新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさんブログ一覧

2015/09/30

朝夕冷えてきたから、パン生地の発酵に少し時間がかかる。
いよいよ本格的に秋だな~。
これが冬になると、布団から出るのがつらくなるんだよね。
俺的にはあんま好きじゃないけど、パン生地的には、時間をかけてゆっくり発酵するから、夏場のコッペパンよりちょっと甘みが出て、いい季節な気がする。
このあたりは、毎日作って試食してる俺しかわかんない程度の違いかもだけど。
今日は、旅行で遠くから来たって人が、足を伸ばしてわざわざコッペパンを買いに来てくれた。
誰かが、SNSで俺のコッペパンを紹介してくれてたんだって。嬉しいな。
その場で食べて、「美味しい!」って言ってくれたけど、旅行でわざわざ時間を割いてきた、っていう味付けが加わってる可能性があるから、もっと頑張るぞー!

知彦

2015/09/29

朝のカンファレンスで、リハビリルームで行うプチ運動会の企画を発表して、みんなに賛成してもらい、競技をあれこれ考えた。
座ったままもできる玉入れや綱引き、スプーンを使ってのピンポン球リレーなどなど。
日頃のリハビリの成果を発揮してもらえそうな競技が、いくつも出てきた。
楽しくなりそうだ。
患者さんたちも、僕らが提示した競技を見て、どれに出ようかあれこれ思案している模様。
大野木先生が来られてから、こんな風に、みんなで一つのイベントを作り上げる機会が徐々に増えてきたようで、嬉しいな。
ただ楽しいだけじゃなく、先生は「このイベントはきちんと映像と写真を記録し、大学に報告書を提出する。活動をアピールしなくてはな」と仰っていた。
先生がだんだんやり手になっていかれるのは、もしや九条さんの影響かな……。

2015/09/28

季節の変わり目は、何故か妙に眠くなる。
俺だけではないようで、昼下がりになると、部下たちもあちこちで眠そうだ。
気温の変化に身体を慣らすため、体力を知らぬ間に削られているのだろうか。
だとしたら、我々よりも体力が落ちている患者さんたちは大丈夫だろうか……と心配になったりしていたのだが、さっき深谷が持って来た紙切れには、患者さんたちの希望で、リハビリルームでできるちょっとした「運動会」をやりたいという企画が綴られていた。
いいアイデアだ。予算をやりくりして、ちょっとした実用的な賞品などを用意すれば、さらに盛り上がるかもしれん。
とりあえずあるものを利用して、どんな競技ができるか、早急に会議を開いてアイデアを練ることにした。

九条

2015/09/26

おや、今年は庭木の剪定にチャレンジですか。
木の種類によって、剪定の時期や強度が違うので、不安だったらいつでも訊いてくださいね。
僕もわからないことは多いですが、調べる術がありますから。
先だっての連休で、うちの庭はずいぶん手入れが進みました。大野木先生も大いに手伝ってくださって、楽しい庭仕事でした。
やはりうちも剪定をしたり、混み合ったムスカリの球根を掘り起こして他の場所へ移したり、春に向けて新しい苗を植えたり。
ただし、先生は少し腰が痛くなったと仰っていましたが。
……勿論、念入りに揉んで差し上げましたよ。

2015/09/25

近所の人が、コッペパンを買いに来るついでに、れんげの種を一袋くれた。
今、種を撒くと、春にいっぱい咲くんだって。で、花が終わる頃に、そのまま土に混ぜ込むと、肥料代わりになってくれるんだってさー。凄いね!
庭にれんげの花が咲いたらきれいだろうな。
明日、庭の空き場所の土をちょっと耕して、れんげの種をばーっと景気よくまく予定。
九条さんちみたいに、庭の手入れをちゃんとやるって俺たちには無理だけど、時々テレビで園芸番組を見て、木の枝を切ったり、終わった花を切ったりしてるんだよ。
あと、液体肥料を水に溶かして、庭にまいたり。……えっと、主にやってくれてるの深谷さんだけど。
でも、何となく去年より、庭が青々してる気がするんだよねー。
やっぱ、少しでもお世話すると、いい感じになるのかな。

2015/09/24

一昨日、贅沢な食事をしたばかりなので、今夜の九条の生け花教室帰りの外食は、軽く住ませようということになった。
当然の流れで蕎麦屋に向かったのだが、タイミング悪く満席だった。で、つい隣のカレー屋に入ってしまったんだが、一つ二つトッピングを増やしただけで、ずいぶんとボリュームも値段も増すものだな。
何だかだ言って、さほど安上がりな食事でもなかったなと、九条と苦笑いした。
だが、連休はどこへも行かなかったのだし、このくらいの贅沢はよしとしようということになった。
店を出たら、夜風がヒュッと冷たくて驚いた。すっかり秋だな。
寄り添って歩くと、互いの体温が伝わって心地よい季節が来た……と、感じた。
同時に、そんな風に寄り添える相手がいる幸福も。

知彦

2015/09/23

わあ、素敵なお祝いの食事をなさったんですね……!
フレンチって、僕と遥君は二人きりではまだ行ったことがないんですよね。
行きたい?って遥君に訊いてみたら、「興味はあるけど、何かキンチョーする」という返事が。実は僕も……。
なんとかのなんとか風、みたいな料理の名前、よくわからないし、テーブルマナーにも自信がないし。
でも、「フランス料理の店のパンって、やっぱりフランスパンなのかな。美味しいのかな」という僕の独り言に、遥君の目が急に輝いてしまって。
とはいえレストランは敷居が高いので、まだ行ったことがないビストロをネットで探して、連休の締め括りの食事をすることに。
薄切りにしてカリカリに焼いたフランスパンに、牛の骨髄をローストした奴を塗りつけて、サラダと一緒に食べる驚きの料理に挑戦。
二人ともおっかなびっくりだったけど、リッチな美味しさでした。ワインも、思ったより安いし、グラスで飲めるのがたくさんあるし、ご機嫌な食事になりましたよ。

九条

2015/09/22

昨夜は遥君と深谷さんに誕生日前夜をお祝いしていただき、今夜は大野木先生に二人きりのお祝いの食事に誘っていただき。
何だか、修学旅行中の学生のように、ふわふわした心持ちでいます。
二人で同じ家からドレスアップして出掛けるというのは、何とも特別な感じがしますね。
日が暮れてから先生が連れていってくださったフレンチレストランは、小さくて家庭的で、それでいてとても洗練された料理を出してくれる素敵な店でした。
「特別な日くらい、少し気取ってみるか」と、大野木先生がとても照れながら、食前酒にグラスでシャンパンをオーダーしてくださって、とても特別な幸福感がありました。
デザートのお皿には、チョコレートで先生からのとても素敵なお祝いのメッセージも書かれていましたし……その文句は、僕だけの思い出として、胸にしまっておこうと思います。

2015/09/21

キャンプの後片付けをして、いつもならそのまま帰るんだけど、今日はレンタカーだから、色々寄り道。
小さなガラス工芸専門の美術館に立ち寄ったり、道の駅をいくつか巡ったり。
で、夕方にはお土産を抱えて兄ちゃんと九条さんの家に。
みんなで、九条さんのプレ誕生日パーティをした!
「この年になって、二日にわたってお祝いしていただくなんて」って九条さん、珍しく滅茶苦茶照れてたけど、嬉しそうだった。
兄ちゃんが張り切って、今夜は地鶏のすきやき! えー、鶏かあって一瞬ガッカリしてごめんなさい!って鶏肉に謝るくらい旨かった。
いいね、美味しい鶏肉のすき焼き。最後は卵でとじて、親子丼にして食べた。これまた最高だった……!
九条さんの誕生日祝いは、これから一年、毎月一回牧場から直送されてくる美味しいヨーグルトにした。今は形がないけど、試食したらヤバイ旨さだったから、楽しみにしててね!

2015/09/19

連休の初日なので、まずは昼までゆっくり寝た。
約束の庭仕事に取りかかる前に、時間を気にせずゆっくりシャワーを浴び、二人でブランチを作って食べる。
普段はなかなか持てない贅沢な時間だ。
俺には、レタスをちぎったり、パンケーキの生地を混ぜたりといったことが新鮮で楽しいが、九条は毎日なので、むしろ苦痛なのだろうか……とふと心配になる。
訊ねてみたら、九条は笑ってかぶりを振った。
自分ひとりで食べるときは適当にあり合わせにしてしまうが、ふたりで食べると思うと、作るところから既に楽しいそうだ。それはよかった。
口下手で、自分から話題を提供するのも苦手な俺が、食卓で楽しく話せるのは、九条のおかげだ。そんな俺との食卓をそこまで楽しみにしてくれていると思うと、申し訳ない気がするが……。

知彦

2015/09/18

仕事帰りに遥君と待ち合わせて、買い出しを済ませ、夕飯をささっとカレー屋で食べて、レンタカー屋に。
明日の夜明け前から、車でいつもより遠いキャンプ場に行くので、その準備。
帰宅して、遥君は荷造り、僕は食材の下ごしらえをしている。現地でも調達するけど、とりあえず初日分くらいは詰めていかなきゃね。不慮の事態への対策も大事。
「またキャンプか。物好きだな」って大野木先生は苦笑いしながらも、帰りには夕食を食べに寄れと言ってくださった。いつもながら、凄くありがたい……!
遥君、いつもは出したものを散らかしっぱなしなんだけど、キッチンだけはいつもピカピカにしてるし、キャンプの荷造りも凄く几帳面で上手なんだよね……。
何となくそういうところには、大野木先生と同じDNAを感じる。
ということは、大野木先生もご自宅では意外とダラダ……いや何でも。

2015/09/17

週末はキャンプ! 二泊三日しても、まだ家でのんびりする日が取れる! 連休って凄いな。嬉しいな。
あっ、そうか。九条さんの誕生日、今年は連休中なんだね。
俺たち、キャンプから帰ってくるのが誕生日の前日だから、その日に俺たちからのお祝いをさせてよ。
キャンプ先で、何か素敵なものを見つけてくる!
っていっても子供じゃないから、虫とか石とかキノコとかじゃないよ? キャンプ場の近くにでっかい道の駅と牧場があるんだって。
何かちょっとゴージャスに美味しいものが見つけられる予感。楽しみにしててね!

九条

2015/09/16

自分の誕生日を、誰かが覚えてくれているというのは嬉しいものですね。
先生と出会うまでは、誕生日なんてもう何もめでたくないと思っていたんですが、今は素直に、誕生日があってよかったなと思います。
思いきってリクエストした図鑑も、「欲しいものを正直に教えてくれてよかった」と言っていただけて、ホッとしました。
幼い頃から憧れていたものなのですが、あまりにも高いので、ずっと二の足を踏んでいて。
やはり店で扱う植物が載った本を優先してしまって、世界の珍奇な植物を集めた図鑑というのは、趣味だから後回しということになってしまうのですよね。
でも、先生もネットで表紙を見て「面白そうだ」と仰っていたので、二人で眺める楽しみが生まれそうです。ふふ、二重に楽しみですね。誕生日、最高です。

2015/09/15

ちょうど一週間後が九条の誕生日なので、フレンチレストランに予約を入れた。
初めての店だが、俺が尊敬するドクターのお勧めなので、間違いはないだろう。
プレゼントも、俺はサプライズを仕掛けるほどセンスがないので、夕食のとき、何がほしいかストレートに訊ねた。
いつもは「何でもいい」と言う九条が珍しく希望したのは、外国の植物図鑑だった。
しかし「高いんですよ」と恐縮するので調べてみたら、なるほど、なかなか値が張る。
しかし、医学書に比べればどうということはないし、そもそも滅多にものを欲しがらない九条なので、そのくらいの贈り物はさせてほしい。
そう言ったら、「あなたのことなら、常時欲しがっていますけどね」とにっこりされて、本当に困る……。「知っている」以外に何と言えばいいんだろう。

知彦

2015/09/14

連休が控えているので、何となく職場のみんなも、一時帰宅できる患者さんたちも、どこかソワソワしている。
何だかこういう明るい雰囲気って好きだ。リハビリ中の話題も、旅行のことが自然と多くなる。
旅行中、こういうことがしたいって患者さんに言われると、じゃあ、この動作をもうちょっと今週は頑張りましょうねって、こっちも具体的な提案ができていい感じ。
あんまり休みすぎると、身体が鈍ってしまって仕事に戻るのがつらいってマイナス面もあるけど、やっぱり休みが少しまとまってると、思いきったことができて嬉しいよね。
遥君と僕も、連休が待ちきれなくてウズウズしている。
夏休みはちょっと暑さに負けて抑えめになっちゃった感じがするので、秋は思いきり身体を動かして楽しみたいな。

2015/09/13

昨夜、布団の中で深谷さんと、「明日晴れてたら何しよう」って色々アイデアを出し合って、そのせいで夜更かししちゃって、起きたらもはや昼だった。
なんだよー! 昨夜の相談、ほとんど意味ないじゃん!
でも、よく寝てスッキリはした……。それが余計腹立つ!
自分自身にプンスカ怒ってたら、深谷さんが笑いながら、「選択肢が減って、決定が楽になったじゃないか」って。
深谷さんってホント、物事のいい面を探すのが上手だよなあ。感心しちゃった。
で、ちょっと遠いけど評判の、新しくできた天然酵母のパン屋さんに行ってでっかい丸パンを買って、いつも行かない高級なスーパーに行ってスモークサーモンとかパストラミビーフとかチーズとか野菜を買って、家に帰ってから、二人で超豪華なサンドイッチを作って食べた!
ぜいたくしたな~! で、すっかりハッピーな日曜に。寝坊して、結果的にはよかったかも。俺も、ちょっと深谷さんを見習おうっと。

九条

2015/09/11

まったく、先生は何を仰るやら。
先生ほど「値打ちの塊」のような方はいらっしゃいませんよ。
涼しげな容姿、身体の一部のような眼鏡、すらりとした、けれど骨格のしっかりした身体、神経質と厳しさと優しさが同居した性格、高からず低からずの声、笑顔の可愛らしさ、指の形、ああ、上げればきりがありません。
何もかもが僕の好みにピッタリです。
先生に出会えて、先生に想っていただいていることが、僕の人生最大の好運であり、喜びであるのですから、そんな情けないことは仰らないでください。
はあ、僕が今どれだけ幸せか、もっと的確に表現できる言葉があればいいのですが。

2015/09/10

九条の生け花教室が再開したので、久しぶりに仕事終わりに街中で待ち合わせた。
いつも同じ家で暮らしているせいか、待ち合わせというのがやけに新鮮で、妙にドギマギする。
というか、カフェで本を読んで待っている九条が、何故か俺が店の前を通り掛かっただけで気付いて顔を上げ、手を振るのが不思議でならない。
「僕には、あなただけに反応するセンサーがついていますから。当然ですよ」とさも当たり前のように断言するのも実に何というか、うっすらとした恐ろしささえ感じる。
とはいえ、そんな風に想われているというのは、幸せなことだな。
自分自身にそこまでの値打ちを見いだせないから、余計にそう思う。

知彦

2015/09/09

今日は九条さんが遠くまで仕入れに行くので、お弁当がない……とのことで、大野木先生に誘われて、昼は定食屋へ。
日替わりが大盛りで有名な店なので、先生は席に着くなり「ご飯はなしで!」ときっぱりオーダーしていた。
それでも、大きな唐揚げが山になっていて、先生だけでなく僕も四苦八苦。
でも、揚げたてでさくさくジューシーで、美味しかったなあ……!
夜もやってたら遥君を連れてきてあげたいんだけど、営業は昼だけ、週末は休みなんだって。残念。
でも、平日に休みが取れた日に、きっと連れていこう。遥君、でっかい目をキラキラさせて喜びそうだ。想像しただけで、僕が早くも笑顔になってしまった。

2015/09/08

あっ、うちの庭でも何かがりーんりーんって言ってるよ!
あれ、バッタみたいな虫が、羽根を擦り合わせて音を立ててるんだよって、昔教わった気がするけど……それにしちゃ、でっかい音だよね。
深谷さんと相談して、来週いっぱいで今年のアイスクリンはおしまいにしようって決めた。
アイスクリンの販売を終えるとなると、いよいよ秋が来るって感じがするなあ。
秋の限定コッペパンは、さつまいもで作ったゆるめのペーストと小倉あん、お好みでホイップ、っていうおやつ系。
秋っていえば、単純だけどやっぱ芋だよね! 栗も使いたいけど、原価が高いからな~。
コッペパンは子供が買える値段にしたいから、やっぱ、高い食材は使えないジレンマがあるよね。俺が言う「高い」って、そう大したことはないんだけどさ。

九条

2015/09/07

まだまだ日中は蒸しますが、朝夕は涼しくなりましたね。
さっき気付いたのですが、夜に窓を開けていると、外から秋の虫の声が聞こえるようになりました。
リフォームをして庭を充実させたので、こんな街中でも、虫がやってきて、住み着いてくれたのでしょうか。
声を出すと虫が黙ってしまうでしょうから、手招きで大野木先生をお呼びして、二人で窓際で虫の音を聞きました。
虫の声も、とても涼やかでよかったのですが……。
何より、最初は訝しそうだった先生の顔が、事情を把握して柔らかく解れていくさまが、とても素敵でした。

2015/09/05

シルバーウイークにどこかへ行くなら、もう手配しておかないと間に合わないぞと九条に言ったところ、夏の疲れを癒すべく、自宅でゆっくりしたい、いや秋植えの球根や苗を揃えて、庭の手入れをしたい、との答えだった。
なるほど。確かにそれは必要な時間だ。
九条と暮らすようになって痛感したが、美しい庭は、不断の努力によって維持されているんだな。
九条の作る庭は、敢えてボーダーをきっちり設定せず、色々な花が雑然と好きな場所で咲いているように見えるのだが、それとて、それぞれの植物の茂り具合や育ちやすい場所を吟味した末の自由なので、無計画というわけではないのだ。
部下との付き合い方もそうかもしれん……と考えていたら、「難しいお顔ですね。何か悩みごとでも?」と心配されてしまった。
いかん、オンオフの区切りはしっかりつけねば。

知彦

2015/09/04

もう、来年のカレンダーの話ですか!
いや、でも考えてみたら、今年もあと4ヶ月なんですね。あっと言う間だなあ。
まだ秋って実感はありませんが、朝夕が涼しくなったり、日の出がちょっとずつ遅くなったり、確かに秋は近づいてきているんでしょうね。
遥君は、パン生地の発酵具合で、僕よりずっと早く季節の移り変わりを感じてるみたいです。
僕はといえば、遥君が夜、タオルケットを跳ね散らかさなくなって、寝相がほんの少し大人しくなったら、ああ、夏が終わろうとしてるんだなあ……と、毎年実感する流れです。
昨夜はまだ廊下まで転がっていってましたから、秋はまだそこそこ遠くにいるのかなあ。

九条

2015/09/03

もう、来年の予定をあれこれと決めなくてはいけない時期なんだなぁ、と。
仕事の予定をカレンダーに書き込むとき、すでに来年版が必要な感じになってきました。
一年間見続けるものですから、カレンダーにはそれなりのこだわりを持って選んでいます。
実用面では、ホワイトボードのように書いたり消したりできるものがいいのですが、気持ちの上では、イギリスの園芸雑誌に毎年ついてくる、美しいあちらの花の写真を散りばめたカレンダーを飾りたくて……。
結局、毎年、必要もないのに二つも並べてかけています。
大野木先生は、いつも仕事の関係でノベルティとして貰う卓上カレンダーで、職場の用は済ませているそうです。
わりとそういう身の回りの品にはこだわりが強い方だと思っていたので、少し驚きました。
そうしたら、少し恥ずかしそうに、「気に入ったものだと、勿体なくて書き込めないじゃないか」と……! なるほど……! とても先生らしい理由で、ほっこりしました。

2015/09/02

兄ちゃん、その節は、お世話になりましたーッ。
いつぞやは、朝顔の観察日記も兄ちゃんに捏造してもらったっけ。
その頃に九条さんがいたら、思いきり「めっ」ってされてたんだなあ、俺。
でも、ああいう宿題とかってさ。特に読書感想文とかって、なんか困らない?
読書って結局、面白いか面白くないか、でしょ。
面白かった話は「楽しかった!」でいいし、面白くなかった奴は、「途中でやめた」でいいと思うんだよ、俺。
登場人物の気持ちとか、物語を読んで得られたこととか、どうでもいいよ。
そういうの、他の人が読んで同じように感じるとは限らないし、俺、他の人にそういう細かいこと言いたくない……って、子供の頃、思ってたんじゃないかな。
そう言ったら、深谷さん、妙に感心したような顔で、「遥君の話は何だか哲学的だね」だって。哲学的! 俺、すっげー賢くなった気分。深谷さんはほめ上手だな~。

2015/09/01

最近では、小学生や中学生の宿題の代行業もあるそうだぞ。
まったく、金さえ払えば何でも他人にしてもらえるなどと、子供の頃に高を括ってしまっては、ろくな大人にならん気がするがな。
まあ、他人の教育方針に口を出す気はないが、俺が親なら、そんな手段は絶対に許さん……と九条に言ったら、九条もいつになく険しい顔で頷き、「そもそも、家族が手伝うのもダメですよ。怠けたら、ツケは自分ですべて払うべきです。甘やかしてしまっては何にもなりません」と言い放っていた。
九条の奴、意外と手厳しいな……。
実は遥の夏休みの宿題を毎年手伝っていたので、どうにも後ろめたく、大いに口ごもった次第だ。

■このブログは

大野木甫
医師の大野木甫
九条夕焼
フラワーショップ店主の九条夕焼
大野木遥
甫の弟でコッペパン専門店店主の大野木遥
深谷知彦
甫の部下で理学療法士の深谷知彦

仕事人である彼らが、昼休みに綴ります。
だから平日12:00頃更新。土日祝日はお休みです(ときどき休日出勤あり…)。

それぞれの恋模様は『お医者さんにガーベラ』『お花屋さんに救急箱』をご覧ください。

Novel 椹野道流
Illustration 黒沢要

※ブログ内のすべてのテキスト・画像等の転載転用を禁じます。

一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり