新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさんブログ一覧

2017/01/31

メンチカツコッペが凄く売れ行き好調だから、お肉屋さんが大喜びしてくれてる。
あれが美味しかったから……って店に来てくれるお客さんがけっこういたんだって。
やっぱ買い物はスーパーが便利だから、そっちに取られたお客さんをどうやって呼び戻せばいいだろうってあれこれ考えてたんだってさ。
ちょっとでも役に立てたんなら嬉しいな。店の電気フライヤーでメンチカツを上手に揚げるコツも、だんだんわかってきた。
確かにスーパーは便利だけど、個人商店って色々個性があって、買い物楽しいと思うんだけどな。みんな忙しいから、便利のほうを選んじゃうんだろうな……。
俺の店も、わざわざ来てもらえる店になるようにもっとがんばろ!

九条

2017/01/30

節分用に、柊の枝を少し仕入れました。
さすがに今どきは、いわしの頭を柊の枝に刺して……という昔ながらの行事を実行なさる方は少ないのですが、近くの小料理屋さんから、料理の飾りに使いたいからという注文をいただいたのです。
やはり和食のお店は、そういう季節のアイテムを大事になさいますね。
枝振りが今一つのものがあったので、それは我が家のリビングに、水仙と合わせて飾りました。
ソファーに座った大野木先生がそれに気付いて、柊の葉のトゲトゲで指の腹をチクチクして遊んでおられるのを、さっきからたいへん微笑ましく見守っています。
飾ってよかったです。

2017/01/28

善は急げだ。
先週日帰り入浴してとても風呂がよかった温泉旅館に、この週末は一泊だが宿泊してみることにした。
部屋が大浴場に近く、人の出入りがあるので少しうるさいかもしれません……と前もって知らされていたが、気にするほどではなかった。
むしろ、風呂が近くて便利極まりない。
早めに宿に入って、夕食までに二度も風呂に入った。
やはり風呂上がり、リラックスした服装で休むことができるのは最高だな。
夕暮れ時の空を見ながら二人で寝ころんでいると、まるで子供時代に田舎の祖母の家にいるような気持ちになった。
九条はその頃の俺に会いたがるが、俺も子供時代の九条に会ってみたい。
その……将来世話になると言って、頭など撫でてやりたい……と思う。

2017/01/27

節分……節分といえば豆……豆といえばきなこ……!
きなこをたっぷりつけた餅が急に食べたくなって、深谷さんに帰りに買ってきてもらった。
夕飯をちょっと軽めにして、食後に餅を焼いて、お湯につけて、砂糖ときなこをたっぷりまぶして食べた。
旨かった~!
お雑煮の餅はもう飽きたって思ってたけど、きなこ餅最高。
旨いねってニコニコしてたら、深谷さんに急にほっぺたをむにって掴まれた。
何だよって言ったら、「遥君のほっぺたも、いつまでもお餅みたいだね」って、やけに楽しそうにムニムニしてる。
いつも大人な深谷さんが子供みたいなことしてるのがおかしくて、つい怒るの忘れちゃった……。

九条

2017/01/26

ああ、もう節分が来週ですか。一月はあっという間に過ぎましたね……。驚きです。
忘れないうちにと、夕方にスーパーに行ったとき、巻き寿司用の海苔や冷凍海老やかんぴょうを買ってきました。
別に丸かぶりはしなくていいんですが、巻き寿司自体は作りたいような気がするので。
そういう、節目の日に作るもの、食べるものは、由縁はどうあれ、大事にしたいです。
献立を考える手間も省けますしね。
先生は「節分か……」としばらく何か考え込んでこられましたが、おもむろに「歳の数だけ豆を食べることがもはやできないという歳まで、共に長生きしたいものだな」と仰るものですから、思わず抱き締めてしまいました。
勿論ですとも!

知彦

2017/01/25

遥君が昨日から始めた、お肉屋さんのキャベツたっぷりメンチカツを挟んだコッペパン、僕も今朝、試食させてもらったけど滅法旨い。
メンチカツがふわっとしててジューシーで、噛むとそれがコッペパンにたちまち沁みていく感じ。
美味しいね!って身内なのにベタ褒めしちゃった。あ、でもメンチカツはお肉屋さんの奴だから、身内褒めでもないか。とにかく旨かった!
もう少し売れ行きが穏やかになったら、先生と九条さんにも持っていこうね、と言い合った。
だけどそれは、できるだけ先のほうがいいかな……。でも、早く食べていただきたい気持ちもある。複雑だ。
そしてリハビリ室では、朝のカンファレンスで、節分の相談。
もうそんな時期か……。
今年の鬼の係は、前日、あみだくじで決めることになった。当たりませんように。

2017/01/24

近所のお肉屋さんとコラボのメンチカツコッペ、今日からスタート!
ひとりで新しいことをやるには限界があるけど、こうして他のお店とコラボできるのは楽しいな~。
お肉屋さんの奥さんが作り始めたキャベツたっぷりメンチが、俺のコッペパンにすげえ合う……って、お肉屋さんがコッペパンを買って試してから、話を持ちかけてくれたんだ。
すっげー嬉しいよね。
中にキャベツが入ってるから、ソースをつけて挟むだけでオッケー。
マジで旨くてビックリした。冷めても、タマネギとキャベツの分あっさりしてるから、油が重くないんだよね。
さっそく大人気で、あっという間に売り切れちゃった。
これからも、うちもお肉屋さんもごひいきにー! コロッケも旨いんだよね、あそこ。

2017/01/23

目覚まし時計では起きられなくて、たいてい毎朝、九条に起こしてもらう。
情けないことだとは思いつつも、九条の手と声で起こされるほうが、目覚まし時計よりずっと幸せな気持ちで起きられるので、つい甘えてしまっている。
しかし今朝は、何故か目覚ましが鳴る一分前にパチリと目が覚めた。
珍しいこともあるものだと、そのまま起き出して着替えていたら、寝室に入ってきた九条に、むしろ嘆かわしそうな顔と声で「僕の毎朝の楽しみを奪わないでください……」と叱られてしまった。
た……楽しみだったのなら、悪かった。
明日からは、起こされるまで心おきなく惰眠を貪ろうとかたく決意した。

九条

2017/01/21

たまにはのんびり……と、近場の温泉宿まで日帰り入浴に出掛けました。
温泉に入ってから、少し遅めのお昼に精進料理のランチを食べて、何やらとても健やかな気持ちになれました。
でも先生が、「やはり温泉に入ったあとは、座敷に大の字で寝ころびたいな。次は泊まりにしよう」と仰るのは、深く頷いてしまいました。
温泉を堪能したあとは、やはり浴衣を着たいものですね。湯上がりにすぐしっかり洋服を着込むのは、少し億劫でした。
それに……浴衣姿の先生が見られないのは、物足りないことこの上なしです。

知彦

2017/01/20

遥君……二人で風呂に入ったほうがあったかいっていうのは、たいてい僕が先に入って、身体を洗い終わった頃に遥君が入ってくるからじゃないかなあ。
僕が入ったときは、洗い場は心底寒いよ!
でもまあ、二人で入ると喋ったりふざけたりしていつもより長風呂になるから、よくあったまるかも。
こないだ、「早口言葉をちゃんと言い終えたら上がっていい」遊びをしたときは、二人ともなかなか言えなくて、のぼせて死にそうだったもんな……。
何度チャレンジしても難しいよね、新春シャンソンショー。

2017/01/19

俺が寒いー!って震え上がるような朝は、パン生地も寒いって言ってるのが指先でわかる。
イーストが一生懸命温めてふかふかにしようとしてるのに、おっつかない感じ。
ねむさむいよねー、うんわかるわかる、俺もー、って言いながら生地を触ってたら、「遥君のこねるパン生地はお喋りだね」って深谷さんに笑われた。
深谷さんは、寒いなって思ったら走りに行くんだって。確かに走ると身体が温まるもんね。
俺は、パン焼いてると温かくなってくる。
パンと一緒にほっかほかになるの、気持ちいいよ。
あっ、そうそう、夜は深谷さんと一緒にお風呂入るのが気持ちいい!
ひとりで入るより、二人で入ったほうがあったかいんだよねえ。

2017/01/18

野菜や草花を育てる楽しみというのは、確かにあるな。九条と暮らして、初めて知ったことの一つだ。
それに、家の中のあちこちに、九条がさりげなく花を生けてくれているので、それもとても楽しみにしている。
売り物にならないものや売れ残りを使っているだけだと九条は謙遜するが、花を生けているときの九条の手つきも表情もとても優しくて、見ていると幸せな気持ちになれる。
そう言ったら、九条は実に意外そうな顔で、「あなたには、もっと丁寧に優しく触れているつもりですが」と言い返された。
心底、反応に窮する。

友彦

2017/01/17

ああ、ありますよね。何かを作ろうと心に決めてスーパーに行ったのに、必要な食材が売り切れてたり、高すぎて手が出なかったり、ちょっと期待外れのクオリティだったり。
いつかキャベツが物凄く高かったとき、焼きそばを作ろうと思ったのにどうしてもキャベツをその値段では買う気がしなくて、ああ……って諦めて帰ったことがあります。
野菜はたいていの場合、ちゃんと理由があって高くなるので、そのうち腹を括って買うんですけどね。ずっと食べないわけにもいきませんし。
そういうこともあって、遥君とプランターで野菜を育てるようになったんですが、やってみると、結局、買ったほうが安いこともありますね。
だけど、成長を毎日見守って、遥君と一緒にささやかな収穫をすることは、けっこう大きな楽しみです。

九条

2017/01/16

先日の先生のお誕生日、本当は手巻き寿司のつもりが、スーパーへ出掛けてみたらあまりお刺身にピンとくるものがなく、結局ステーキにしてしまいました。
それでも先生は喜んでくださいましたが、僕が何となくしっくりこなくて……。
で、お祝いの膳ほど贅沢なものではありませんが、今日、綺麗なお刺身盛り合わせがあったので、それと卵焼き、漬け物や貝割れなども添えて、さっぱりした手巻き寿司を夕食にお出ししました。
「お前は本当に律儀だな」と呆れたような顔でそう仰いつつも、「二度目の誕生日祝いをしてもらっているようだ」と付け加えてくださって、ホッとしました。
ようやく、無事にお誕生日を祝い終えた気がしますよ。

2017/01/14

兄ちゃんとこに、ケーキを持って遊びに行った。
一応、誕生日祝いの追加のつもり。
昨夜は、九条さんがステーキ焼いてお祝いしてくれたんだって。いいなあ。
ステーキはありませんけどって笑いながら、九条さんが、「付け合わせがとても美味しいと先生が言ってくださったので、お茶請けにどうぞ」って、ポテトフライを出してくれた。
でも、それがただのポテトフライじゃなかった!
外側、すっげーカリカリ! 中ほっくほく。
これ、ただ芋を切って揚げただけじゃないよねって言ったら、「ええ、それは、まあ」ってニコニコするだけで、九条さん、作り方を教えてくれなかった。
さては、兄ちゃん専用のとっておき料理だな!
羨ましいけど、ちょっと悔しい。俺たちも、自分たちだけの秘密最強料理を作ろう!って、帰り道に深谷さんと誓った。なんか考える!

2017/01/13

今朝、九条が「13日の金曜日ですが、そんなこととは無関係に、お誕生日おめでとうございます」と起こしてくれた。
誰かが自分の誕生日を覚えてくれているというのが、こんなに嬉しいものだとは。
「今夜はお祝いの手巻き寿司にしましょうね。ケーキも買っておきます」と言われて、くすぐったく嬉しい気持ちで出勤した。
そうしたら、昼休みに深谷が実にさりげなく、遥とふたりで買ったという誕生日祝いを手渡してくれた。
俺がほしいと言っていたウォーキングシューズだ。
何より気持ちが嬉しくて、午後から仕事をしていても、ふと気付くと頬が緩んでいる。
いかん。いかんが、嬉しいのだから仕方がない。

知彦

2017/01/12

年明けから、ずっと忙しい日々が続いている。
診察時間が終わる頃にはみんなクタクタだけれど、それだけ僕たちを必要としている患者さんがたくさんいるということなので、頑張らなくちゃな。
帰ったら、遥君も茶の間のこたつでうたた寝していた。
二人とも、いっぱい頑張ったよね……というわけで、夕飯作りはサボって宅配ピザの店に電話して、届くまでの間に洗濯と掃除を手分けしてやっつけた。
あとは、届いたピザを食べて、風呂に入って寝るだけ。
こういう日も、たまにはいい。
毎日これじゃ困るけど、いちばん大事なのは、僕と遥君が二人ともニコニコして暮らせることだもんね。

九条

2017/01/11

僕も昨日から店を開けました。
お正月の花が一部萎れてしまったから、足す花を何か……と来てくださるお客様がぽつぽつ。
お正月用に取り合わせた花にはとてつもなく保ちがいいものもあるので、それによく合う花を何種類か選んでお勧めしました。
ご自宅で、花をあれこれ生け替える楽しみを味わっていただけるのは嬉しいことだな、と思います。
たとえれば、僕が選んで買ってきた服を、大野木先生があれこれ着てくださるのを見ているのと同じ気持ちでしょうか。
美しい花には、何を合わせてもやはり美しいという話です。

2017/01/10

俺は今日から営業再開!
一年最初のコッペパンが上手に焼き上がると、やっぱ気持ちがいいな。
初日だからって、深谷さんが昨夜のうちに、いつものミネストローネを仕込んでいってくれた。
ミネストローネに入れるちっちゃいマカロニ、一晩おくとふやっふやに柔らかくなるんだけど、それがすっげー旨いんだよ。
今日だけサービスで粉チーズも置いといたら、いつもの女子高生たちがたっぷり振って食べてた。
使い過ぎだろ~って突っ込みたかったけど、美味しそうな顔見ると、まあいいかって思っちゃうね。
どんな人でも、美味しい顔はみんなすっげーいい表情。

2017/01/09

正月明けのこの休日は、実に貴重だ。
身体と心を整えるのに、こんなにありがたい一日はないと感じる。
そうはいっても特別なことをするわけではなく、九条と少し離れた公園まで散歩して、持参の魔法瓶で熱いお茶を飲み、焼き菓子のおやつを食べただけだが。
そうやって緩やかに身体を動かすことで、ジワジワと全身がチューニングされていくような感じがする。
今年はあまり寒さが厳しくないから、何となく真冬という感じがしない。それでもベンチに並んで腰掛けていると、互いの体温をとても温かく感じるのは、冬ならではだな。
明日からは、スッキリした気持ちで仕事に戻れそうだ。

知彦

2017/01/07

正味、今週は二日しか仕事をしていないのに、やけに疲れたなあ……!
やっぱり、年末年始の休みと不摂生で、身体が鈍ってる。
今日明日で調整しなきゃ……と思って、起きて朝飯前に、軽く近所を走った。
帰ってシャワーを浴びて布団を畳みにいったら、遥君はまだ布団に埋もれてすやすや。
猫みたいで可愛いけど、遥君だって週明けから仕事再開なんだから、生活リズムを朝型に戻さなきゃね。
心を鬼にして起こした。
ふにゃふにゃ言いながらおにぎりを齧っている姿は、可哀想だけど可愛い。
そう思いながら見ていたら、「何ニヤニヤしてんのさ!」って怒られた。
ニコニコしているつもりだったんだけどなあ……。

九条

2017/01/07

ゆっくりめに起きて、軽く茹でた七草を刻み、白味噌で淡く味付けしたお粥に仕上げに混ぜると、彩り鮮やかな七草粥が出来上がります。
僕はこの爽やかで優しい味のお粥が大好きで、ついたくさん炊いてしまいます。
起きてこられた先生も「七草粥か。毎年楽しみなんだ」と言ってくださって、さっそく二人で、ブランチにあつあつの七草粥をいただきました。
味の濃いおかずはお粥の味をわからなくしてしまうので、敢えてお粥のみ。
七草の延長線の趣なので、壬生菜の漬け物だけを添えて、さらさらといただきました。
毎年、お粥を一生懸命吹いている、ちょっと子供みたいな先生のお顔を見られるのも、七草粥の楽しみのうちです。

九条

2017/01/06

朝、先生のお弁当を作るとき、同じおかずを一皿盛りにして自分のお昼にとっておくのです。
今日は週明けに仕事を始めるための準備をしながら、久しぶりに作業場でそのお昼を食べたら、だんだん身体が仕事モードに戻っていく感じがしました。
お弁当を召し上がった後、先生はいつも「美味しかった、今日もありがとう」というメッセージをくださるので、それを見ながら食べるランチは最高です。
愛する人と同じものを食べているというのは、不思議なくらい幸せなことですね。
特に、僕が作った料理が、今の先生の身体の細胞一つ一つに染み渡っていくんだと思うと、何とも言えない喜びを覚えます……と言葉でお伝えすると何となく引かれそうなので、心の中で思うだけですが。

2017/01/05

昨日は年賀交歓会のみだったので、今日から本格的に業務再開だ。
待ちかねていた患者で、リハビリルームは終日混み合っていた。
やはり、年末年始で生活環境が変わるせいか、調子が悪化している患者が多い。
理学療法士たちも、調整に四苦八苦していた。
例年は同じ日に仕事を再開するのだが、仕入れの関係で、遥同様、九条も今年は週明けから店を開けるらしい。
だから今日は、家でゆっくりくつろいでいてくれと言ったのに、帰ったらロールキャベツが煮えていた。
休みの日には、手の込んだ料理を作るのが楽しいそうだ。
楽しいならいいのだが……一方で、俺は確実に甘やかされているので、ちと気恥ずかしい。

2017/01/04

俺は今週いっぱいお休みもらっちゃうんだけど、深谷さんは今日から仕事。
でも今日は、年賀交歓会?とかいう奴だけなんだって。
昼過ぎに帰ってくるねーって出掛けていった。
俺はそれを布団の中で「ふぁーい」って聞いて、もっぺん二度寝しちゃって、気がついたら午後で、隣で深谷さんが出掛けたときの服装のままで寝てた。
俺が寝てるの見てるうちに、自分も眠くなっちゃったパターンだ。
うんうん、休み明けって、ただ仕事に行くだけで疲れるよね。
思わず、寝てる深谷さんの頭をよしよししちゃった。おつかれさま。

九条

2017/01/03

僕のおみくじは大吉でした。先生は吉。その慎ましさが素敵です。
遥君も大吉でした。僕ら二人は、気を引き締めていきましょう。
好事魔多し、と申します。大吉というのは、なかなかにリスキーな結果ですからね。
先生は明日からお仕事ですから、今日は家でゆっくりすることにしました。
先生は珍しくソファーに寝転がって、「ああ、仕事は好きなんだが働きたくない……」と呻いておられました。
わかります。実によくわかります。
単純に、仕事への意欲とは関係なく、いつまでもゴロゴロしていたいんですよね。
永遠にそうしていろと言われたら、またそれも苦痛になってしまいそうではあるのですが。
僕も、一日の大半、視界の中に先生がいる生活をもっと続けたい気持ちでいっぱいです。

知彦

2017/01/02

昨日は先生と九条さんのお宅で夕食にすき焼きをご馳走になった。
で、恒例の「格付けチェック」をみんなで見て、遥君がリビングでぐうぐう寝てしまって、結局、泊まらせていただくことに。
布団からパジャマまですっかり用意されていて、恐縮するばかり。
でも、大野木先生が「実家に泊まるのに遠慮する奴があるか」と言ってくださったので、とても嬉しい気持ちで客間で休ませていただいた。
せめてものお礼に、今日は片付けでも何でもお手伝いするつもりだったんだけど、みんなで初詣に行くことになって、結局何もせずに失礼してしまった。
今度、何か力仕事はありませんかとお訊ねしなきゃ。
そうそう、今年初おみくじは、小吉だった。何だか例年の如くって感じだなあ。

■このブログは

大野木甫
医師の大野木甫
九条夕焼
フラワーショップ店主の九条夕焼
大野木遥
甫の弟でコッペパン専門店店主の大野木遥
深谷知彦
甫の部下で理学療法士の深谷知彦

仕事人である彼らが、昼休みに綴ります。
だから平日12:00頃更新。土日祝日はお休みです(ときどき休日出勤あり…)。

それぞれの恋模様は『お医者さんにガーベラ』『お花屋さんに救急箱』をご覧ください。

Novel 椹野道流
Illustration 黒沢要

※ブログ内のすべてのテキスト・画像等の転載転用を禁じます。

一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり