新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさんブログ一覧

知彦

2016/02/29

朝のカンファレンスで、大野木先生がいきなり、「今日は例年ならば、存在しないはずの日だ。業務はしっかりこなしてもらわねばならんが、それ以外の時間は、どうせなら楽しく有意義に過ごしてほしい。すなわち、残業は禁止だ」と仰って、みんな大喜び。
先生が真っ先に、午後五時のチャイムと同時に医局を去られたので、みんなそれに続いてぞろぞろ。
先生は、九条さんと外食だそうで、じゃあ……と、僕も遥君を誘ってみました。
そうしたら、もう行きたい店を決めていてビックリ。大野木先生から、前もって聞いていたのかな。
遥君の行きたい店とは、ズバリ回転寿司。
僕と違って遥君はアバンギャルドな創作寿司をガンガン試すので、一貫ずつ分け合って色々試せて面白いです。
でも、たまに二人して頭を抱えるようなものもあって……あれはネタなのか、ああいう複雑な味わいが好きな人がいるのか……ううむ……。

2016/02/27

今年は閏年だったんだな。
今朝、九条に言われて初めて気付いた。
そういえば、どこかの会社は4年ごとに巡ってくる2月29日を「さぼる日」として、全社員が好きなように、しかし一生懸命にさぼる日にしているそうだ。
実にいいと思う……思うが、うちの場合は、職業柄、そういうわけにはいかない。
だが、せっかく4年に一度しかない日だ、何か小さな、しかし特別なことをしたいように思う。
職場の仕事というのは、どうしても年中、大きな変化のないルーティーンになってしまうものだ。だからこそ、こういうちょっとした「特別な日」に何か遊び心のあることをしてメリハリをつけていくのは、地味だが大事なことだと思い始めた。
こういう考えは、中間管理職ならではなのかもしれないが……咄嗟には思いつかないから、月曜日、医局員たちに訊いてみるとしようか。
それに……九条とも何かできたらいいんだが。やはり外食くらいか。

九条

2016/02/26

お勧めに従い、行ってきましたよ、シンガポール料理のお店。
中華風のメニューもあるんですね。チリソースが美味しくて、色んなものにつけて食べました。
チキンライスも、勿論二人でシェアしていただきましたよ。
とても楽しい食事でしたが、先生が「こういう未知の料理は、一度本場で食べてみないと、正確な評価ができないな」と少し残念そうなお顔に。
僕も深谷さんに負けないくらい力強く、「では、いつか二人で行きましょう。何しろ僕たち、ハネムーンがまだですから」と言っておきました。
事実しか言っていないのですが、何故か大野木先生は、コーヒーを噴いていらっしゃいましたね……。

知彦

2016/02/25

毎週木曜日は、九条さんの習い事帰りに待ち合わせて外食することにしている大野木先生。
昼休み、ふと先生の後ろの席を通り掛かったら、パソコンで美味しい店を検索中だった。
思わずお節介だと思いつつ、こないだ遥君と行って美味しかったシンガポール料理の店をおすすめしてみた。
海南チキンライスが美味しいんですよ~って言ったら、興味を持ってくださった模様。
色は薄いのにチキンの味が染みたご飯と、しっとりした香りのいいチキン! そして山盛りのパクチー!
そこまで言ったところで、思いきり顰めっ面で「パクチーは要らん」と言われてしまった。
美味しいんだけどなあ、パクチー。やっぱり、あの味と匂いは、好き嫌いがあるよね。
でも、他にも美味しいメニューがあってリーズナブルなので、力強くお勧めしておいた! 行ってくださるといいなあ。

2016/02/24

今年はやっぱり暖冬だったなあ。朝、パンをこねるために起きるのが辛くて仕方ないって朝が、わりと少なかった気がする。
その代わり、冬にいつもよりなが~い時間をかけてのんびり発酵する、いつもより何となく美味しいコッペパンが焼ける日も少なかった。それは残念かも。
だけど店を始めた頃より、俺のコッペパン、ずいぶん美味しくなったと思うんだ。
材料はほとんど変えてないけど、材料も手順もシンプルな分、やっぱ腕前がものを言うんだよね。
でもまだまだ師匠には追いつけてないから、これからも頑張るぞー!
そんなこと考えて、台所でガッツポーズしてたら、起きていた深谷さんに「ラジオ体操第二?」って言われちゃった。
なんでそれを真っ先に思い浮かべたの!?

2016/02/23

九条め、またおかしなことを企んでいたんだな……。
また変な待受画像を増やされるところだった。
しかし、もう桜か。
確かに、玄関の瀬戸焼の花瓶に、水仙と共に桜の枝が生けてあった。
生け花教室に通っている成果が出ているんだろう。無造作に放り込んだように見えるが、どの角度から眺めても美しい。
惚れ惚れ眺めていたら、あやうく遅刻するところだった。
職場でも、交通事故後のリハビリに来ていた高校生が、無事に就職が決定したと報告してくれた。
なんでも、就職先が事故とその後の治療の話を聞いて、彼が何を言わないうちに、リハビリに便宜をはかると言ってくれたそうだ。
本人も、会社の業績を少しでも上げられるように頑張ると意気込んでいたし、そういう話を聞くと、スーパーで見かけるその会社の商品を買ってみようかと思う。
やはり、情けは人の為ならず……だな。

九条

2016/02/22

僕たち花屋の仕事は、季節の花を仕入れると同時に、少し季節を先取りした花を仕入れるのも大事な仕事で……つまり今日、今年初めての、桜の枝が入荷しました。
俳句の暦の上ではもうとっくに春なのでしょうが、現状を考えれば、ちょっとした春の先取りですよね。
残念ながら輸送条件がよろしくなかったようで、しばしバックヤードで養生してもらわなくてはいけない感じです。お目見えは明後日くらいかな。
中でも売り物になりそうにない数本は、よさそうなところをカットして、自宅に飾りました。
食後にうたた寝する大野木先生の髪に一枝刺したら、桜の精のようになるに違いない……と思っているのですが、こういう日に限って眠くなられないご様子。残念です。

2016/02/20

この冬、初アイススケート!
アイススケートってさ、靴はすぐ足の裏が痛くなるし、ドーナツ型のリンクをぐるぐる回るだけなのに、なんで楽しいんだろ。
今日は空いてたから、深谷さんと競争したり、ちょっとだけ手を繋いで滑ってみたり。
繋ぐってか、俺が強引に深谷さんの手を握っちゃったんだけど、深谷さんが滅茶苦茶照れるのが妙に可愛かったし!
深谷さんって焦ると、「はるくんはるくん!」って何故か俺の名前を連呼するんだよね。
手袋のままで手を繋ぐってなかなかないから、ちょっと新鮮だった。
あと、一休みで食べたカップヌードル、すっげー旨かった!
コンビニで買って家で食べるのと、なんかひと味違う。やっぱ、雰囲気って大事なんだな。
帰り、道の駅で買った野菜を山盛り抱えて、兄ちゃんちへ。
九条さんが、その野菜と鶏肉で、すき焼きを作ってくれた。鶏ですき焼きって、俺、牛肉より好きかも。
最後、卵でとじてご飯にのっけて、超旨いミニ親子丼にする奴、マジで最高だった。

2016/02/19

慌ただしく模様替えしたリハビリルームを、皆で使いながら微調整し続け、ようやくあるべき姿に落ちついた。
皆、通常業務に加えて、「場所づくり」にも奮闘してくれて、俺としてはありがたい限りだ。
というわけで、仕事を終えてから、皆でちょっとした打ち上げを居酒屋でやった。
少しだけ飲んで帰宅すると、九条が店の帳簿を付けつつ待っていてくれて、俺が土産に買って帰った巻き寿司を、二人で熱いお茶を淹れてつまんだ。
職場の連中と賑やかに過ごすのはいいものだが、そうした時間を楽しめるのも、帰って安らげる場所があるからこそだな、と実感する。
ただ……「こんな時刻に炭水化物を食べてしまっては、カロリー消費の必要を感じますね」と、九条が怪しげな目つきで言うのが、いささか不穏ではあるが。

九条

2016/02/18

バレンタインデーに、フラワーアレンジメントにエンゲージリングを取り付けてプロポーズなさったお客様、成功だったそうです。
今日、わざわざ報告に来てくださいました。よかった……!
僕のアレンジメントが、一世一代の告白に少しでもお役に立てたなら、本当に幸せです。
生け花のお稽古帰りに待ち合わせた大野木先生に報告したところ、「それは、俺たちも祝杯を挙げるべきだな」と喜んでくださいました。
ピッツェリアに入って、ワインで乾杯した後、先生がしみじみと、「こうして他人様の幸せを心から祝えるのは、自分たちが幸せな証だな」と。
本当にそうですね。何しろ僕は、世界一幸せな男ですから。

知彦

2016/02/17

リハビリルーム、長年使って色んなものが古くなって、動線にも問題があったんだ。それで、床を貼り替えるタイミングで、色々と器具の買い換えや模様替えもやっちゃおうと。
大野木先生が資金繰りに奔走してくださった結果だから、ありがたいな~と思う。
でも先生は、「皆で実績を上げたからこそ可能だった。ありがとう」って火曜の朝カンファで言ってくださって、みんな凄くほっこりした。
僕ら、少しずついいチームになってきてるなって実感する。
みんなで頑張って、その結果、職場が充実していくって凄くいいな。
個人的には、今の若い子の体格に合わせた高めの手すりが増設されたのが、僕はいちばん嬉しい。高校生の患者さんを担当することが多いから。
あと、僕が喜んでるのを、遥君も一緒に喜んでくれるのが嬉しいな。

2016/02/16

そういや昨日、深谷さんが兄ちゃんにみんなでトンカツをご馳走になったって言ってたっけ。
何人出勤したのか知らないけど、みんなにトンカツって太っ腹だな兄ちゃん!
でも、リハビリルームの改装って、すっごくスピーディにできるんだね。
俺も去年、台所をリフォームしたからわかるけど、職場がピカピカになると滅茶苦茶気分が上がるよね~。
いや、リハビリルームだから、患者さんも上がるか。上がるな!
みんなでもっと楽しく便利にリハビリができるようになってるといいね。
どんだけきれいになったのか、今度俺も見に行こうっと。

2016/02/15

週末、急遽、リハビリルームの床の張り替え工事と手すりの取り替え工事をしてもらったんだが、土曜が工事、日曜が床のコーティング作業で潰れ、今日は部屋からいったん出した様々な器具の設置と調節で一日が潰れてしまった。
一連の作業のせいでスケジュールの調整が必要になり、先週は祭日に敢えて皆出勤してくれたので、今日はその代休だ。
俺は業者の作業を見守り、必要なら指示を出さねばならないから出勤したが、皆は休み……のはずだったのに、やはり自分たちが使うものの設置状況が気になるのか、結構な人数が様子を見に集まってしまった。
実にいい傾向ではあるが、そのまま帰すわけにもいかず、集まった面子を連れてランチに出掛けることにした。
賑やかで楽しくはあったが、俺の財布はすっかり軽くなったな……。

九条

2016/02/14

今年のバレンタインデーは、日曜でしたね。
世間の職場では、今年は義理チョコが必要ないと、女性陣がお喜びのところもあったのではないでしょうか。
チョコレートは、味や値打ちのわかる方どうしで交換しあったほうが楽しそうですしね。
我が家は、本当は夕食のテーブルで……のつもりだったのですが、大野木先生が「ソワソワするから早く済ませよう」と仰るので、昼食のとき、チョコレートを交換しました。
僕からは、タブレット型の、バッグに潜ませて、小腹が空いたときにすぐ食べられるようなビターチョコレートを差し上げ、先生からは、淡いピンク色のチョコレートでバラの花をかたどった素敵なチョコレートをいただきました。
お互いの生活や嗜好がわからないときに選ぶチョコレートもドキドキするものでしょうが、一緒に暮らして、お互いのことがわかってからのチョコレートというのも、またしみじみとあたたかいものですね。

2016/02/12

ふんふんふ~ん♪ 金曜だし、いったん帰宅した深谷さんと、晩ごはんデート!
でもその前に、まずは電車に乗ってデパートへ。
催事場の入り口で、15分後に集合する約束をして、解散! つまり、14日にお互いにあげるチョコを買うことにした。
お互いにどんなのを選んだかは、当日までナイショ。俺、今年はけっこうチョイスに自信があるよ~! 深谷さんが好きそうな奴にした。
そのあと、洋食屋さんで美味しいビーフシチューのセットを食べたら、バレンタイン前だからって、デザートのチョコフォンデュがサービスについてきた!
とろとろあつあつのチョコに、マシュマロやフルーツを沈めて引き上げて、そのままぱくっと食べちゃう。
苦めのチョコが甘いフルーツと合ってて、旨かったな~。
バレンタインの前哨戦だったねっ。やっぱ、苺にチョコは最強。

知彦

2016/02/11

医局の女性たちが、ここ数日、休み時間のたびにチョコの箱を持って集まり、あれこれ楽しそうに喋りながらチョコをつまんでいる。
ああいうの、友チョコっていうんだよね。
僕なんかは何度聞いても覚えられないような、フランス人……かな……?のパティシェ、じゃない、そう言ったら怒られたんだった、ショコラティエの名前をいっぱい出して、ココア豆の産地がどうの、焙煎がどうのってマニアックな話をしている。
凄いな、と感心して眺めていたら、物欲しそうに見えてしまったんだろうか。いかにもしぶしぶ、一粒分けてくれた。
その一粒で、何百円もするらしい。お、恐ろしい。
怖々口に入れたら、僕が知ってるチョコレートじゃなかった。濃厚!
で、香りが凄くて、口溶けがとろりとしてて、なるほど、小さな一粒で大満足だ。
つい魂が抜けたみたいな顔になっちゃって、彼女たちに笑われてしまった。

2016/02/10

アレンジメントでプロポーズか。
相手が鈍感だと悲惨だな……と心配になるが、九条のことだ、きっと上手くやるだろう。
ブーケの試作につきあったときにしみじみ実感したんだが、花というのは、前からだけでなく、色々な角度から見ても美しいように飾らなくてはならないんだな。
当たり前のことだが、それまで気にしたこともなかった。
ブーケも、正面から見てもサイドから見ても映えるように取り合わせる技術は、大したものだ。
とはいえ、あのとき、ブーケを見るのかと思いきや、「うん、このブーケは先生にお似合いですね!」と満足げだった九条には、若干本末転倒の気配を感じずにはいられなかったんだが……。

九条

2016/02/09

うちみたいな小さな店にも、いえ小さな店だからこそ、他とひと味違うアレンジメントの注文や相談が、毎年バレンタインの頃には何件かあります。
今年は、小さなアレンジメントの中にさりげなく指輪を紛れ込ませてほしい、というご相談がありました。
本気で巧妙に紛れ込ませると、見つからないまま処分されるという最悪の流れが予想されます。ゆえに、ちょっとわざとらしく一輪だけ背を高くしたお花に、リボンで指輪を取り付けるということで如何でしょう……とご提案。
指輪をお預かりするわけにはいきませんので、受け取りのときに取り付け、お渡しすることでご注文がまとまりました。
ずいぶんロマンチックなプロポーズですね。上手くいきますように!

2016/02/08

今週はバレンタイン前だから、チョコ……はちょっとめんどくさいし、ヌテッラをコッペパンの具のラインナップに加えてみた!
そしたらいつもの女子高生たちが、さっそくヌテッラと持参した生クリームのコラボを勝手に作って「くそうま」とか言ってる。
口悪いな~。でも、幸せそうだからいっか。確かにヌテッラだけより生クリームをプラスしたほうが満足感は出そう。お好みで生クリームもサービスすることにしたら、意外とお年寄りが「クリームつけて」って言うんだよね。
孫と半分こするのかな。
「揚げパンにヌテッラ挟んで!」っていう女子高生のリクエストにしぶしぶやってみたら……う、旨い。まさにくそうま!って言ったら深谷さんに「真似しない!」って怒られた。

知彦

2016/02/07

何の変哲もない日曜日。
そろそろ起きようと思いながらも、遥君と寒いねって言い合って、二人とも布団から出そびれてゴロゴロしている。
客観的には無駄な時間なんだろうけど、他愛ないお喋りをしたり、子供みたいなじゃれあいをしたり、そういうひとときが、何だかとても愛おしく思えるんだ。
平日は、お互い仕事でバタバタするし、ゆっくりするって言っても、やっぱり翌日のことを考えて、心のままに行動するってわけにはいかないもんな。
いつまでもこうしていたい……けど、そうもいかない。
何故なら、僕たちは二人とも、既にけっこうハラヘリだから!
今日の昼は何を食べようか……っていう相談が、なかなかまとまらない。
どうせなら美味しいものを食べにいきたいって気持ちと、寒いからパパッと家で済ませちゃいたいって気持ちがせめぎ合ってるんだよね。
こういう怠惰な日曜日、嫌いじゃない……けど、僕は外でパンケーキより、家でラーメン推しだよ、遥君。

2016/02/05

昨夜、九条と出掛けたバルで飲んだ赤ワインが、あまり身体に合わなかったんだろうか。
九条は何ともないらしいのに、俺だけが少し具合が悪い。
グラス一杯で二日酔いというのも情けない話だが、他に要因がなさそうだから認めざるを得ない。
「おやおや、早くよくなるといいですが」と心配そうな顔をして、九条が朝の忙しいときにわざわざ茶粥を炊いてくれた。
食欲など微塵もなかったのに、茶粥の香ばしい匂いを嗅いだら、茶碗一杯、さらりと食べられた。おかげで、ずいぶん気分がよくなったように思う。
こういうとき、二人でいる幸福を実感するな。ああいや、無論、それはいつも感じているが、今朝は特に、九条の気遣いや優しさが沁みた。
俺は言葉を飾るのが下手だから、感謝の気持ちを伝えるのに、ケーキの力を借りるとしようか……。
九条に買って帰ると言ったら、女性陣がよってたかってお勧めの店を教えてくれた。

2016/02/04

あれー、豆巻き省略したの? うちはやったよー、力の限り! 二人で豆を投げたから鬼不在だったけど、まあそれはそれで。
そんで、豆も歳の数より多く食べた。炒り豆って、このときしか食べないけど、妙に香ばしくて美味しいよね。
深谷さんが、「だって遥君、きな粉好きだもんね」って。そっか、炒り豆ってきな粉のもとだった。好きなはずだよ~。永遠に食べちゃうな。
今朝は、いつもと違って掃除機を使わずに、ほうきとちりとりで豆を集めて、お皿にのっけて、縁側に置いておいた。
夕方に見たらきれいになくなってたから、鳥たちのご馳走になったと思う。
鳥だって、きっと豆は好きだよね。
節分って、他の行事に比べると地味だけど、俺はけっこう楽しんでるな~。

九条

2016/02/03

週末なら自分で作るのですが、さすがに今日はそんな暇もなく、店を閉めてから、自転車で近所のお寿司屋さんへ。
予約してあった恵方巻きを受け取ってきました。
あとは鰯を焼く……と小骨が本当に面倒臭いので、開きにして蒲焼きに。そしてお味噌汁を作ったところで、先生が帰ってこられました。ナイスタイミングです。
流行りものは二人ともあまり好きではありませんが、巻き寿司は美味しいので、敢えてこれだけは流行りに乗るのです。
恵方を向いて一口だけ齧り、あとは普通に切って食べました。
掃除が面倒なので豆巻きは省略して、デザート代わりに二人して、歳の数だけ豆を……食べるのが本当に大変で、歳を取るというのはこうもつらいことかと!
口の中の水分が、豆にすべて奪われますね。二人とも、とても無口になりました。

知彦

2016/02/02

ふふっ、やっぱり兄弟ですね。
遥君も洗濯物を畳むのはあまり得意じゃなくて、ブツクサ言いながら自分の分を畳んでいます。
パン生地を畳むのはあんなに上手なのになあ……。
昨夜、売り物にする気はないけど、やってみたいから……とクロワッサンを焼いていましたが、板状にしたバターを織り込んで、畳んで伸ばして、また畳んで……と、見事な手際でしたよ。
焼き上がったものも美味しかったのに、遥君的にはさくっとした感じが足りなかったそうです。
パンは材料がシンプルなだけに、テクニックが大いにものを言うんでしょうね。
「深谷さんはもっと厳しくなってくれないと、試食係の意味ないよ!」って怒られちゃいました。

2016/02/01

夕食後、しばらく持ち帰りの仕事をしてからリビングに戻ったら、九条がテレビドラマを見ながら、ラグの上で洗濯物を畳んでいた。
何の気なしに見ていたんだが、無造作に畳んでいるようで、タオルは角がピシッと合っているし、Tシャツもすべて同じサイズだ。
名人芸だなと感心していたら、「先生もひとり暮らしの頃はやってらっしゃったでしょう?」と面白そうに問われてしまった。
実は……畳むのが面倒で、暇なときは根こそぎハンガーにかけ、忙しいときは魚の開きのように、ソファーの上に広げたままにしていた……。
あれはあれで、けっこう便利だったんだ。ただし、座る場所がなくなるが。

■このブログは

大野木甫
医師の大野木甫
九条夕焼
フラワーショップ店主の九条夕焼
大野木遥
甫の弟でコッペパン専門店店主の大野木遥
深谷知彦
甫の部下で理学療法士の深谷知彦

仕事人である彼らが、昼休みに綴ります。
だから平日12:00頃更新。土日祝日はお休みです(ときどき休日出勤あり…)。

それぞれの恋模様は『お医者さんにガーベラ』『お花屋さんに救急箱』をご覧ください。

Novel 椹野道流
Illustration 黒沢要

※ブログ内のすべてのテキスト・画像等の転載転用を禁じます。

一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり