09

水族館! いいなあ。ネットで調べたら、でっかい水槽にマンボウがいるんだって。
そうだよ、兄ちゃんと深谷さんも、せっかく遠出するんだから、ちょっとくらい遊んでかえってくればいいじゃん。
俺と九条さんは、日曜の夕方、お土産を楽しみにそれぞれの家で待つよ!
九条さんはたぶんご馳走を作ると思うけど、俺は寿司飯炊いて、お刺身買ってきて、手巻き寿司の支度でもしよっかな。
深谷さんも、おかずになりそうなお土産買ってきてね!
ずっと離ればなれは嫌だけど、たまにこうやって泊まりがけの別行動も楽しいな。

2018/11/08

昼休み、弁当を食べながら、深谷と、「九条と遥はいったい週末どんな話をするんだろう」という話になった。
正直、俺はごくまっとうに真摯に日々を生きているつもりなのだが、九条に言わせると「毎日おもしろかわいい」らしい。
そんなふうに思うのはこの世で九条だけだとてっきり思っていたのに、それを遥が面白がるということは……そこには一抹の客観性があったりするのだろうか。
気になる。気になるが、俺たちは学会の準備をせねばならん。九条と遥を羨んでいる場合ではないぞ、深谷。
あとまあ、我々は我々で、空き時間に多少羽を伸ばすのもよかろう。
どこか、観光で行きたい場所があるなら考えておくといい。俺は水族館を訪ねる予定だ。

知彦

2018/11/07

ちょ、ちょっと待ってください。
何ですか、僕の「意外にワイルドな一面」って! 遥君、いったい九条さんにどんな話をしてるんだ……!
僕にワイルドなところなんて、およそないと思うんですが、気になって仕方がないですよ。
思わず帰ってから遥君を問い詰めてみましたが、「どんな話したっけ。覚えてない」と言われてしまいました。うう。
唯一、「凄く腹が減ったときの、飯の食い方がワイルド」という供述は得ました。
なるほど……それは多少、自覚があります。本当に空腹のときは、我を忘れるほど一生懸命に食べてしまうんですよね……。
それにしても、お留守番合宿、楽しそうだ。ちょっと羨ましいです。

九条

2018/11/06

土曜日は遥君に泊まりに来てもらうことにしましたよ、と先生に言ったら、「嫌なら断っていいんだぞ?」と先生に心配されました。
いえ、とても楽しみですよ? 遥君は、僕にぞんぶんに先生ののろけ話をさせてくれるので嬉しいんです。興味津々で、身を乗り出して聞いてくださいますし。
正直、先生のことなら三日三晩話し続けてもまだ尽きない気がします。
あと、深谷さんの意外にワイルドな一面も聞くことができて、楽しいです。
「それならいいが、ふたりでうんと旨いものでも食うといい」
と、まだちょっと心配顔で、先生がそう言ってくださいました。
ふふふ、普段は食べないちょっと悪い食べ物をたくさん食べて、いっぱいお喋りしようと思います。
頭が空っぽのままで楽しめる、お勧めの映画もリストアップしなくては!

2018/11/05

週末、兄ちゃんと深谷さん、学会出張なんだってさ!
晩飯のときにそれを聞いて、片付けが終わってすぐ九条さんにLINEしちゃった。
「泊まりに来ますか?」
って言ってくれたから、行く!って即答。よーし、これで週末のお楽しみ予定が立ったぞ。
「九条さんとお泊まりって何すんの?」
って深谷さんが興味津々だから、ジャンクフード食ってお酒飲んでゴロゴロしながら、兄ちゃんとか深谷さんの話するんだよ!って言ったら「えええ!」ってビビられた。
悪口じゃないよ~ふふふ。
九条さんののろけ話の中の兄ちゃんって、俺の知らない兄ちゃんだから面白いんだよな。

2018/11/03

日々のことにバタバタしていて、週末の予定をこれといって立てていなかった。
そろそろ温泉が嬉しい季節だな……と、昼食と日帰り温泉のパックを利用して近場の温泉宿に出掛けてみたところが、当日キャンセルが出て泊まれるというので、急遽一泊旅行に切り替えた。
手ぶらだったが、近くにコンビニがあってので下着を購入したら、特に他に必要なものはなかった。
なんというか、旅館というのは便利なものだな。こんなに気軽に泊まれてしまうのかと、少し拍子抜けしてしまった。
逆に、いつもはいったい何を荷造りしていたのだろう……。
温泉につかってそんなことを考えていたら、九条も同じ思いだったのか、「僕たちはもっと身軽になるべきかもしれませんねえ」と言い出した。そのとおりだな。
これからは、もっと身軽に、気軽に、出掛けることにしよう。

知彦

2018/11/02

帰宅したら、久しぶりに茶の間に入ったところに靴下が脱ぎ捨ててあって、「こら、遥君!」と言おうとしたら、その二歩先に本体が落ちていた。
今日は凄く店が忙しかったんだろうな。遥君はくたびれると、まるで小さい子か子猫みたいに、こてんと寝てしまう。
まさに電池切れの趣だ。
可愛いし、変死体みたいで面白いけど、そろそろ夜は冷えるから、せめて毛布一枚被ってから寝てほしいんだけどなあ……。
とりあえず着ていたジャンパーを着せかけて、晩飯ができるまで寝かせておくことにしよう。
今夜は焼きそばだから、起こさなくても、途中で勝手に目が覚めちゃうかな?

九条

2018/11/01

生け花教室の花材は、いつも季節や年中行事をテーマに選ばれるのですが、今週は「文化の日」でした。
高尚すぎて僕にはちょっと意味がわからないですが、洋風のアレンジメントには時々使うものの、和風な生け方がよくわからなかったコスモスを使えたので、とても勉強になりました。
お稽古を終えて待ち合わせ場所のカフェに急ぐと、いつものように読書中だった先生がお顔を上げて、僕の顔と持っている花材を順番にご覧になって、「コスモスの花がよく似合うな」と一言仰いました。
おやそうですか、とちょっと照れつつ返事をしたら、「ああ。夏、小さなひまわりを持っていたときは、少し違うなと思っていた」と。
お教室の花材は、僕をテーマに選んでおられるわけではないですからねえ……。
ですが、いつもそんなことを考えていらっしゃったのかと、少し面白かったです。

■このブログは

大野木甫
医師の大野木甫
九条夕焼
フラワーショップ店主の九条夕焼
大野木遥
甫の弟でコッペパン専門店店主の大野木遥
深谷知彦
甫の部下で理学療法士の深谷知彦

仕事人である彼らが、昼休みに綴ります。
だから平日12:00頃更新。土日祝日はお休みです(ときどき休日出勤あり…)。

それぞれの恋模様は『お医者さんにガーベラ』『お花屋さんに救急箱』をご覧ください。

Novel 椹野道流
Illustration 黒沢要

※ブログ内のすべてのテキスト・画像等の転載転用を禁じます。

一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり