新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさんブログ一覧

2018/02/28

今日で2月は終わりかあ。
だからってわけじゃないけど、何となく春っぽいものが作りたくなって、コッペパンが焼き上がってから、蒸しパンを仕込んでみた。
コンビニで冷凍の苺を買ってきて、ミキサーでガーッとした奴を混ぜ込んで、淡いピンク色に仕上げた。
苺の味はふんわりだけど、色と香りがよくて、何だか思った以上に春っぽい。
売るほどはないから、小さく切って、コッペパンのおまけにつけた。
みんな、「あっ、春ねえ」って言ってくれて、嬉しかったなあ。
評判がよかったら、春の限定品にしよっかな~。

九条

2018/02/27

明日で2月が終わるとは、何だか恐ろしいような気がします。
3月になれば、いよいよ春の足音が聞こえてきます。
色々と動き出さなくてはならない、という気分になるものの、社会人になると、特に僕のように個人事業主だと、春だからといって何が変わるわけではないんですよね。
先生にそんな話をしたら、「俺は一応、4月に軽く気分がリセットされるな。学生の顔ぶれが変わるから」と返されて、なるほど。
少し羨ましいと言ったら、「気持ちに区切りをつけたいなら、何か新しいものに交換してみたらどうだ?」とご提案をいただきました。
それも、なるほど!
そろそろ、仕事道具を差すウエストバッグがくたびれてきたので、買い換えて「新年度」を実感してみようかな……。

知彦

2018/02/26

小児科病棟にベッドサイドリハビリに行ったら、子供たちがひな祭りパーティのチラシをくれた。
へえ、リコーダー演奏や歌で子供たちがミニコンサートをするのか。
担当している女の子は手術をしたばかりで今はベッドから出られないけれど、パーティの日には車椅子に乗って、ロビーまでミニコンサートを見に行けるようになるようになろうねと約束。
目の前に小さな目標を設定してこつこつ頑張ることが大事だから、いちばん最初の目標を達成して、その喜びを覚えてほしいんだ。
僕も、精いっぱい頑張ろうと思う。
気合いが入りすぎて、お昼に売店でおにぎりを四つも買ってしまった。
梅と、おかかと、ツナマヨと、鮭。
ツナマヨはおやつに置いておこうかな。夕方、ちょっと小腹が減るんだよね。
腹が減っては晩ごはんが作れないって奴。

2018/02/24

もうすぐ3月だ……! 
ってことは、春だー!
兄ちゃんは、春が来ると少し気鬱になる、とか難しいこと言ってたけど、俺は単純に嬉しいよ! 春と秋が、いちばんパンが上手に焼ける気がするんだよね。
それに、また深谷さんとキャンプに行ける季節が戻ってくるし。
そのことを考えたらワクワクしてきちゃって、早まりすぎなのはわかってるけど、縁側に寝袋を干してみた。
日に当てると物置の臭いが消えるし、ふかふかして気持ちがよくなるんだよね。
俺もその横でゴロゴロしてたら、駅前の本屋さんから帰ってきた深谷さんが、寝袋と遥君がアザラシの親子みたいだねって笑ってた。
俺がアザラシだったら、深谷さんはセイウチかな……。

2018/02/23

仕事から帰ると、九条がメンチカツを丸めていた。
しかも、春キャベツが肉と同量入っているという、なんとも春らしい軽いメンチカツだそうだ。
「欲張ってキャベツを入れ過ぎたせいで、たねをまとめるのに苦労していたところです」
そう言いながらも、九条は手際よく、まん丸にメンチカツのたねを丸めていく。
何だか一緒にやりたくなって、衣をつけるのを手伝った。
「ふたりで泥団子を作る遊びをしているようですね」と九条は楽しそうに笑っていたし、俺も何だか妙に楽しかった。
「僕はあなたがワイシャツの袖をまくり上げているのを見るのも好きなんです。滅多に出会えないので、いいものを拝見しました」
と、九条が何だかよくわからないことを言っていたが、まあ、嬉しそうだったのでよしとしようか。

知彦

2018/02/22

珍しく、寝ている間にふくらはぎが攣って、痛みで目が覚めた。
「どしたの!?」って遥君もビックリして起きてくれて、思わず筋肉の名前を出して説明したら、「……全然わかんないけど、とにかく大変そうだね。頑張って」って言ってパタンと寝直してしまった。
物凄い寝付きの良さだ。
しばらくストレッチしていたらおさまったけれど、滅多にないことだから咄嗟に対応できなくて、自分の未熟さを思い知った気持ちだ。
寝ぼけていたとはいえ、こんなことじゃいけないな。
仕事に慣れた頃がいちばん事故が起こりやすいっていうし、僕も気をつけよう。
あと、体液バランスが崩れているのかもしれないから、そっちも気をつけよう……。

九条

2018/02/21

ひなまつりを控え、桃の花やスイートピーといった春めいた色合いの花が増えてきました。
特にスイートピーは、年々色のバリエーションが豊かになって、複雑な色彩の花が増えてきたように思います。
今朝は、水色から淡い紫を経て桜色へと、見事なグラデーションを描くものが入ってきて、あまりの美しさに、自宅にも数本持ち帰って飾りました。
そういうときに限らず、先生に出会ってからは、お店に出すアレンジメントも全部、先生に差し上げるつもりで作っています。
そうすると、自然と心がこもりますし、実力以上のものを作れるような気がするんですよね。
愛情は、いつだって僕に力をくれる気がします。
先生と出会っていなければ、今の僕はきっといませんね。

2018/02/20

はー、俺も今日は、保育園にコッペパン納品の日だったから、忙しかった~!
だけど、ちっちゃい子たちが「パンのおにいちゃん」って呼んでくれるのが嬉しくて、ヘトヘトで行くんだけどにこにこで帰ってきちゃうんだ。
で、あったかい気持ちのままで、店を開ける。
昔は、お客さんを見て笑うどころか、目を合わせることもできないくらいだったから、俺、ずいぶん変われたよね。
それを手伝ってくれたのは深谷さんだ。
深谷さん、患者さんだけじゃなくて、俺の心のリハビリにも付き合ってくれたんだなあ。
それを思ったら、改めてじーんとしちゃった。
よーし、今日は感謝の気持ちをこめて、夜は深谷さんの肩を揉むぞ~! パン屋の握力で!

2018/02/19

月曜日はどうしても新患、急患が入りやすいので、朝からリハビリルームが大混雑だ。
しかし、週末に負傷して十分な検査や診察を受けられず、今朝を待ちかねて来院し、本当にホッとした顔でリハビリに来られる患者さんを見ると、俺だけでなく、皆、気合いが入るようだ。
あまりにも慌ただしいので、所用で医局に戻ったとき、秘書にお金を渡して、人数分のケーキを買ってきてくれるよう頼んだ。
週の頭で疲れ果ててしまうとあとの四日がつらいから、せめて甘いもので英気を養ってほしい。
俺にはそのくらいしかできないからな。

知彦

2018/02/17

今日は遥君と別行動。
遥君は友達と遊びに行ったので、僕は久しぶりにボルダリングで汗を流して、それからラーメン屋で昼を食べて、書店に行って勉強用の本を何冊か買って、それをカフェで読んだ。
ここしばらくやりたいと思っていたことばかりだから、ひとりでも楽しい。
でも夕方、遥君からLINEが来て、「晩飯どっかで一緒に食べようよ」って誘われて、何だか凄く嬉しかったな。
短い相談の結果、焼きたてパンが食べ放題のレストランで待ち合わせることに。
休みの日はたいてい一緒にいるから、たまにこうして夜に待ち合わせると、妙にデート感があって、気恥ずかしいな。

九条

2018/02/16

深夜、救急車の音で目が覚めました。
病院の前に家があるので、救急車のサイレンには慣れっこで、もはやそれで起こされることなど滅多にないのですが……。
すると先生もぱっちり目を開けておられて、いったいどういう風の吹き回しだろうと、二人で首を捻りました。
救急車のサイレンは妙に胸をザワザワさせるので、すぐ寝直すのは難しく。
二人でいったん起き出して、リビングで熱いお茶を一杯飲んでから、ベッドに戻りました。
きっと朝は眠いでしょうが、深夜に静かな短い語らいの時間を持つというのも、なかなか趣があるものです。
何故か、伊勢うどんと赤福の話をしました……。

2018/02/15

今朝は、職場で貰ってきたチョコを刻んで、深谷さんがホットチョコレートを作ってくれた。
あったまる~。チョコの甘さって、身体に染み渡るよね。
午後に来た常連の女子高生たちに、昨日は誰かにチョコあげたの?って訊いたら、「友チョコ!」って言われた。
あー、そりゃそうか。友達とチョコ持ち寄って食べるほうが、絶対楽しいよね。
「もしかして欲しかった?」ってからかわれちゃった。
へへーん。俺はちゃんと本命からもらったもんねーだ。
俺もあげたけど!

2018/02/14

バレンタインデーなど、職場ではほぼ何の意味もないと思うのだが、それでも受け持ちの患者さんたちからチョコレートをもらって、部下たちが喜んでいる。
うちの病院は基本的に患者さんから金品の授受は遠慮するルールなのだが、さすがにバレンタインデーのチョコレートくらいは、高価なものでなければ受け取って構わないと医局の長の権限で言ってある。
特に、子供たちがお小遣いから感謝の気持ちを込めて買ってくれたものを断らせるなど、真心を踏みにじるようなものだからな。
俺も、いくつかチョコレートを貰って帰宅した。
「おや、よかったですね。僕の自慢のあなたが、他の方にも魅力的に映るのは嬉しいことです」と九条は笑顔で言ってくれたが……九条のほうもいくつかお客さんからチョコレートを貰ったようだ。
九条は誰にでも魅力的に映るだろうから、俺としては嬉しい反面、多少複雑な想いも……なくはない。

知彦

2018/02/13

ロールキャベツ! いいなあ。手間と時間をかける料理には憧れます。
僕は仕事から帰ってすぐ夕飯作りなので、あまり時間がかけられなくて。
遥君が材料を切ったりご飯を炊いたりしてくれているので、それをささっと料理して仕上げます。だからどうしても、焼きと炒めが多くなっちゃいますね。
でもどうしてもロールキャベツ的なものが食べたくなって、肉団子と、レンジで加熱したざく切りのキャベツをサッとコンソメで煮ました。
何となく気分は味わえた気がします。
今度の週末には、ちょっと凝った料理を作ってみようかなあ……。

九条

2018/02/12

店の作業場のストーブの上は、時間をかけてコトコト煮込む料理をするのにピッタリの場所です。
今日は、本来ならお店はお休みなのですが、特別にイベント用のアレンジメントの注文をいただいているので、先生に手伝っていただいて、お仕事です。
ロールキャベツの鍋を据えて、たまに水分を足すだけであとはほったらかしにしておいたら、夕方には柔らかく美味しく煮えていました。
納品が無事終わってから、温め直して夕食に食べました。
キャベツがトロリとしていて、とても美味しかったです。
先生に「お手伝いのお礼は何がいいですか?」とお訊ねしたら、「風呂で背中を流してくれればいい」と仰ったあと、顔を赤らめて「勿論、冗談だ」と……。
いえいえ、思いきり間に受けましたので、後ほど必ず。
とはいえ、それではお礼ではなく、ご褒美をいただくことになってしまいますねえ……。

2018/02/10

九条が庭の手入れをするというので、寒いから十分に着込んでついていった。
水仙やムスカリがはや芽を出して……というか、もうけっこうしっかりした葉になっているものが多くて、驚いた。
この寒いのに、もう春支度は進行しているんだな。
例年、こんなに早かっただろうか。
さざんかも美しく咲いていた。赤と白が入り交じった、愛らしい花だ。
九条と一緒に、庭木に肥料を与えてまわった。
春の花や芽吹きのための肥料と聞くと、とても納得がいく。
しかし、作業ですっかり身体が冷えて、昼間から風呂をためて温まらなくてはならなかった。まだ、我々の春支度はまだ先でいいようだ。

2018/02/09

節分で残った炒り豆を、夜にテレビを見ながらポリポリ食べ続けてる。
好きだからたくさん買っちゃって、まだまだあるんだよね。
「この時期の定番だね」って笑いながら、深谷さんも付き合ってくれてる。
久しぶりに、こたつでジェンガに凝って、ここのところ二人で毎晩やってるんだけど、俺、やっぱ注意散漫なのかなあ。滅多に勝てないよ。
深谷さんは、ココイチの集中が凄いし、何より慎重で冒険しないんだよな。
そういえば四人で人生ゲームやるときも、深谷さんと兄ちゃんはめっちゃ堅実だもん。
意外と九条さんがここ一番でギャンブラーなんだよな……。

九条

2018/02/08

お花のお稽古の帰り、寒さに震えながらカフェに駆け込むと、先に来て読書しておられた先生が、なんとも決まりの悪いお顔に。
どうなさったのかと思ったら、「食事前だとはわかっていたんだが」と。
なるほど、ココアを飲んでおられたわけですね。
前の人が頼んでいたので我慢できなくなる気持ち、こんな寒い日にはよくわかります。
いいじゃありませんかと、僕もココアを注文し、二人でゆっくり味わってから、夕飯はお蕎麦屋さんで軽く済ませることにしました。
暖かいカフェで話しているうちに、つぼみだった桃の花が少し開いたようです。
ココアにも桃の花にも気持ちがほっこりした、素敵な夜です。

知彦

2018/02/07

何だか急に食べたくなって、今日はパンを焼くオーブンの隅っこにホイルで包んだサツマイモを入れて、朝食はあつあつの焼き芋にした。
そうしたら、芋は甘くて柔らかくていかにも消化がよさそうなのに、何故か微妙に胃にもたれる。
昼になってもあまりお腹が空かなくて、甘酒で済ませてしまった。
医局の冷蔵庫には、同僚が米麹から作ったノンアルコールの甘酒が入っていて、好きに飲んでいいことになっている。凄くありがたい。
ホットミルクで割ると、胃も身体も温まって、胃もたれがおさまった。
夕食には腹ぺこで臨めそうだ。何を作ろうかな……。
遥君にリクエストを訊いたら、ハンバーグだって。
やっぱ、鉄板はそのあたりだよな。でも、寒いから一ひねりしてロールキャベツにしようかな。

2018/02/06

遥の手も、幼い頃は小さかったぞ。
手を繋いで歩くとき、握りつぶしてしまいそうでいつも怖かった。
まあ、たちまち大きくなって、そんな心配はなくなったわけだが。
実は昨夜、久しぶりに遥が幼児だった頃の夢を見たんだが、朝、九条に「酷くうなされていましたが大丈夫ですか?」と心配された。
よほど、夢の中で遥のいたずらに手を焼いていたとみえる。
おかげで今日は、どうにも疲れていかん。心身を休めるための睡眠で疲弊するとは、遥め……。
今日は残業はやめにして、さっさと帰ろう。

2018/02/05

今週は、いつもはコッペパンを納品している保育園や塾にも、揚げパンを持っていくことにした。たまには気分を変えなきゃね。
きなこ、たっぷりまぶしてね!っていうお客さんが多いけど、言われなくてもこれでもかってくらいまぶしてるんだけどな~。
インフルが逸ってるし寒いから、保育園のお散歩はしばらくお休みらしい。
コースによっては、あのでかい手押し車で店の前を通るから、可愛くてすげー好きなんだ。あの子たちに会えないの、寂しいな。
俺に向かって全員がいっぱいいっぱいの勢いで両手を振ってくれるの、もうビックリするくらい可愛い。
とくにちっちゃい手のひらが可愛くて、思わずクリームパンを焼きたくなるくらい。

九条

2018/02/03

今日は節分ですね。
土曜でお休みなので、四人で恒例の巻き寿司会をすることになりました。
我が家の近所のお蕎麦屋さんで集合してまずはランチを済ませ、それからスーパーへ買い出しに行き、巻き寿司を作り……。
さすがに四人とも慣れてきて、だいぶ手際よく巻けるようになりました。干瓢だけは僕が昨日から準備しておいたのですが、柔らかく煮えていてよかったです。
巻き寿司を各自一本ずつ齧り、焼きたての鰯を食べて、今年一年の健康を祈りました。
遥君と深谷さんが、我が家の豆巻きも各部屋に元気よくやっていってくれたので、我が家は今年もきっと安泰だと思います。
さっき、寝室に入るなり、豆を踏んだ大野木先生が悲鳴を上げていましたが、そのあたりはご愛敬ということで。

2018/02/02

帰宅したら、九条がシュウマイを作っていた。
皮で具を包む動作が、実に手慣れたものだ。手伝おうと二つ三つやってみたが酷いもので、これでは邪魔にしかならないと悟り、九条に促されるがままに風呂へ行った。
どうも俺はあらゆることに不器用でいけないな。
だが、納豆だけは丹念に掻き混ぜるので、いつも九条に褒められる。根気だけはあるといったところだろうか。
風呂から上がったら、見事に蒸し上がったシュウマイがテーブルにあった。
なんだか済まないと言ったら、「そんなネガティブな感情は捨てて、存分に褒めてください」と言われた。なるほど、そのほうがずっといいな。
あまりにも旨かったので、一つ食べるごとに褒めていたら、九条が珍しく照れて「もう十分いただきました」と言った。

2018/02/01

今日から2月!
2月といえば節分!
節分といえば豆!
豆といえば大豆!
というわけで、今日からきなこ揚げパン月間。
常連さんのご実家から、無農薬の美味しい大豆で作ったきなこを仕入れさせてもらったから、今年のきなこ揚げパン、すんげー旨い。
揚げ物は油を使うし手間入りだけど、やっぱ美味しいって言ってもらえると嬉しいよね。
帰ってきた深谷さんに、「遥君からコロッケみたいな匂いがするね」ってくんくんされた。
犬か!

■このブログは

大野木甫
医師の大野木甫
九条夕焼
フラワーショップ店主の九条夕焼
大野木遥
甫の弟でコッペパン専門店店主の大野木遥
深谷知彦
甫の部下で理学療法士の深谷知彦

仕事人である彼らが、昼休みに綴ります。
だから平日12:00頃更新。土日祝日はお休みです(ときどき休日出勤あり…)。

それぞれの恋模様は『お医者さんにガーベラ』『お花屋さんに救急箱』をご覧ください。

Novel 椹野道流
Illustration 黒沢要

※ブログ内のすべてのテキスト・画像等の転載転用を禁じます。

一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり