新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさんブログ一覧

2016/12/31

朝から、九条はおせちと年越しのご馳走の準備をしてくれている。
俺は、家じゅうに掃除機を掛けて、窓ガラスを拭いた。
けっこう腕が疲れるが、自分たちの終の棲家だと思うと、頑張れるから不思議なものだ。
昼飯だと呼ばれて家に入ったら、九条が「おせちに使う野菜やかまぼこの端っこを使いました」と笑いながら、しっぽくうどんにたっぷりおろし生姜を添えて出してくれた。
以前、年末年始は贅沢をし過ぎて身体が重い、と言ったのを覚えていてくれたのだろう。
「二人でささっと食べる食事は、これくらい軽くしましょうね」と気遣ってくれるのが、とてもありがたい。
とはいえ……夜に紅白を見ながら食べる年越しのご馳走も、二人でそうして穏やかに過ごす時間も、とても楽しみだ。
午後からの外掃除も頑張ろう、と思える。

2016/12/30

正月飾りは大晦日じゃダメなんだった!って思い出して、深谷さんと大慌てで買いに行った。
注連縄と、あとなんだっけ……注連縄のミニチュアみたいな奴。中に小さい餅が詰まってるタイプの鏡餅も、一緒に買ってきたよ。
店の表に、深谷さんが注連縄をかけてくれて、急に正月気分が盛り上がった。
でもって、元日は夕方から兄ちゃんちに行くから、お年賀のお菓子も買ってきた。
みんなでテレビ見ながら一緒に食べられるように、色んなお菓子が詰まってる奴。
夜に四人であーでもないこーでもないって言いながら「格付けチェック」見るの、すっげー楽しいんだよね~。
九条さんが、「お泊まり前提で支度をしていますからね」って言ってくれたの、俺がいつもソファーで寝ちゃうからだよね。居心地いいんだよね、兄ちゃんち。

知彦

2016/12/29

本日は仕事納め。
午前中は普通に仕事をして、昼は医局費でみんなで美味しいお寿司を食べて、自分の机周りを片付けたら自由解散。
年末の挨拶をして、じゃあって三々五々帰っていくのは、いかにも年末らしい。
僕も片付けを終えて、みんなに挨拶をしてから、大野木先生の部屋へお邪魔した。
先生も、部屋の片付けの最中で、手伝いましょうかと言ったんだけど、サラリと断られてしまった。
帰宅したら、遥君はまだ店を開けていたから、一緒に店番。冬休み、これから友達の家に集まるからとおやつ用の揚げパンを買いに来たくだんの女子高生たちにも会った。
「あー! 噂の彼氏! 思ってたよりはかっこいい!」って言ってもらった。
その……うん、なんか、どう思われてたのか若干不安だけど、ありがとうね。

九条

2016/12/28

仕入れの関係で、僕は今日で仕事納めです。
売り切ってしまわないといけないので、生花は少し安くしましたし、お正月用のお花セットや、ちょっとしたアレンジメントもよく売れました。
ありがたいことに、閉店時間を待たずに店が空っぽになったので、年末のご挨拶と年始の営業開始日を書いたポスターを表に貼って、戸締まりを。
おかげで、先生がお帰りになるまでに、店の掃除も綺麗に済ませることができました。
先生は明日までお仕事ですから、明日はひとりでのんびり、お正月の食材の買い足しに行きましょうかね。
何でも値上がりしてしまうのは頭が痛いところですが、お正月ならではの食材をスーパーで見ると、心がウキウキします。
明日は、お餅をたくさん買いますよ!

2016/12/27

患者に、「よいお年を」と言われることが多くなった。
同じ挨拶を返していると、いよいよ年末だなと感じる。
家で夕食中、「そういえばお前とは、よいお年をと言い合う関係をすっ飛ばして一緒に暮らすことになってしまったな」と言ったら、「おやおや、また惜しいやりとりをミスしましたね」と笑っていた。
しかし、「共にいい年を迎えよう」と言えるのは、「よいお年を」と言うよりもっといい。
そう言ったら、九条は嬉しそうに同意してくれた。
来年も、二人でいい年にしよう。

2016/12/26

お正月用にパンを冷凍しておきたいから……って予約がちょいちょい入って、ハーフサイズの何も挟んでないコッペパンがよく売れる。
解凍して軽く焼いて、おせちを洋風リメイクした奴を挟むと美味しいんだってさ。
何だか楽しそうだな~、それ。訪ねてきた孫も喜ぶって。
年が明けたら、どんな風に食べたか、お客さんに聞いてみようっと。
そんなこんなで忙しすぎて、晩飯食べたらダメだーって思いつつも、こたつで寝ちゃった。
いつも目が覚めたら、深谷さんが布団に入れてくれてるんだよね。悪いことしたって思う一方で、何だかそういうの、嬉しいんだよなあ。

九条

2016/12/24

クリスマスディナーのために鶏のもも肉を昨夜からタレに付け込んでおいて、オーブンで焼き上げ、仕上げにフライパンでタレを絡めて照焼に。
最初は「ローストチキンじゃなくて、照焼か……」と少しだけ物足りない心持ちだったのですが、次第に抗えない感じの香ばしい匂いが漂ってきて、テーブルセッティングをしてくださっていた大野木先生まで、「いい匂いだな」と偵察に来られたほどでした。
勢い余ってフライドチキンとフライドポテトまで作り、いくら何でも子供っぽすぎるメニューだろうかと心配になりましたが、皆さん、とても喜んでくださってよかったです。
何より、骨付き肉を手づかみで頬張っておられる大野木先生には、いつもと違うワイルドな魅力が……と言いたいところですが、まるでリスのように両手で大事そうに鶏肉を持って一生懸命齧っておられて、たまらなく可愛かったです。
明日は二人で美術館デートの約束ですし、今年のクリスマスもとても充実していますね。

2016/12/23

明日はクリスマスイブだねー!
常連の女子高生たちに、「クリスマスケーキくらい作れねーの?」って言われて、なんか悔しいな~!
いや、俺はパン屋だから、別にケーキは焼けなくてもいいんだけどさ!
今年は12月に入ってから大口の注文がいくつかあったから、バタバタして余計なことができなかったけど、パネトーネって奴には興味ある。
ドライフルーツが山ほど入ったイタリアのクリスマス用のパンなんだって。
とりあえず出来合の奴を、深谷さんが買ってきてくれた!
さっそく食後に食べてみたら……うーん、パンとケーキの間くらい?
ドライフルーツがたっぷりで、いい香り。俺は、軽く焼いてバターをつけて食べるのが気に入った!
調べたら、特別な酵母を使わなきゃ本物じゃないんだって。むー、いきなりハードルが高いな。ちょっと勉強してみよっと。

知彦

2016/12/22

今朝は、いつものように遥君の仕事を手伝ったものの、いつもとは違う作業に四苦八苦。
いつもコッペパンを納品している幼稚園からドーナツを作ってもらえないかって依頼をもらって、ドーナツ120個を届けることになったんだそうだ。
遥君がこねて伸ばした生地を、僕が抜き型を使って抜いてからどんどん揚げていくんだけど、慣れないものだからもう大変。
僕らの朝食に回された可哀想な奴もけっこうできてしまったものの、中盤以降はどうにかさまになったような気がする。
淡いピンク色の砂糖をまぶして、可愛いドーナツができた。
今頃、子供たち食べてるかな、喜んでくれるといいな……って、仕事の合間に時計を見て、ふとそんな想像をしてしまう。
帰って、遥君から話を聞くのが楽しみだな!

2016/12/21

リハビリルームにクリスマスツリーがあって、スタッフや患者さんが手作りしたオーナメントがたくさん飾り付けられている。
今日、入院中は暇だからと雪だるまの小さな編みぐるみを作ってきてくれた若い女性患者と、お礼がてら短い会話をした。
義足の訓練は順調だが、病院内ですら奇異の眼差しを感じるから、退院後、街に出るのが怖い。先生にはそんな気持ちはわかるまい……と言われた。
幼い頃から目が悪くて、幼稚園児の頃に眼鏡をかける羽目になった。そのとき、皆にジロジロ見られて外に出るのが嫌になった。だから、少しはわかると答えたら、彼女は驚いたようだった。
失われた機能をカバーするという意味では、眼鏡も義足も同じだ。眼鏡がそうであるように、義足もできるだけ近い将来、似合うとかかっこいいとか、気軽に褒められる社会になればいいと思う。
いや、俺にそんなことを言うのは、九条だけだが。

2016/12/20

今日、常連のお客さんから、柚子を貰った。
そっか、明日は冬至か~。かぼちゃを食べる日だね!
ホントは明日の夜だけど、いい匂いがして我慢できなかったから、夜、柚子湯にして入っちゃった。
お湯の中に柚子を浮かべるだけでいい匂い。
だけど、深谷さんと一緒に入ると、すっげー握力で柚子をぎゅーっと揉んでくれるから、さらに匂いが強くなって、二人でくんくんしちゃった。
風呂上がりも、何となく身体からほんわり柚子の香りがして、いい気持ち。
柚子はあと二つあるから、明日も柚子湯にしよう。
さらに明日は、深谷さんがかぼちゃたっぷりのほうとうを作ってくれるって。楽しみ!

九条

2016/12/19

クリスマスが近くなると、必ず「プロポーズに使いたいので、指輪を花束やアレンジメントの中に潜ませてほしい」というご依頼が数件あります。
そういうドラマのようなプロポーズは、上手く行くととても盛り上がることでしょうが、失敗したときの気まずさはきっと耐えがたいほどですよ……と言いたいのですが、そこはビジネス、ぐっと言葉を飲み込み、少しでもお役に立てるようベストを尽くすことにしています。
今日も、指輪をアタッチできる、小さなアレンジメントのご予約をいただきました。
23日の夜に、プロポーズを決行なさるそうです。
翌日、素敵なイブを過ごせるよう、祈らずにはいられません。
帰宅なさった大野木先生に、夕食の席でそのお話をしたところ、「俺はそんな蛮勇をふるう間もなく、お前に雨あられのように口説かれて、ラッキーだったな」としみじみ呟かれました。
それは先生が素敵だからですよ。でも、先生に蛮勇をふるって口説いていただくチャンスを逃したのは、かなり残念です。惜しいことをしました。

知彦

2016/12/17

以前、猫を引き取ってくださったお婆さんの家に、年末の大掃除を手伝いに出掛けた。
掃除を手伝うと前もって言うと、何故か僕らを迎えるために家を綺麗にしなきゃいけないと張り切ってしまうようなので、変な感じだけど不意打ちで!
障子の張り替えと拭き掃除、それに粗大ゴミをまとめるところまでやった。
遥君は途中で飽きて猫と遊んでいたけれど、まあ、そのあたりは予想どおりだ。
猫も、久しぶりに激しく遊んでもらって、いい運動になっただろう。
お婆さんが、夕食にちらし寿司を作ってくださって、三人で賑やかに食べた。
疲れたけど、楽しかったな~。猫は、疲れて倒れていた。
帰るなり、遥君も猫と同じポーズで茶の間で寝ちゃって、結局、僕が布団まで連れていくことに……。でっかい猫だなあ。

2016/12/16

仕事を定時で切り上げ、九条とコンサートに行った。
クラシック音楽のコンサートはあまり経験がないし、俺はそもそもクラシック音楽のファンというわけでもないんだが、九条が行けなくなった知人からチケットを譲ってもらったのだそうだ。
正直を言うと、あまり気が進まなかったんだが、行ってみたら、席は座り心地がいいし、音響もいい、そして音楽もわからないながらも耳に心地よかった。
途中、うつらうつらしてしまったのは失態だが、九条が「眠くなるのも、いい音楽である証拠ですよ」とやけにきっぱり断言していたので、そういうものなんだろう、と思うことにする。
帰りに立ち食いのビストロで軽くワインを二杯ずつ、それから軽めの料理をシェアして食べた。
年の瀬の何かと慌ただしいときに、こういう時間を持つのはいいことだ。
久しぶりに、九条のスーツ姿を見られたのもよかった。

2016/12/15

保育園のクリスマス会、行ってきたよ!
俺は生クリームと苺を挟んだミニコッペパンをお土産に持っていったんだけど、他にも色んなお菓子やドーナツがあって、みんなでクリスマスソングを歌って、何だか凄く楽しかった。
俺だけ浮いちゃうんじゃないかと心配してたのに、全然そんなことなかった。
はっ。まさか俺、頭の中が幼児レベル……いや、それはない、ないよね!
プレゼント交換は、みんなで輪になって、歌を歌いながらプレゼントの包みを順番に送っていって、歌が終わったときに持ってた奴をもらうシステム。
俺の作ったミニミニ多肉寄せ植え、当たった女の子がすっげー喜んでくれてよかった!
「かいじゅうの木」だって。確かに、多肉ってちょっとモンスターっぽい。
俺は、キャンデーで作った首飾りをもらったよ。
可愛いから、食べる前にしばらく飾っとこうっと。

九条

2016/12/14

今年はイブが土曜日ですから、四人で集まるにはベストの日ですね。
カップルのクリスマスは翌日ということで。
四人揃うと手巻き寿司かお鍋ですが、さすがにクリスマスまでそれはどうかと思うので、ここはクリスマスらしく、ローストチキンを焼こうかと。
そうしたら先生が、「いや、ちゃんとしたローストチキンもいいが、俺は……その」と妙に口ごもられるので、何かと思いきや、兄弟そろって「骨付き鶏もも肉の照焼」が大好きなのだと打ち明けてくださいました。
おやおや。僕も、それは大好きですよ。というか、子供にとっては夢のご馳走の姿ですよね。骨付きの肉というのは。
ではそれをメインに、ちょっとカジュアルダウンしたクリスマスのご馳走を考えましょうか。
むしろ僕も旅行と同じく、こういう段取りを考えているときがとても楽しいんです。

知彦

2016/12/13

仕事中、患者さんに「クリスマスはどうするの?」と訊ねられた。
理学療法士の仕事のスタイルは色々で、患者さんとの距離の取り方も、おおむね個人の判断に委ねられている。
勿論、患者さんに手を出すなんてことは論外だけれど、プライベートな質問には一切答えない人も、多少はその手の会話に応じる人もいる。
僕は普段、プライバシーはまったく語らないほうなんだけど、クリスマスの話くらいはいいか、と思って、「家族とパーティです」って答えた。
嘘じゃないものね。でも何だか「家族」って言うとき、凄くくすぐったかったなあ。

2016/12/12

蟹といえば、やはり初の北陸新幹線に乗って北陸ルートだろうか……と、昼休み、深谷と昼飯を食べながら話し合った。
旅行というのは、無論、出発してからがいちばん楽しいはずだが、計画を立てる過程も、同じくらい楽しいものだ。
九条と出会う前は、こんな風にかけがえのない人たちと旅を楽しむ人生など、想像だにしなかった。
そう言ったら、深谷が心配そうな顔で「その中に僕は入っているのでしょうか」と今さら言うので、思わず頭を軽く小突いてやった。
まったく、奥ゆかしい奴だ。そこが美点でもあり、欠点でもあり。

九条

2016/12/10

お昼前に遥君が来たので、二人で、四人ではできないことをしました。
パクチー祭りです。
大野木先生と深谷さんがパクチーが大の苦手なので、普段は食卓に出せないのですが、僕と遥君はけっこう好きなことが先日の電話でわかったので、ランチにパクチーをどっさり食べることにしました。
フォーや生春巻きを作って、これでもかというほどパクチーを添えて、大満足のランチになりましたよ。
それから、小さな多肉たちを使って、手のひらに載るほど小さな寄せ植えをいくつか作りました。
ちまちました作業ですが、没頭するととても楽しいものです。
夕方に、お二人が勉強会から戻られたので、一服してから、四人で夕食に出ました。
また一緒に旅行に行こう、という話に。蟹と温泉なんて、素敵ですねえ。

2016/12/09

あ、兄ちゃんずるい! でもまあ、しょうがないか。
俺は明日、九条さんにやり方を教えてもらうんだ。
兄ちゃんと深谷さんは明日、勉強会で出掛けるらしい。
寄せ植え作りの前に、二人で美味しいランチでも食べましょうって九条さんが笑ってた。
兄ちゃんのことが好きすぎて時々ビックリするけど、あと、深すぎて底が見えない池みたいなとこあるけど、九条さん、優しいなーっていつも思う。
相手がしたいこととか、してほしいと思ってることとか、すぐに気がついちゃうんだよね。
前に、なんで?って訊いたら、「やっぱり、言葉を喋らない花の相手ばかりしているからですかね」って。そっか!
俺も、言葉を喋らないパン生地の相手ばっかりしてるんだけど……パン生地のことも人のことも、まだまだわかんないなあ……。
もっとがんばろ。

2016/12/08

九条が、遥にどんな寄せ植えを作らせてやろうかと、あれこれ考えているようだ。
何故そんなにたくさん、売り物にならない多肉植物があるのかと訊ねたら、わりに新芽が出やすい植物らしいな。
寄せ植えにするときに形を整えるから、そのときに小さな芽を分け、小さな鉢で育てているのだそうだ。
なるほど。
外食から帰って、あれこれ見せてもらっていたら、興味が湧いて、一足先に、俺が寄せ植えを作ってみた。
しかし、なかなか難しい。
多肉というのはそれぞれ形がユニークだからこそ、取り合わせに悩むものだな。
しかし、なかなか楽しかった。気に入ったので、リビングルームに飾ることにした。

知彦

2016/12/07

遥君がさっそく九条さんに電話して、売り物にならないような多肉で寄せ植えを作らせてもらう約束を取り付けている。
フットワーク軽いな~。
でも、多肉なら小さな子供でも上手に世話できるかもしれないね。
長く可愛がってもらえるプレゼントとしては、凄く素敵かも。
九条さんと大野木先生のお宅にお邪魔すると、いつも家のあちこちにちょっとした花が飾られていて、とてもいいなと思って帰ってくる。
でも、実際、花を買ってきて飾るとなると、なかなかハードルが高くて実行できずにいるんだよね……。

九条

2016/12/06

保育園のクリスマス会なんて、楽しそうですね。
手作りのもの……それなら、ここのところ遥君が練習している、パンフラワーなど如何でしょうか。
長く飾れますし、可愛いですし。
ああでも、子供たちが齧ってみたくなってしまうかもしれませんねえ。
それはちょっと困るかな。
うちにはサンプルでいただいたプリザーブドフラワーやクリスマスアレンジメント用の小さな飾りなんかもありますから、お使いになるようでしたら声をかけてくださいね。
僕は、クリスマス用の小さな鉢に、今年は試しに多肉の寄せ植えを作ってみたら、飛ぶように売れて驚いています。
多肉が流行っているというのは本当だったんですねえ……。
ああ、多肉の小さいのも色々ありますよ。よければどうぞ。

2016/12/05

今朝、店を開ける前にいつもの保育園にミニコッペを納品しに行ったら、園児お手製の超カワイイ招待状をもらっちゃった。
おいしいコッペパンのお礼に、クリスマスパーティにご招待してくれるんだってさ。
「大したことはしないので、お時間の都合がつかなければ無理はしないで」って先生は笑って言ってたけど、そりゃ行くよー!
1時間くらい、お店を閉めさせてもらって行くよ~。
せっかくのご招待だもん、すっごく楽しみ。
みんなでクリスマスソングを歌ったり、プレゼント交換したりするんだって。
プレゼントは手作りのものに限るらしいんだけど、何作っていこうかなあ……。

知彦

2016/12/03

去年までやったことがなかったんだけど、一昨日、遥君と夜に街に出たとき見つけたものを、今年は「遥屋」に飾ってみることに。
窓ガラスに貼り付ける、透明でカラフル、しかもちょっとぷよっとした立体的なステッカーだ。
しっかり貼れるのに綺麗に剥がせるそうだから、店のガラスケースにぺたぺたと二人で貼り付けた。
クリスマスツリーとサンタクロースとトナカイとそり。
ベタな題材だけど、引き戸が大きいからけっこう映える。
大人にはちょっと子供っぽすぎるかも。でも、子供は喜んでくれそうだ。
子供……いや、遥君も凄く喜んでいた。
やっと、クリスマスっぽい気分が出てきたみたいだ。そのうち、店で被る用に、サンタ帽を買ってきてあげようかな。
遥君、凄く似合いそうだ。とりあえず、僕が見たい。

九条

2016/12/02

ああ、あのイルミネーション、僕たちも何だかだ言って、毎年見に行っています。
昨日は初日で人が多すぎて諦めましたが、来週あたり、先生をお誘いしてみましょうか。
去年、ブルーと金色の灯りがあまりにも幻想的で感動していたら、先生が「LED技術の賜だな」と真顔で仰ったので、何だか可笑しくなったことをまだ覚えています。
どんなときでも冷静な先生がたまらなく好きですが、やはり今年はロマンチックな感想を伺ってみたいものですね。
とはいえ僕も、ポインセチアなど仕入れておきながら、まだクリスマス気分にはなりきれていない感があります。

2016/12/01

今日から12月!
毎年思うけど、秋くらいから、一日20時間くらいになってない?
誰かに上手に誤魔化されてない?
それか、一ヶ月が25日くらいになってない?
いくら何でも、時間が経つのが速すぎる気がするんだよね~。
店に今年も小さなツリーを飾って、体裁だけはクリスマスっぽくしたけど、気持ち的にはまだ11月のままって感じ。
街に出たら、クリスマス気分も盛り上がるかな。
ってな理由をつけて、深谷さんを仕事終わりにデートに誘ってみた。
「何だよそれ」って笑いながら、オッケーしてくれたよ。やったー!
今日から、駅前でちょっとした街路樹のイルミネーションが始まってるんだって。
やっぱ、デートといえばそこは外せない! 兄ちゃんたちも行ってみれば?

■このブログは

大野木甫
医師の大野木甫
九条夕焼
フラワーショップ店主の九条夕焼
大野木遥
甫の弟でコッペパン専門店店主の大野木遥
深谷知彦
甫の部下で理学療法士の深谷知彦

仕事人である彼らが、昼休みに綴ります。
だから平日12:00頃更新。土日祝日はお休みです(ときどき休日出勤あり…)。

それぞれの恋模様は『お医者さんにガーベラ』『お花屋さんに救急箱』をご覧ください。

Novel 椹野道流
Illustration 黒沢要

※ブログ内のすべてのテキスト・画像等の転載転用を禁じます。

一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり