新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさんブログ一覧

九条

2016/06/30

雨模様だったので、僕のお稽古帰りの恒例の待ち合わせは、繁華街のアーケードの中にある昔ながらの喫茶店にしました。
本当はそこで落ち合って、どこかの店へ食事に行こうと思っていたんですが、店に到着してみると、先生が熱心にメニューを眺めておいででした。
なるほど、食事もなかなかに充実している様子。
とはいえ、喫茶店だしな……と思いつつも、先生が心惹かれるならばと、そのまま古びたその店で夕食を食べていくことに。
先生はハンバーグ定食、僕はナポリタンを頼んだのですが、どちらも老齢のご主人が、鮮やかな手つきで作ってくれました。お見それしました。
とても美味しかったです。あまりにも美味しかったので、お勧めの卵サンドまで追加して、二人で半分ずつ食べました。
思いがけず、慎ましくも幸せな夕食となりました。
たまにはああいう店もいいものですね。

2016/06/29

寝坊したー!ってビックリして目が覚めたら、いつもの起床時間より早かった。
俺、寝坊した夢見てたみたい。
あと、ホントに叫んじゃってたらしくて、深谷さんまで跳ね起きた。
悪いことしちゃった……。
「目が覚めたから、浮いた時間で走ってくるよ」って深谷さん、にこにこして出掛けていったけど、もっと俺のこと、怒っていいんだよー!
そう言うと、深谷さんはいつもあっけらかんと「だってお互い様じゃないか」って言うけど、どう考えても俺のほうがいっぱいやらかしてるよー!
申し訳ないから、今朝は深谷さんのためにでっかいコッペパンを焼いて、弁当に持って行ってもらおう。俺、フィリングに深谷さんの好きなツナサラダ作るからね!

2016/06/28

庭のアジサイが、時間の経過と共に色を変えていく。
去年は気付かなかったが、今年は、白かったものが徐々にセピア色に変化していて、とても美しい。
九条によれば、秋まで置いておくとさらに変化が進むらしい。
何とも気の長い花だ。
いかにも根気強い九条が選んだ苗という感じがする。
「僕は根気強いというより、執念深いんですよ」と九条は含み笑いをしていたが、どちらも根っこは同じだろう。
俺は生来、執着が薄いほうだが……九条とだけは、離れたくないと思う。
これが執着なんだろうな。

知彦

2016/06/27

暑いので、出勤してリハビリルームの準備をしているとき、冷凍庫を開けてアイスパックのチェックをしながら、頭を突っ込みたい衝動にかられる。
炎症を鎮めるためのアイシング、リハビリルームでは毎日大量に使うけれど、この時期はなんとも気持ちよさそうだ。
冬は逆に、ホットパックがとても気持ちよさそうで、あんな風に、気持ちのいいリハビリだけならいいのにって、いつも思ってしまう。
でも、つらくても続けていれば、結果が出る。そう僕たちは信じるし、患者さんにも信じさせるのが仕事なんだよな! 頑張ろう。
それに、来週からは、いよいよ夏のアイスクリンが始まる。
毎年、楽しみにしてくれている常連さんがいるみたいだから、気合いが入るな。

九条

2016/06/25

昨夜、ちょっと風邪気味だったので、早く床についたからでしょうか。
今朝はずいぶん早く目が覚めてしまって、我ながら驚きました。
でも、スッキリした目覚めでしたし、風邪が悪化した様子もなかったので、そっと起き出してキッチンへ。
こういうムシムシした時期は、熱いものを食べたほうがスッキリするような気がするので、ほうじ茶を濃い目に出して、朝食に茶粥を作ることにしました。
そうしたら、先生もずいぶん早く起きてこられて、二度ビックリ。
音で起こしてしまったかと思いきや、ほうじ茶の香りで目が覚めたそうです。
「お茶の香りで目覚めるなんて、ずいぶんと雅な週末だな」と笑っておいででした。
せっかく今日という日がいつもより長くなったので、朝食を済ませたら、二人でどこかへ出掛けようかということに。雅ついでに、美術鑑賞デートなんていうのもいいですね。
勿論、世界一綺麗なものは、いつも傍らにいてくださるわけですが。

2016/06/24

夕方、九条から「少し体調が悪いので、店を閉めた後少し横になる」と連絡を受けて、夕飯を買って帰ることになった。
やはりこういうときはうどんだろう……と思ったので、スーパーのうどんのセットと、お粥のレトルト、それにリンゴを買って大急ぎで帰宅した。
少し寝たら気分がよくなったと、九条は起きてきて、一緒に一緒に食事の支度をしてくれた。多少は安心したが、後片付けは俺がひとりですることにして、早く寝かせることに。
同じ屋根の下にいるのだが、別に寂しがることは何もないのだが、九条がいないリビングの、妙にしんと冷えた感じが寂しさを呼び起こすようで、結局、俺も早く床に入ることにした。
特別なことはなくても、ただ同じ空間に互いがいるということがどれほど幸せなことか、再認識することになったな……。
隣の九条の静かな寝息を聞いているだけで、ひとりぼっちでリビングにいるより、ずっと安らいだ気持ちになれた。

知彦

2016/06/23

遥君がネットで映画試写会チケットを当てたので、仕事帰りに駅で待ち合わせて、二人で映画鑑賞。
ノベルティはもらえるし、映画はタダだし、何やら得した気分で映画を見始めたんだけど……いかんせん、内容が!
いや、ストーリー自体は面白いファンタジーだったんだけど、主人公の相棒の犬が途中で死んだものだから、涙が出てしまって大変だった。
横を見ると、案の定、遥君も号泣しているし。
映画が終わった後、二人してまだ赤い目で、イタリアンレストランでパスタを食べた。
映画の話をするとまた泣いてしまいそうなので、話題は別のことばかり。
動物が死ぬ映画は、どんなにいい話でも、僕らはノーサンキューだなあ……。

2016/06/22

夜、テレビを見ながら、二人で洗濯物を積み上げて一枚ずつ畳んでると、何だか家庭って感じがして、いいなって思った。
俺の服が深谷さんのより一回りちっちゃいのも、悔しいような、何だかちょっと嬉しいような。
深谷さんが俺より一回りでっかいからこそ、深谷さんのあぐらの上に座って、後ろからぎゅーってしてもらうと、すっげーいい感じなんだよね。
「深谷さんは俺にぴったりの大きさだよね~」って言ったら、深谷さん、何故か「そ、そう?」って顔を赤くしてた。
なんでだろ。変なの……って首を捻ってたんだけど、寝る前になって急に理解した!
ち、違うよ、そんな色っぽい方向の話じゃないってば……!

九条

2016/06/21

滑り込みでジューンブライドになるというお客様から、アジサイで花嫁のブーケを作ってほしいというご依頼が。
なかなか楽しそうなアイデアなので、さっそく仕事の合間に試作してみました。
ウェディングドレス用には、薄緑から紫まで微妙な色の差があるアジサイを問い合わせたグラデーションのあるものを。一方、お色直しのロイヤルブルーのドレスには、純白のアジサイを合わせて。いずれも丸いフォルムで、可愛くまとめてみました。
我ながらうっとりするほどの出来映えでしたので、先生が帰宅するのを待ちかまえて、持っていただき、撮影して、お客様に送信。
もっとも、お客様にお送りしたのは手元をアップにした写真だけで、全身像は、僕だけのものです。勿体ないので、他の誰にも見せません。
神妙な顔でブーケを持ってくださる先生が素敵すぎて、ヘッドドレスも小振りのアジサイで作ってみたくなりました。明日、アジサイをたくさん仕入れてきます。

2016/06/20

九条が言っていたように、先端を詰んだ朝顔から、脇芽が何本も伸びてきた。
ここからいい芽を選んで、何本か育てるらしい。なかなか朝顔一本育てるだけで、あれこれと考えなくてはならないことがあるものだな。
庭のアジサイも今年はとてもたくさん大きな花をつけていて、雨の日はひときわ美しい。
九条と知り合って、植物の魅力にずいぶん教えてもらった。
だが、逆に俺は、九条の生活を豊かにするものを、何も持ちあわせていない気がする。
何だか急に申し訳なくなって、すまないと伝えてみたら、九条はむしろキョトンとした顔で、「僕の幸せは、あなたという存在に集約されているので、何の問題もありませんよ」と断言された。
それは……な、なんというか……ありがたいが……リアクションに窮するな。

2016/06/18

今日は、高校時代の同級生の結婚式にお呼ばれ。
ジューンブライドって奴みたいだけど、天気は不安定だし、蒸し暑いし、大変だと思うんだけどなあ……。
今日のお式は、人前式っていうの? チャペルでも神前でもなく、みんなの前で誓いの言葉を読み上げるやつ。
何だか、聞いてるほうが恥ずかしくてムズムズしちゃった。
あと、愛の鐘を鳴らしたり、キャンドルサービスしたり、色々小さいイベントがあって、そのたび、深谷さんと俺があんなのやったらすげーなって想像して笑いそうになってたよ。
披露宴のときに、「大野木はいい人いんの?」って同級生たちに訊かれたから、すっげー正直に、「命の恩人と一緒に住んでる」って答えたら、「おっ、もしかして白衣の天使!?」って色めき立ってた。
だからこれまた正直に、「うん!」って言っといた。嘘じゃなーい。
深谷さん、仕事のときは白い服着てるもんね。

九条

2016/06/17

昨日は、僕のお稽古が少し長引いたので、地元デパートの中で待ち合わせにしたんですが、到着して、先生に連絡をしたら、地下の食料品フロアにいらっしゃいました。
どんなものがあるのか見て回るだけのつもりだった……と先生は仰っていましたが、二人してあれこれ眺めているうち、外食するより、お惣菜をここで買って帰ったほうが楽しそうだ……ということになり、それぞれ食べたいものを買うことに。
結果、和洋中ごちゃ混ぜの、まったく統一感のない食卓になりましたが、それはそれでとても面白かったです。
しかし、出来合のお惣菜というのは、美しくて美味しいのに、何故か満たされない感じがするのは何故なんでしょうね。
大野木先生も、「贅沢しておいて何だが、お前があり合わせで作る食事のほうが満足するな」と言ってくださいました。
やはり、作りたての力といったものが、料理にはあるんでしょうか。

2016/06/16

深谷、水やりくらいで褒めるんじゃない。
とはいえ、少しは成長したようだな。
遥は小学生の頃、夏休みの観察日記を付けるべく学校から持ち帰った朝顔の世話をちっともせず、仕方なく俺が水やりをしていたんだ。
しかも観察日記もろくに書かず、「本葉が出た」の次のページではもう種になっていた。
今思い出しても、酷い宿題だった……。
今はむしろ、水やりに関しては、俺のほうが無精かもしれないな。
蒸し暑いと寝苦しくて、どうしても寝坊しがちなんだ。今朝もギリギリに飛び起きたせいで、庭の水やりは九条に託して出てきてしまった。
反省せねば。

知彦

2016/06/15

毎朝、スナックエンドウをぷちぷちもいで、キッチンで仕事の合間に茹でてつまめる季節が来た。
もぎたての豆ってビックリするほど甘くて、マヨネーズも何も要らない。
僕たちのはままごとみたいな家庭菜園だけど、それでも毎年、出来、不出来はあっても、何かしら美味しい野菜ができるから、凄いもんだな~。
勿論、あれこれ考えれば買ったほうが遥かに安くつくんだけど、そういうことじゃないんだよね。
自分たちで育てる手間とか過程とかを経験して、食べることに前より真剣になった気がする。
遥君は食べ物を作る仕事だから、余計にそうなんだろう。
飽き性なのに、毎朝の水やりを忘れないの、偉いね。

2016/06/14

えっ、朝顔って、先っちょをむしるといいの?
俺、いつも一本をにゅーって長く育ててた。小学校でもそうやってた気がしたんだけど、なるほど~。
先をちぎると、脇からにょろにょろ出てきて本数が増えるんだ。
俺もやってみよう~って思ったけど、兄ちゃんの気持ちわかる。
何だか頭をもぎ取るみたいで、すっげー勇気いるわ、これ。
深谷さんと二人して、ホントにいいんだよね!?って10回くらい言い合ってから、思いきって「ごめんね!」って謝りながらもいだ。
これでつるが増えたら俺は嬉しいけど、朝顔的にはどうなんだろな……。
わりと迷惑だったりすんのかなー。

九条

2016/06/13

今朝、先生が玄関先で大きな声で僕をお呼びになったので、何ごとかと思って駆けつけたら、しゃがみ込んで、朝顔の植木鉢を見ておいででした。
「九条、朝顔の先端がなくなっている。毛虫に食われたんだろうか」と心配そうにしておられるので、「僕がちぎったんですよ」とお教えしたら、物凄い驚きようで。
どうやら、摘心して脇芽を育てる、という手法をご存じなかったようで、愕然としておいででした。
先端を詰むことで、脇芽からつるが伸びて、つるの総数が増える、つまり花数が増やせるんですよとお教えしたら、とても感心してから、「どうにも可哀想な気がするな」とぽつり。
本当に、優しい方ですね。しかし、その優しさは、できれば僕に重点的に向けていただけると嬉しいのですが!

知彦

2016/06/11

6月は祝日がないから、いつもより余計に週末が待ち遠しい。
遥君も同じみたい。
昨夜、「明日どこ行こうか!」ってあれこれ布団の中に入っても話し合っていて……で、今日、起きたら昼前。
夜遅くまで喋り過ぎて、案の定、寝過ごしたよね。
さすがに今から遠出は無理だから、とりあえずブランチに出掛けることに。
カレーバイキングにしようか、それともパンケーキにしょうかって、今度はブランチのメニューで揉めている。
僕はカレー、遥君はパンケーキを主張して譲らないので、このままだと行き先はファミレス一択だな。それもまあ気楽でいいかも。

2016/06/10

相変わらず、遥の寝相は酷いようだな。
小学校のキャンプのとき、自分たちのテントから寝返りで転がり出て、翌日用に積み上げたキャンプファイヤーの薪の山にぶつかって止まっていたという話を思い出した。
万が一、気付かれなかったら火あぶりだったな……。
俺はいったん寝るとほとんど動かないんだが、そのかわり、寝言で不平を言っているらしい。
今朝も九条に、「夏布団、まだタオルケットにかえるには早すぎると思うんですよ」と気がかりそうな顔で言われて、一瞬、何のことかわからなかった。
どうやら寝言で「暑い」と何度も繰り返していたらしい。気を遣わせてしまったな……。

2016/06/09

梅雨に頭がピヨピヨになるのは、子供の頃からずっとだからな~。
っていうか、小学生の頃は今よりずっと酷くて、雨の日は「アフロ」ってみんなにからかわれたりしてた。思い出したら腹が立ってきたぞ……!
その勢いのまま、当時の話を深谷さんにしたら、「遥君はアフロでも可愛いと思うけどなあ」って真顔で言われて、脱力しちゃったけど。
深谷さんは、俺が何してても可愛いの?って訊いてみたら、「おおむね何をしていても可愛いけど、暑くて部屋の外まで寝ながら転がっていくときは、可愛いを通り越して心配だなあ」って言われた。
なんか……凄く愛されてる実感……!

九条

2016/06/08

僕は仕事のときはバンダナか手拭いを愛用しているんですが、洗濯して干すときによく伸ばせば、アイロンなしでいけますよ?
コツは、洗濯機から出したときにすぐ、洗濯機の蓋を閉め、その上で広げて手のひらでシワを伸ばしてしまうことですね。
Tシャツくらいまでは、それで十分ノーアイロンでいけます。
僕も、ひとり暮らしをしていたときはアイロン嫌いでしたが、先生のワイシャツをアイロンがけするのは楽しいです。
襟と袖をパリッと、しかし肌触りが悪くないように仕上げるのは、どんなゲームをするより面白いですね。
またそれを先生が纏ってくださるのを見るのが、最高に楽しいです。
真の娯楽は、日常生活にあると実感しています。

知彦

2016/06/07

そんな理由で、昨日、先生はやけに溜め息ばかりついてらっしゃったんですか……!
確かに梅雨時は先生の頭が若干ピヨピヨしている感じはしますが、帰宅して遥君の頭を見るとまったく同じ状態なので、すっかり慣れてしまって、まったく気になっていませんでした。
たぶん、他の皆も、毎年のことだと流していると思いますよ……。あまり気になさらないでください。
遥君はこの時期、髪型が決まらないからと、バンダナを頭に巻いています。
いわゆる長渕巻きではなく、給食当番巻きなので、とても可愛いです。
一年中あれでもいいんじゃないかと思うんですが、本人いわく、「アイロンをかけるのが面倒臭くて死ぬ」そうで……確かに夏の暑いときにアイロン掛けは嫌ですねえ。

2016/06/06

雨の日は、確かに髪のおさまりが悪い。
子供の頃から、ずっとそうだ。母親譲りの猫っ毛だから、普通より極端に湿気を吸うんだな。膨らんで、どうにも不格好になってしまう。
さすがに患者の手前、あまりモコモコした頭ではよくないからと、スプレーで固めていこうかと思ったのだが、九条に止められた。
「そんなに不自然なことをなさらないほうが」と言われてそれもそうかと納得しかかったところで、「だいいち、触り心地が悪くなって僕が悲しいです」と続けられて、言葉に詰まった。
それは……帰宅後すぐに入浴すれば解決する問題ではないかと思うのだが、朝の忙しいときに議論をするわけにもいかず、釈然としないまま仕事に来てしまった……。

2016/06/04

食べ物を扱う店だから、こざっぱりしておくことは大事だよね。
ってわけで、毎月、美容院に行くことにしてる。今日も、ちょっと頭がモッサリしてきたから行ってきた。
俺、猫っ毛だから、この季節、どうしても湿気で膨らむんだよね。
きっと兄ちゃんも困ってるだろな。
兄ちゃん、顔が滅茶苦茶シャープなのに、髪の毛ふわっふわだもん。
けど、俺、自分の髪の毛、好きだよ。
深谷さんがいつも、「遥君の髪の毛は触り心地がいいなあ」ってくしゃくしゃ撫でてくれるの、すっげーいい感じだもん。
兄ちゃんも、九条さんにくしゃくしゃしてもらうのかな。

九条

2016/06/03

特別なご注文をいただいているので、今朝はバラを多めに仕入れて水揚げしました。
とにかくバラが好きな方のための誕生日祝いのお花をご所望で、バラをたっぷり入れ込んだアレンジメントを作る予定です。
朝、準備をしていたら、大野木先生が作業場を覗かれたので、色々なバラをお見せして、どれがお好きか訊ねてみました。
そうしたら、やわらかなサーモンピンクのカップ咲きのものを選ばれたので、今日はこれをメインにアレンジメントを作ってみようと思います。
先方のご希望があまり細かくないときは、先生のためのお花を生けていると思うととてもいいものができるので、いつもご協力いただいているのです。
「実物は見られないだろうが、よかったら写真を見せてくれ」と先生が言って下さったので、気合いを入れてデザインを考えようと思います。

知彦

2016/06/02

僕も、子供には時々「おじさん」って呼ばれますね。
最近では、「まあそれもアリか」と諦めるようになってきました。
遥君が出会った頃と少しも変わらず可愛いので、余計に僕がおじさんに見えるのかも。
老けたかな?って遥君に訊いてみたら、何の迷いもなく平然と、「毎日見てるからわかんないけど、俺、深谷さんがどんだけ老けても、好きな気持ちは変わんないよ?」って素で返事をされてしまった。
そっか。それなら、僕もおじさんでいいかな。いや、でも、遥君はずっと若そうだから、僕も極力、若くいられるように頑張ろう。
……ええと……スキンケアとか、すればいいのかな。

2016/06/01

遥がおじさんなら、俺がおじさん呼ばわりされるのもやむなしか……。
最近、患者の子供に「おじさん」と呼ばれることがたまにあって、あまり嬉しくはないんだが。
九条はまだ一度も、おじさんと呼ばれたことはないらしい。
「やはり傷つくものですか?」と問われたので、「傷つく必要はないとわかってはいるが、心情的に老け込んだ気になる」と答えたら、「そんなことはありませんよ」と笑われた。
「大丈夫、僕にとっては出会ったときから一日の例外もなく、最高に可愛いあなたです」と力説されたが……。
そうだな。九条の目に映る俺が老け込んでいないなら、それでいいような気がする。

■このブログは

大野木甫
医師の大野木甫
九条夕焼
フラワーショップ店主の九条夕焼
大野木遥
甫の弟でコッペパン専門店店主の大野木遥
深谷知彦
甫の部下で理学療法士の深谷知彦

仕事人である彼らが、昼休みに綴ります。
だから平日12:00頃更新。土日祝日はお休みです(ときどき休日出勤あり…)。

それぞれの恋模様は『お医者さんにガーベラ』『お花屋さんに救急箱』をご覧ください。

Novel 椹野道流
Illustration 黒沢要

※ブログ内のすべてのテキスト・画像等の転載転用を禁じます。

一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり