新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさんブログ一覧

2017/09/30

珍しく、深谷さんが昼過ぎまで寝てたから、俺は買い物に。
新しくできた評判のパン屋さんに、食パンを買いに行って来た!
すげー。食パン買うのに、一時間以上並んだよ。
二斤買って帰って、やっと起きてきた深谷さんと、まずはそのまま、次にトーストして食べてみた。
さすが評判だけあって、うまーい。
さっくりっていうより、もっちり食感の食パンだった。
そのままより、トーストが旨い感じのやつ。
次も一時間並んで買うかっていったら微妙だけど、食パンっていっても、店によって色々だなあ。
俺はもうちょっと歯触りがさくっとした食パンが好きだけど、深谷さんはこれくらいもちもちしてても好きだって。
そういやご飯も、俺はちょい固め、深谷さんは柔らかめが好きだ。そういうのと関係あるのかな。

2017/09/29

テーマパークへの旅行が九条への誕生日プレゼントだったし、パーク内で四人でお祝いのディナーをしたりはしたのだが、やはり二人だけで祝いたい気持ちもあり、一週間後の今夜、地元のフレンチレストランで食事をすることにした。
事前に頼んでおいたので、本来のコースのデザートとは別に、小さな丸いバースデーケーキを用意して、わざわざ店内を暗くして、蝋燭を灯して運んで来てくれた。
おかげで他のお客さんたちにも祝ってもらえて、九条は大いに照れていたが、いい記念になったようだ。
「本当は、あなたが隣にいてくださることが、何よりのプレゼントなんですけどね」と九条は言っていた。
俺の誕生日に、必ず同じ言葉を返そうと思う。

知彦

2017/09/28

今日作る分で、今年のアイスクリンは終了。
暑い夏だったから、今年もよく売れたなあ。
「また来年だね」って言ってから、僕たちは何の約束もしていないけれど、来年の夏も当然一緒にいるって確信できているんだなあと、しみじみ嬉しくなった。
というか、思えば来年どころか、「老後のキャンプ」について語り合ったりしたっけ、この前。
ジジイになってもテントを張って寝袋で寝るようなキャンプがしたいねって。
そういう他愛ない展望の一つ一つが、また僕らを強く結びつけていってくれるのかなあって、朝からしみじみ幸せな気持ちになった。
今日は大野木先生とお昼をご一緒したので、そんな話をしてみた。
そうしたら先生は真顔で「俺と九条は、墓の相談も時々する」と言い出して、ビックリ。
僕たちはまだまだだったよ、遥君……!

九条

2017/09/27

すっかり秋ですねえ。庭の金木犀が咲いて、朝、窓を開けると香りがふわっと入ってきます。
今朝も先生と二人で、犬のようにふんふんと匂いを嗅いで楽しみました。
数日間のことですが、季節を感じる大切なイベントのようなものです。
テーマパークのハロウィンデコレーションをたくさん見たおかげで、店のデコレーションも、去年よりずっと華やかにできそうです。
まずは、素敵なものをできる範囲で模倣することから。来年からはもっとオリジナリティを出せるように頑張りたいです。
今年は、思いきってオレンジ色の大きなかぼちゃ一つ、仕入れてみました。
子供さんたちが自由に触ったり乗ったりできるように、店の外に飾るつもりです。
素敵な写真が撮れるように、かぼちゃの周りに素敵なデコレーションもしたいですね。
僕自身はインスタグラムはやっていないんですが、最近はインスタ映えを考えることが大事なのだそうで……。
僕がインスタをやったら、きっと先生の写真だらけになりますね。

2017/09/26

テーマパークでかぼちゃのデコレーションをいっぱい見たから、何となく作りたくなって、かぼちゃを甘く煮た奴を角切りにして散らした蒸しパンを作ってみた。
午前中だけで売り切れた……! たまに変わったの作ると、大人気だな。
パンプキンパイとか作らないの?って訊かれたけど、パイはちょっと難しいかな。
どうせなら、パイ生地を自作したいもんね。
ひとりだと、作れるものも数も限られてくるから、ちょっと悔しいこともあるけど、何もかもを自分でできるってのが好きだからなあ、俺。
今週は、塾に納品する生徒さんのおやつパン、かぼちゃ蒸しパンにしてみようかな。
やっぱ、季節感があったほうがいいもんね。
それより、サツマイモがいいかな~。俺だったらイモかな。
深谷さんにも訊いてみよっと。

2017/09/25

テーマパークではしゃぎすぎた。
昨日は、明日は仕事なんだぞと何度も心の中で言い聞かせたが、結局夜まで遊んでしまった。
テーマパークには、理性を鈍らせる特殊な電波でも流れているんじゃないだろうか。
今日は全身が筋肉痛で、どうにも動きがギクシャクしている。
患者にまで、「先生、腰痛いんですか」と訊かれてしまった。
いかん。深谷がいつもどおりに快活に働いているのに、俺ときたら……。
これは、年齢というより、いつもの運動量の差だな。
俺も、日頃からもっと身体を動かすようにしなくては。
帰ってその決意を九条に伝えたら、笑顔で「寝室でよろしければいつでもお付き合いしますよ」と言われた。
そういうことではない……いやそういうことでもあるのか……?

九条

2017/09/23

九月二度目の連休、四人で旅行に来ました。
近場ですが、敢えての一泊二日。何故なら、目的地があのネズミっぽいテーマパークだからです。
ハロウィンのしつらえがあまりにも素敵なので、仕事に生かしたいと言ったら、先生が遥君と深谷さんを誘ってくださいました。
系列ホテルのファミリールームが取れたので、まさに家族旅行の趣です。
四人でわあわあ言いながら乗るアトラクションはとても楽しいですが、ところどころ、二人乗りがあるのがまた嬉しいものです。
普段、滅多に聞けない先生の悲鳴が聞けるのも醍醐味と申しますか……。
夕方、さすがに疲れたので飲み物を買ってベンチで休憩していたら、先生が突然、「パレードは二人で見たいな。わざとはぐれるか」と耳打ちしてこられて、あやうく今日が僕の命日になるところでした……。

知彦

2017/09/22

明日からは一泊旅行だ。
今回はいつものキャンプみたいな大荷物は要らないので、荷造りは一瞬で終わった。
一泊だから冷蔵庫の生もの大掃除も要らないし、何だか拍子抜けする旅行前夜だ。
でも、夕飯のときから明日明後日の話ばっかり。
何をしようかって、ネットで情報をゲットしながらあれこれシミュレーションを繰り返している。
ハロウィンイベントってだけで、何だか妙にワクワクするなあ。
特にハロウィンだから何をするってわけじゃないけど、あのカボチャだらけの装飾を見ていると楽しくなってしまうのは、何故なんだろう。
「カボチャ好きだからじゃね?」って遥君にアッサリ言われちゃったけど、僕はそこまでカボチャ好きじゃないよ!

2017/09/21

昼休みに深谷と頭を付き合わせて、ネットで連休に出掛ける先の宿を取った。
今頃かと言われそうだが、唐突に思い立ったので仕方がない。
ダメ元だったのに、四人用の部屋が予約できて、胸を撫で下ろした。
むしろ、カップルがツインの部屋を予約するから、ファミリー用の部屋が余っていたのかもしれない。
四人旅行には打って付けだ。
無論、仕事中は、深谷とプライベートな馴れ合いはしないが、昼休みくらいはよかろう。
とはいえ、職場で二人して個人的な案件を片付けていると、どうにもくすぐったい気持ちがしたのは何なんだろうな。
帰宅して、宿がとれたと報告したら、九条がとても喜んで、俺も嬉しかった。
普段、あまり自分の希望を押し出してこない九条なので、行きたいとかやりたいとか言葉にしたことは、極力叶えてやりたいと思う。
連休の突発旅行は、九条の希望が発端だが、四人で楽しもうと思う。天気がいいといいな。

2017/09/20

そろそろ寝ようと思ってるときに、兄ちゃんから電話。
連休、予定がなかったら旅行に行かないかって。
二つ返事でいいよ!って言ったけど、今から宿とれるかなあ。
深谷さんが「明日の昼休みに先生と相談して頑張るからね!」って力強く宣言してた。
最悪、日帰りでもいけるけど、やっぱ泊まりたいよな~。
早く寝なきゃいけないのに、いきなりテンション上がっちゃって、寝付かれないよ。
もー、兄ちゃんは、こんな夜中にナイスすぎる提案するんだからー。
でも兄ちゃんも、きっと無表情にワクワクしちゃって眠れてないんだろうな。
だって、朝まで待てないくらいだもんな。絶対、布団の中でモゾモゾしてる。
その姿を想像するとおかしくなって、あくびが出た。

九条

2017/09/19

本当は10月になってから仕入れるつもりだったミニカボチャたちが、箱一つやってきてしまいました。
こういうのはご縁のものなので、さっそく店に出してみたところ、他のお買い物のついでに次々と連れ帰られてしまって、早くも残り五個です。
やはり年々、ハロウィンが定着しつつあるのでしょうね。
お見舞い帰りの子供たちが、特に気に入ってくれているようです。皆さん、テーブルの上やシューズボックスの上に飾ると仰っていました。
形の悪いものをうちにも飾ろうかと思っていましたが、それはそれで味だと選んで行かれる方もいて、また新たに仕入れなくては、我が家の分が確保できそうにありません。
店の内装をハロウィン仕様にしたいと思いつつ、馴染みがないせいか、どうにも上手くできず……先生がお帰りになったら、ちょっと我が儘を言ってみようかなと思っています。
どんな反応をなさるか、ちょっと楽しみだったり不安だったり。

知彦

2017/09/18

今日で一回目の連休は終わり。
昨日の夕方帰ってきて、そのまま置いてあったキャンプ道具を洗って干して片付ける仕事をしながら、台風が上手い具合に避けられてよかったね、という話をした。
巻き込まれていたら大変なことになるから、ホントラッキーだった。
それが終わって、今日は二人とものんびり。
夕飯は、近くのピザ屋さんに食べに行くことにした。
最近できた店なんだけど、自作のピザ釜があって、ナポリ風のピザを出してくれる。
まだ若い、イタリア帰りのシェフと遥君、生地づくり談義で初対面から盛り上がっちゃって、それ以来、ちょくちょく行くようになった。
僕としては、話に入れなくて少しだけ寂しいけど、ピザは凄くもちもちして美味しいし、遥君が新しいアイデアをゲットして嬉しそうにしているのを見るのも好きだ。
何より、話が盛り上がったとき、ふっと遥君が僕を見て「ごめんね」って言ってくれるのが、しみじみ嬉しいんだよね。

2017/09/16

せっかくの連休だが、どうも急に朝夕が涼しくなって、二人とも夏の疲れが出てきたようだ。
出掛けることはあるにせよ、基本的に家で過ごそうということになった。
旅行も魅力的なのだが、よその寝床では、本当の意味で身体が休まらない気がする。
そんなわけで、今日は九条のリクエストで、少し遠出をして、お寺に酔芙蓉という花を見に出かけた。
酔芙蓉というのは、ムクゲに似た花だが、一日のうちに花色が変わるそうだ。
咲き始めは白く、それが時間が経つと酒を飲んだように赤みを帯びていくので、そんな名前がついたとか。
境内にたくさんの酔芙蓉があって、なかなか風情があった。
お寺のご厚意で縁側でお茶をいただきながら、萩の花が咲く、あまり手を加えすぎていない庭をしみじみ眺めていると、とても落ちつく。
歳をとっても、こんなふうに一緒に花を見られる二人でありたいと、ふと思った。

2017/09/15

連休は深谷さんと山へキャンプに行く!
最近、ロッジに泊まる簡易キャンプが多かったから、久々にテントを張るガチの奴。
炭火であれこれ焼いて食べたり、温まったりするのが嬉しい季節になったよね。
やっぱ、暑さと虫にやられながら外にいるのは、楽しいっていうより若干ストレスだし。
炭火も最初はまだ怖いんだけど、すぐ慣れるのがわかってるから、もう大丈夫。
あと、道の駅がすぐ近くにあって、秋は茸がたくさん並ぶんだって。
深谷さんが、「きのこをいっぱい入れて鍋にしようか」って言うもんだから、今朝からずーっときのこのことを考えてる。
ワクワクし過ぎて、お客さんに「いいことあった?」っていっぱい訊かれた。
いいことは、これからあるんだ!

知彦

2017/09/14

今年も、アイスクリンを作るのはあと二週間か……と、朝に材料を混ぜ合わせながら、しみじみしてしまった。
小学生の頃は、一週間はけっこう長かった気がするんだけど、最近は飛ぶように過ぎる。
そう言ったら谷田部さんに「加齢だよ」って笑われたけど、そ、そうなのかなあ。
社会人になって以来、一日の半分以上を仕事に使うから、自分の時間が絶対的に短くなるっていうのも関係していると思うんだよなあ。
そういえば僕、昔はひとりの時間がないと無理な人間だったのに、今、あらためて考えてみると、仕事中は同僚や患者さんが常に一緒、帰ったら遥君とずっと同じ部屋にいる。
でも全然平気なのは、二人一緒にいても、ひとりずつの時間が持てているからだと思う。
お互いが何かに没頭してるときは、自然にそっとしておける関係って、いいもんだな。

九条

2017/09/13

二日ほど風邪気味で体調が万全というわけにはいかなかったのですが、その間、大野木先生があれこれと気を使ってくださって、たいへん甘やかされた生活でした。
先生が同僚の方から教わってきた、スーパーで売っている鶏スープを活用して作る雑炊がとても美味しくて、我が儘を言って二日連続で作っていただきました。
今日は目覚めからスッキリしていて、どうやらお陰様でこじらせずに済んだようです。
よかったといえばよかったのですが、先生の雑炊が食べられなくなるのは少し残念です。
そう言ったら、飽きるまで毎日でも作るぞと真顔で言ってくださって、しみじみ嬉しくなりました。
いえいえ、勿論病気をしないに越したことはありませんが、次に寝込んだときの楽しみにとっておきます。

2017/09/12

少しずつイーストの量を減らして、長時間発酵にトライし始めてる。
イーストの風味も俺は嫌いじゃないけど、やっぱり量を減らしていくと、粉自体の香りが前に出てくる感じがするんだよな。
深谷さんにも食べ比べてもらったら、やっぱりイースト少なめのパンのほうを「美味しいね!」って言った。やっぱし。
コッペパンは余計なものが入ってないし、そんなに高い粉も買えないから、色々工夫することで美味しくしていかなきゃな。
今日は久しぶりに、アイスクリンと入れ違いに登場する蒸しパン用のサツマイモの甘煮を作った。
試しに作った蒸しパンを小さく切って試食用に出したら、今、学校帰りの女子高生たちがむしゃむしゃ食べている。
凄く嬉しそうだから、意外とカロリー高いぞってことは秘密にしておこう。

2017/09/11

九条が少し風邪気味らしい。
店を休むほどではないようだが、マスクをして咳き込んでいるので、どうにも心配だ。
夕食は何か買って帰るから、仕事が終わったら横になっているように言い聞かせて出勤した。
昼に様子を訊いたところ、「大丈夫」とのこと。しかし、こういうときの九条の言葉は、まったく信用できない。
どうしても気になって、昼休みにほんの短い時間、帰宅した。
熱はないものの、やはり怠そうだ。
同僚に美味しい雑炊の作り方を教わったので、今夜はそれを作るからと再度強く言って、職場に戻った。
こんなときくらい、素直に甘えてくれたらいいんだがな。
気の利かない俺だが、精いっぱい甘やかしてやりたいという気持ちだけはあるんだ。

知彦

2017/09/09

今日は、僕は午前中だけ仕事。
帰ってきたら、遥君が店の前のプランターを手入れしていた。
朝顔がそろそろ終わりだから、そういえば植え替えの時期だった。
まだ何を植えるかは決めていないというから、そのまま一緒にホームセンターへ。
今咲いている苗はあまりピンとくるものがなくて、結局、春に咲くクロッカスやチューリップの球根を買って帰ってきた。
まずは土を肥やして、しばらく置いてから球根を植える。九条さんに色々教えてもらって、僕たちも少しだけそのあたりのことがわかってきた。
それにしてもホームセンターは恐ろしい場所だ。
ブラブラしていると、本来買うつもりではなかったものを買ってしまう。
そろそろキャンプのシーズンも終わるのに、またしてもキャンプ道具が増えてしまった。
あと一、二回は、年内にキャンプに行きたいところだなあ。
遥君が火への恐怖を克服しつつあるのも嬉しいし、いつも一緒にいるのに、キャンプに行くと、夜、何故かいつもより色んなことを深く話し合える気がする。
テントの中で並んで寝てると、普段は気恥ずかしいことも言えちゃうっていうか。

九条

2017/09/08

子供の頃に好きだったもの……。
うーん、花は確かに嫌いではなかったですが、父が花屋でしたから、好き嫌いというより、当たり前のように周りにあるものでしたね。
僕はむしろ音楽が好きだったので、一時期、若気の至りでバンドマンをやっていたのが、趣味と仕事が結びついたところでしょうか。
先生は如何ですかと夕食のときに伺ったら、しばらく考えた後、「そういうこととは違うんだろうが……」と前置きした後、こう仰いました。
「俺は兄貴で、遥が周りの人たちに存分に甘えるのを正直、少し羨ましく思っていた。誰かに甘えてみたいと子供時代は密かに思っていたが、それが大人になって叶うとは思わなかった」と。
盛大に赤面してそんなことを仰る今日が金曜日で本当によかったです。
さすがにそのまま寝かせて差し上げるわけにはいきません。場所を移して、存分に甘やかさせていただきます。

2017/09/07

俺、そんな悪いことしたっけ……? 覚えてないなあ。
でも、確かに筒状のものがあったら、そこに粘土を詰めたい気持ちはわかる気がする。
山があるから登る的なことだよね。
俺、子供の頃に粘土遊びが好きだったから、今、パン屋になってるのかな。
こねるって作業が昔からとにかく好きだった気がする。
深谷さんはそういう心当たりある?って訊いたら、子供の頃は、プラモデルを作るのが好きだったんだって。
あー、何となく理学療法士と繋がってる気がする。プラモも、関節がちゃんと動くように作らなきゃだもんね!
兄ちゃんと九条さんはどうなんだろ。子供の頃に好きだったもの、仕事に関係してる?

2017/09/06

旅行の疲れが時間差で出るんだろうか。
どうにも眠気が凄い。
弁当を食べたあとと、夕食後が特にまずい。
午後はデスクワークや会議が多いので、もはや眠気と一騎打ちしている状態だ。
教授会で堂々と寝るには俺はまだ若輩すぎるので、どうにかアドレナリンを出して覚醒しようと、猛烈に腹が立った過去の記憶を呼び起こしてみたのだが、眠気はそのままで、当時の苛立ちだけが甦ってしまった。
あまり近い過去の嫌な記憶だと生々しすぎると思って、遠い記憶に手を伸ばしたのがいけなかった。遠すぎたのかもしれない。
思い出したのは、俺の中学時代、リコーダーに遥がいつの間にか粘土を詰めていたことなんだが。
音楽の時間に使おうとしたら大惨事で、復旧にまるまる一時間を要した……。
再度思い出したら、また腹が立ってきたぞ。

知彦

2017/09/05

僕はスポーツマンのリハビリを担当することがわりに多い。
今は、患者さんに現役ラガーマンがいて、靭帯損傷でオペをした後のリハビリ中なんだけど、他のところの筋肉が落ちないように全身運動も入れてもらえないか、というリクエストがあった。
なるほど、入院中はジム通いができないものな。
さすがに混み合っているときは個別のリクエストに応えるのが難しい。でも、入院患者さんなので、空いた時間帯に来てもらって、ちょっとリハビリに筋トレを追加した運動を考えてやってもらったりしている。
今日も、「こういうのはどうですかね」って新しく考えついた運動を実践しながら提案していたら、うっかりバランスを崩して転がってしまい、壁に身体が当たって大きな音が出た。
さすが、同僚たちがいっせいに「どうしたっ!」とこっちを見て駆け寄ってきたけれど、床にひっくり返っているのが僕だと気付いた瞬間、見事に解散した。
せめて……助け起こすくらいはしてくれてもいいんだよ……!
あー恥ずかしかった……。

九条

2017/09/04

土曜日から、続々と届く花たちのケアに追われていました。
でも、今朝、一週間ぶりに店を開けて、色とりどりの花に囲まれると、やはりこの仕事を選んでよかったなと思います。
K医大は一部の患者さん以外はお見舞いの花が禁止ではないのですが、それでも病室にお花を置くということが少なくなってきたのでしょうか。
それ以外のご用命のほうが、すっかり多くなりました。
今日は午前中、K医大の講堂にお花を生けるお仕事が入っていました。
講演会があるそうで、演者や聴講者の気が散らないよう、色目の控えめな、上品な花を選んで生けました。
作業中、サイドの扉が開いたので、てっきり事務の方が様子を見に来られたのかと思ったら、まさかの大野木先生でした。
無言のまま、軽く手を振って行ってしまわれたのですが、お仕事の合間に覗きに来てくださったようです。
はにかんだ笑顔があまりにも素敵で、その面影を生けている花に反映させたくなり、店まで追加でコスモスを取りに戻りました。
事務の方も「いいですね」と言ってくださいましたが、僕も大満足です。

2017/09/02

うう……パン屋の仕事は好きだけど、夏休みが終わるのはさびしいいー。
でももう9月なんだよなあ。
子供たちも学校に行ってるんだよな。
みんなのおやつ処である俺の店が、開いてないと困るよな。
よーし、週が明けたら、新鮮な気持ちでがんばろ。
でも、今日はまだ夏休み!
旅行荷物を片付けて、深谷さんと買い物に行った。
旅行中、魚を満喫したから、猛烈に肉が食べたい! 人間って、欲張りだよな。
とはいえ贅沢は禁物だから、特売の豚コマで野菜炒めと、鶏胸肉でチキン南蛮に決定!
俺、本場のチキン南蛮って食べたことないんだけど、深谷さんが作ってくれる奴、すっげー旨いから大好き。
帰り道、夏休み最後の日の明日は何をするか、相談しながら歩いた。まだ結論は出ていない! 締め括りは大事だからね。

2017/09/01

昨夜は皆疲れていたので、食後の飲みも早々に切り上げ、布団に入った。
おかげであまり寝過ぎずに済み、やけにいい匂いで目が覚めた。
遥が肩慣らしに、我が家でパンを焼いてくれたらしい。しかも、いつものコッペパンではなく、何と言ったか……そう、ちぎりパンだ。
二口くらいの小さなパンをわざとくっつけて大きく焼き上げ、好きにちぎって食べるというカジュアルなパンだ。
うちにあったローズマリーソルトで味付けしてあるので、いかにも食事パンといった感じでなかなか旨かった。
継続は力なりで、遥もパン職人として腕を上げているんだな。
二人は昼過ぎに帰っていったので、急に家の中が静かになった。
ふと見ると、九条がソファーでうたた寝している。
たまには俺が膝を貸してやりたいが、起こしてしまうだろうか……。

■このブログは

大野木甫
医師の大野木甫
九条夕焼
フラワーショップ店主の九条夕焼
大野木遥
甫の弟でコッペパン専門店店主の大野木遥
深谷知彦
甫の部下で理学療法士の深谷知彦

仕事人である彼らが、昼休みに綴ります。
だから平日12:00頃更新。土日祝日はお休みです(ときどき休日出勤あり…)。

それぞれの恋模様は『お医者さんにガーベラ』『お花屋さんに救急箱』をご覧ください。

Novel 椹野道流
Illustration 黒沢要

※ブログ内のすべてのテキスト・画像等の転載転用を禁じます。

一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり