新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさんブログ一覧

2019/01/31

業務終了後、イレギュラーに入った会議が長引き、九条を少しカフェで待たせてしまった。
いつもは俺が待つことが多いので、慌てて駆けつけたカフェの中、いつも俺が座る席に九条の姿を見て、何やらとても安堵した。
誰かが自分を待っていてくれるというのは、申し訳ないながらも嬉しいものだ。
九条が店に入ってくるとき、いつも笑顔なのは、俺と同じように感じているからだろうか。
そんなことを思いながら、しばし熱いコーヒーを飲んで、カフェで身体を温める。
九条がレッスンから持ち帰った花材の中に水仙があって、顔を寄せるといい香りがした。
洋とも和ともつかない、清々しい香りだ。
思わず「深谷のような花だな」と言ったら、「本当ですね」と少し目を見張って、九条はクスクス笑った。
九条の、相手のイメージをすぐ花にたとえる癖が、俺にもうつってしまったようだ。

2019/01/30

1月がもう終わっちゃうのか……。
いつもあんこを炊いてきてくれるお婆ちゃんが、「黒豆が特売だったからね」って、黒豆をあまーく炊いて持って来てくれた。
ホントに豆を炊くのが好きなんだなあ。ありがたく貰ってつまんでみたら、ビックリするくらい柔らかい。
圧力鍋は持ってないって言ってたから、きっとことこととろ火で煮るんだろうなあ。
お返しは、いつも炊いてくれるあんこを混ぜ込んだ食パンにしようと思う。
あんこ渦巻き食パンって感じのやつ。いっぺん焼いてみたかったんだ。
食パンの予約注文もちょっとずつ増えてきて、嬉しい感じ。
こっちもちょっとずつレパートリーを増やしてみたい。
深谷さんが、理学療法士の仕事で、こんな新しいことを始めたよ、って話してくれるたびに、俺も!って頑張りたくなるんだよね。

九条

2019/01/29

この時期の朝寝坊は仕方ないですよ、深谷さん。
僕も大野木先生も、ちょこちょこやります。人肌で温もった布団は、もはや魔境ですからね。本当に仕方がないです。
平日は、いつも僕が少し早く起き出して、開店準備にかかります。
今朝は先生が身じろぎをなさったので、「僕は起きますが、先生はもう少しおやすみください」と声を掛けたところ、「起きてしまうのか?」ととても寂しそうな声を出されてしまい、どうにもベッドを去りがたく……。
十五分ほど寝過ごした言い訳です。のろけでもありますが。
致命的にならない程度の寝坊は、とてもよいものですね。そのあと、すべてのことが多少バタバタしましたが、それもまたよしです。

知彦

2019/01/28

そんなこと、年に一度あるかどうかなんだけど、一時間も寝過ごしてしまった……!
スマホで時刻を確かめて、血の気が引いた。慌てて寝間着のままで台所へ駆け込んだら、遥君がのんびりした笑顔で「おはよー。大丈夫?」と声を掛けてくれた。
疲れているんだろうと思って、起こさずにいてくれたんだって。疲れてるとしたら、ひとりで店を切り盛りしている遥君のほうだろうに。
ああ、もう。恥ずかしいな。唯一できる手伝いを疎かにしてしまうなんて、パートナー失格だ。
僕があまりに凹んだので、遥君が「回るお寿司を奢ってくれたらチャラにする!」と言ってくれた。さらに気を使わせてしまった。うう。
本当に申し訳ないので、今夜は存分に食べてもらおう。
高いほうのお皿も無制限だ!

2019/01/26

冬の布団ほど甘美なものはないな……とうっかり口走ったら、九条が真顔で「であれば、僕は来世はあなたが愛用する布団になりたいです」と言い出して、朝から閉口した。
そういうことではない。
九条と布団が比べられるはずがないだろう。
とはいえ、やはり布団はいいものだ。なんだかだ言いつつ、結局今日も昼前までゴロゴロしてしまった。
俺にとっては、休みの朝、布団の中に九条がいるという状態が至福なわけで、それが叶った今朝はとてもいいひとときを過ごせたのだが、「結局、僕と布団、二択ならどちらを選ぶんですか?」と問われれば、迷わず九条をとるより他がないわけで、泣く泣く起き出してランチに出掛けることになった。
寒い。まだ眠い。
しかし、隣を歩く九条が、「布団に勝利するというのはいいものですね」とやけに晴れ晴れした顔をしているので、まあいいか……と思っている。

2019/01/25

「遥君、焼肉食べたくないか?」
って、昼休みに深谷さんからLINE。俺はオールウェイズ焼肉食べたい子だよ!
勿論、二つ返事でオッケーして、深谷さんの仕事帰りに待ち合わせして、深谷さんが同僚さんから聞いてきた炭火焼肉の店に。
凄かった。何が凄いって、煙が!
肉も旨かったけど、二人して全身燻されたみたいになっちゃった。
スモーク深谷さんに、スモーキーな俺。
帰ってすぐ、洋服は洗濯機に放り込んで、一緒に風呂に入った。
凄いよ。かけ湯の湯気が、焼肉の香り。
旨かったけど、次に行くときは、ボロボロの服で行こうって決めた。
ヤバイのはバッグ。臭い、抜けるかなあ……。

九条

2019/01/24

寒くなると、カフェの濃いココアが恋しくなりますよね。
先生が、「食事前にこういう糖分の高いものを飲むと、腹が膨れてしまうんだが……」と後ろめたそうにココアを飲んで待っておられたのが、何とも可愛らしくて。
僕もココアにして、二人して何となく満ち足りた気分になり、夕食はタパスバーで軽く摘まんで軽く飲む、というスタイルに落ちつきました。
足の裏がいささか疲れますが、立ち食い、立ち飲みというのも、たまには気分が変わっていいものです。
あと、テーブルがごく小さいので、先生のほろよいのお顔を至近距離で眺めていられるというのも、たいへんによいところです。

知彦

2019/01/23

遥君に、「アメリカには、丸っこいパンの中をくり抜いて、そこにクラムチャウダーをなみなみと注ぐ料理があるらしいよ」って言ったら、さっそく作ってみようよ!ってことになった。
遥君がコロンとした形のパンを焼いて、上を薄く削いで、そこから中身をくり抜いて、僕が作った濃い目のクラムチャウダーを注いだ奴が、今夜のごはん。
くり抜いた中身はサイコロ状に切ってカリカリに焼いて、クルトンにした。
まあ何ていうか、パンとクラムチャウダーの味なんだけど、何となく気持ちがウキウキする。
アメリカに行った気分になったかって言われたらそうでもないけど、とにかく旨かった!
いつかこういうのをお客さんに出せるチャンスがあるといいね。

2019/01/22

海外旅行の計画は、定期的に食事中の話題に上るが、そのたび結局、二人で一緒に過ごすならどこでもいい、という結論になって、海外旅行のために長期休暇を確保するのが面倒になってしまう。
今のところ、国内旅行で十分に幸せだが、いつかは外国に行ってみたいものだな。
特に、テレビ番組で興味深い光景を見ると、実際この目で見てみたいと思ったりする。
二人とも、一度は直接見たいと思っているのが、エジプトのピラミッドだ。
しかし、なかなか色々とハードルが高そうで、実現はいつになるやら。
ある意味、リビングで二人揃って、色々な国の風景をテレビで楽しむのが、いちばん手軽で平和なのもしれない。
今のところ、旅先で深刻な諍いになったことはないが、外国へいくと揉めやすいというしな……。

2019/01/21

朝、パン生地を成形しながら、深谷さんと「どこの国に行ってみたいか」って話。
俺、やっぱパンが旨い国がいいからさ。
フランスとか憧れるよね。焼きたてのパンが毎朝食べられる暮らしとか。
って言ったら、深谷さんが笑いながら、「遥君も毎朝、焼きたてのパンを売ってるだろ」って。
そういえばそうだったー!
でもなんかこう、バケット的なものの焼きたてに憧れたりするよね。
深谷さんは、本場のテーマパークに行ってみたいんだって。きっとノリが違うだろうからって。
じゃあ、アメリカだね! アメリカ……美味しいパン、あるかな。ベーグルとかかな。

九条

2019/01/19

十日に一度、お花を生けさせていただいているレストランが、開店三周年とのこと。
お祝いのアレンジメントをお届けしがてら、初めてそのお店で、先生とランチをいただきました。
「欧風料理」というカテゴライズのとおり、イタリア風の前菜盛り合わせ、フランス風の野菜の繊細なポタージュ、それにスペイン風のパエリアという楽しいコースでした。
パエリアは二人分でひと鍋なのですが、こういうときは大野木先生が、丁寧かつ厳密に半分こして盛り分けてくださるので、頼りになります。
お腹がいっぱいになったので、デザートはパスしてその分コーヒーのおかわりをいただき、長い散歩で腹ごなしをして帰りました。
寒くて着膨れしているときは、何となく身を寄せることへのハードルが少し下がっているようで、互いの腕をくっつけて歩けたりするのが、密かに楽しいです。

知彦

2019/01/18

職場で夕方、誰かが、学生時代にアラスカで見たというオーロラの話を始めた。
僕もだけれど、みんな、けっこうオーロラには興味があるんだな。いっせいにその話題で盛り上がって、ちょっとビックリした。
大野木先生も、「近所なら今日にでも見にいきたい」と仰っていた。
確かに、それだよな。
見える場所に行くまでが、けっこうハードルが高い。特に社会人には。
学生時代は、時間はあるけどお金がない。社会人になると、時間もないしお金もない。
いや、頑張れば行ける程度のお金はあるけど、自分が一ヶ月働いて稼げる金額を知ってしまうと、そんなに気前よく使えないもんなあ。
でも、遥君とどこか外国に旅行してみたい気持ちはずっとある。遥君がどこへ行ってみたいか、あとで訊いてみようっと。

2019/01/17

今日は、今年初めての生け花のレッスンがあるというので、久しぶりに九条と仕事帰りに待ち合わせた。
いつものカフェが混み合っていたので、初めて近くの喫茶店に入ってみた。
実に昭和を感じる重厚な設えに、クラシック音楽が流れる静かな店内、そして、店主が客を見て決めるコーヒーカップ。
最初は妙に緊張したが、店主の物腰は温和だったし、出されたコーヒーはとても丁寧に入れたことがわかる、旨い一杯だった。
九条を待つ間、音楽に耳を傾けながら、実に穏やかな気持ちで過ごすことができた。
オープンなカフェの喧騒は嫌いではないが、ああいう静寂のひとときも、ときにはいいものだ。
とはいえ、店を出て、九条と二人で歩き出すと、気兼ねなく喋れることにホッとする自分もいる。俺などはまだまだ、ああいう高尚な店には不似合いなのかもしれない。

2019/01/16

年末に限定で売った食パンが凄く評判がよくて、普段から食べたいって声をたくさん聞いた。凄く嬉しい。
とはいえ、俺ひとりでやってる店だから、あんまり手を広げたくないし……って深谷さんに相談に乗ってもらって、予約注文で焼くことにした。
それなら無駄も出ないし、前もって生地の段取りもできるしね。
前は、他のパンを焼くのはコッペパンを極めてから!なんて思ってたけど、今はちょっと考え方が変わった。
コッペパンが軸ってのは変わらないけど、色んなパンを焼いてみたい。
だって、コッペパンを「極めた」なんて思える日は、一生来ないと思うからさあ。
いつか、俺の焼いた食パンでサンドイッチなんて作って売ってみたいな……って言ったら、深谷さんが「じゃあ、フィリング担当の僕が活躍するチャンスも増えそうだね」って笑ってた。
もー! ほんとにいい人だな、深谷さん! 惚れ直す!

九条

2019/01/15

連休が終わり、大野木先生は「働きたくない……いや、行けばやる気になるんだが、家を出るまでのハードルが高い」と呻きながら、お出掛けになりました。
お気持ち、痛いほどわかります。
僕なんて、同じ屋根の下に職場があるにもかかわらず、今朝、作業場に入るのにはずいぶん気合いが必要でした。
花は好きなので、作業を始めれば、楽しく働けるんですけどね……。
何なんでしょうね、この起きた瞬間に始まる「働きたくない!」という一連のグズグズした気持ちは。
いえ、勿論、一日じゅうあなたの顔を眺めてゴロゴロしていられるなら、それが最上の過ごし方であることに疑いはないのですが。

知彦

2019/01/14

今日は、ボルダリングで知り合った人が、公園でスラックラインの講習をするっていうので、遥君と出かけてみた。
太い木と木の間にベルトを張って、その上を歩いたり飛んだりする遊びなんだけど、これがなかなか難しい。
ベルトの上に立つだけでも、まずは一苦労だ。
一緒に参加している子供たちがすぐにコツを掴んで、ベルトの上でぴょんぴょん飛んだりしているのに、僕ときたら、歩くのもままならない。
遥君のほうは、僕よりずっと上達が早くて、何だかやけに軽やかに歩いていた。ちょっと悔しい。
でも、凄く面白いスポーツだ。
うちの庭にも短い奴を張って、練習してみたい……と思ったけど、我が家の庭には、ベルトを張れるような太い木がないな。残念。

2019/01/13

今日は、俺の誕生日だ。
昨夜、床に入ったときに、九条が「明日はお誕生日なんですから、朝から王様でいてくださいね」と不意に言った。
どうやら、何でも望みを聞いてやる、ということらしい。
朝、起き出そうとした九条を引き留め「もう少し一緒に寝ていてくれ」と頼んだら、本当に二つ返事で付き合ってくれた。
ブランチはフレンチトーストがいいというのも容易く叶えてもらったし、長めの散歩にも付き合ってもらった。
「さあ、もっと王様ぶりを発揮してくださっていいんですよ? いくらでもお仕えしますからね」
と促されるが、そもそも俺には、王様たる才能が致命的に欠けているようだ。
「すまないが、自発的に計画してよろしく頼む」
と言ったら、「お安いご用です」と、九条の目が輝いた。
む……いささか迂闊な発言をした気もしてきたが……まあ、……だ、大丈夫だろう。
何しろ、今日は俺の誕生日なのだし。

2019/01/11

仕事帰りの深谷さんと待ち合わせて、外で晩飯……の前に、デパートへ。
目的は、兄ちゃんの誕生日プレゼントを見つけること!
色々見て回ったけど、俺たちがいちばんピンと来たのは、間仕切りがついた、いわゆるディナープレートって奴だった。
安っぽいのじゃなくて、楕円形の、花模様のついた凄く綺麗なお皿だ。
ただし、こういうのは兄ちゃんのだけ買っても仕方がないから、九条さんとペアでプレゼントすることにした。
兄ちゃんが大好きな九条さんと使えるんだから、兄ちゃんのためのプレゼントってことでいいよね。
二人して満足して、晩飯は焼肉! プレゼントは明日届けるからね、兄ちゃん!

九条

2019/01/10

週末の大野木先生のお誕生日、お祝いのディナーは手料理がいいと言っていただいたので、僕が腕によりをかけることになりました。
で、そのテーブルには、綺麗なアレンジメントを飾りたいと思い、仕事の合間に矯めつ眇めつしつつ作っていたら……。
ちょうど入ってこられたお客様に、「あら、それはとても素敵ね!」とお褒めをいただき、そのままお買い上げいただいてしまいました。
売り物のつもりではないと言いかねて、つい。
いえ、先生にはもっと素敵なアレンジメントを作り直します。
何しろ、一年に一度しか巡ってこない特別な日ですからね。
当日、いちばん美しく、華やかな状態にしたいので、そこは料理とは別の、花屋としての腕の見せ所といったところです。

知彦

2019/01/09

ようやく仕事のリズムに乗れてきた感じだ。
仕事始めのこの週が終われば、週末は連休だ……と思うと、ずいぶん気持ちが楽になる。
みんなも同じらしくて、週末は寝たおす!みたいな話をあちこちから聞く。
正月ボケとまでは言わなくても、正月疲れは、どうしようもなく身体に蓄積してしまうものなんだろう。
遥君は大丈夫かな、と少し心配になったので、仕事から帰って「調子はどう?」と訊ねてみたら、すこぶる良好だそうだ。
朝は元気にパンを焼いているけれど、昼間じゅう、ひとりで店も切り盛りしているから、さすがの遥君もくたびれてきたんじゃないかと思ったけれど、最近は、お客さんと喋るのが本当に楽しくて、元気が出るんだとか。
最初の頃の、人見知りだった遥君が聞いたら、目を回しそうな進歩だなあ。
それもきっと、あったかいお客さんに恵まれたからだね。
だけど、無理しないでって言ったら、「じゃあ、肉食べたい!」だってさ。
じゃあ、って何だよ。いやでも、肉は大賛成。週末に食べよう!

知彦

2019/01/09

ようやく仕事のリズムに乗れてきた感じだ。
仕事始めのこの週が終われば、週末は連休だ……と思うと、ずいぶん気持ちが楽になる。
みんなも同じらしくて、週末は寝たおす!みたいな話をあちこちから聞く。
正月ボケとまでは言わなくても、正月疲れは、どうしようもなく身体に蓄積してしまうものなんだろう。
遥君は大丈夫かな、と少し心配になったので、仕事から帰って「調子はどう?」と訊ねてみたら、すこぶる良好だそうだ。
朝は元気にパンを焼いているけれど、昼間じゅう、ひとりで店も切り盛りしているから、さすがの遥君もくたびれてきたんじゃないかと思ったけれど、最近は、お客さんと喋るのが本当に楽しくて、元気が出るんだとか。
最初の頃の、人見知りだった遥君が聞いたら、目を回しそうな進歩だなあ。
それもきっと、あったかいお客さんに恵まれたからだね。
だけど、無理しないでって言ったら、「じゃあ、肉食べたい!」だってさ。
じゃあ、って何だよ。いやでも、肉は大賛成。週末に食べよう!

2019/01/08

毎年のことだが、正月休みで体重が増え、膝関節や足関節の具合が悪くなって来院する患者さんが少なくない。
年末に、体重管理についてのアドバイスは皆がしているはずなのだが、正月早々から体重計に乗る人はそう多くないんだろう。
かく言う俺も、今はちょっと乗りたくない。
正月はどうしても寝正月なのに飲んだり食ったりしてしまうから、体重が増えるんだ。
九条に幻滅されたくないから、被害が軽微なうちに、元に戻さなくては。
そんなことを考えながら、昼休みに弁当箱を開けたら、「ご飯は軽めにしてありますよ」というメモが添えられていた。
まさか……服を着ていても、九条には、俺の体型が正確に把握できるというのか……?
まさか、と思いたいが、九条だからな……。ない話ではない気がする……。

2019/01/07

仕事始め! 何となく今朝のパンの出来具合が、一年の流れを占うみたいな感じがいつもあって、いつも以上にオーブンを開けるときに緊張する。
今朝のコッペパンは、最高とは言えないかもだけど、まあまあ満足!
店を開けたら常連さんたちが次々来てくれて、「年末年始用の食パン、美味しかったわよ~」なんて言ってくれて、嬉しかったなあ。
あと、常連さんがぜんざいを差し入れしてくれたから、夜に帰ってきた深谷さんと一緒に、デザートに餅入りのぜんざいを食べた。
旨いけど、マジで餅って太るからなあ……。
つい正月から勢いで食べ続けちゃってるけど、そろそろ気をつけよう。
深谷さんは真顔で、「遥君は顔が可愛いから、多少ムチムチしても許される気がする」って言ってたけど、意味わかんないからね!

九条

2019/01/05

大野木先生がしみじみと、「金曜日一日働いて、すぐ週末休みに入るのはいいな」と仰っていました。
なるほど、金曜日に心身共にカツを入れ、週末に体調を整えて、翌週の勤務に改めて備えるわけですね。
わかるような気がします。
僕はいきなり月曜日から本格始動なので、自分で気合いを入れなくては。
そう思って、リビングでこの春のトレンド花材の勉強など始めたのですが、十五分ほどで寝落ちしてしまったらしく、起きてから大野木先生に笑われました。
先生の膝枕で、小一時間ほども眠ってしまっていたようです。
「ゆっくりこちらに倒れてきたと思うと、俺の膝にうまく頭が落ちついたので感心した」
と真顔で言われて、赤面しました。
でも、お陰様でとてもいい夢を見ていたような気がします。

2019/01/04

兄ちゃんと深谷さんはきっちり今日から仕事始めだけど、俺はきりよく来週の月曜から!
九条さんもそうなんだって。
だから今日は、二人でランチデートすることにした。
イタリアンの店で、焼きたてフォカッチャつきのパスタランチ!
四人で会うときには四人の話題があるけど、九条さんと二人で会うときには、よく商売の話をする。店の経営方針とか、ロスを出さない商品のローテーションとか。
何だかちょっと賢くなった気分で家に帰るけど、賢いのは九条さんだけなんだよねー。
俺も、今年はパンのことだけじゃなく、経営術についても勉強しよう。
一応、滅茶苦茶小さいけど、一国一城の主だもんな!

2019/01/03

今日で正月休みは終了だ。
いつも、長い休みの後の仕事始めはつらいものだが、正月だけは、これ以上こんな生活をしていたら、人間としてダメになってしまう……という謎の危機感が凄いので、比較的スムーズに仕事に戻れる気がする。
今日は九条とデパートの初売りに行き、運試しということで、そう高価でない生活雑貨の福袋をひとつずつ買ってみた。
帰って開封してみたら、俺のには意味がわからないほど大量のタオル、九条のには、やはり大量のスリッパが入っていた。
どちらもいつかは消費できるものなのでまあよかったが、いささか雑すぎはしないか……。

知彦

2019/01/02

そろそろ身体がなまってきたので、今日は遥君と朝から初詣ツアーに。
あちこちの神社をハシゴして、そのたびにおみくじを引いている。
朝からずっと遥君は大吉を引き続けていて、何だか天然の運の良さみたいなものを感じる……。僕は小吉から吉までのバリエーション。
凶がないだけよしとするかな。
夜は九条さんと大野木先生のお宅にお邪魔するので、お土産に神社の近くでお正月だけ焼くというベビーカステラを大袋で買った。
僕たちの分も買ったんだけど、焼きたてがあまりにもいい匂いで、袋に交代で手を突っ込んで摘まんでいたら、歩いているうちになくなってしまった。
ツアーで消費したカロリーはしっかり摂取してしまったな……。

甫&九条

2019/01/01

昨夜は遅くまでテレビを見ていたので、今朝は元旦なのに揃って寝坊してしまった。
一年に一度、この日だけは、朝、互いに顔を合わせたときに、あらたまった新年の挨拶をすることにしている。
今年もよろしくお願いします、と言い合えるのは、とても嬉しいことだ。
おせち作りにはさほど貢献できなかったので、九条がお雑煮を作っているあいだ、年賀状の仕分けを担当した。
俺に来る年賀状は仕事関係の面白みのないものばかりだが、九条に来る年賀状の中には、けっこうアーティスティックなものがあって興味深い。
どちらも、子供の写真を添えたものがたくさんあり、見知らぬ子供が毎年すくすく育っていくのも感慨深い……。(甫)

ベッドの中で甘やかに新年を言祝ぐのも素敵だろうなと毎年思うのですが、先生がきっちりなさっているので、リビングだろうがベッドだろうがお風呂だろうが、とりあえず正座でご挨拶を交わすのがすっかり僕にも当たり前のことになりました。
とはいえ、ご挨拶が終わったら、あとはグダグダなのがお正月。おせちとお雑煮で腹ごしらえをしたら、初詣にでも出掛けますか?とお訊ねしたら、「寒いからいやだ」というたいへんシンプルなお答えが。
では、暖かい家の中で、何をして遊びましょうか。テレビにも早くも飽きてきましたね……。(九条)

■このブログは

大野木甫
医師の大野木甫
九条夕焼
フラワーショップ店主の九条夕焼
大野木遥
甫の弟でコッペパン専門店店主の大野木遥
深谷知彦
甫の部下で理学療法士の深谷知彦

仕事人である彼らが、昼休みに綴ります。
だから平日12:00頃更新。土日祝日はお休みです(ときどき休日出勤あり…)。

それぞれの恋模様は『お医者さんにガーベラ』『お花屋さんに救急箱』をご覧ください。

Novel 椹野道流
Illustration 黒沢要

※ブログ内のすべてのテキスト・画像等の転載転用を禁じます。

一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり