新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

お医者さんにガーベラ

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

つけこんで、僕のすべてをあなたに捧げます

自他共に厳しい医師の甫は、溺愛する弟と恋人になった部下の仲を見せつけられ、やけ酒で泥酔した。路上で寝込んだところを生花店店主の九条に拾われた甫は、「あなたを慰め、甘やかす権利を僕にください」と笑顔で押し切られ、添い寝までされてしまう。かいがいしく世話をされ、真っ直ぐ好意を告げる九条の優しい手に癒される甫。それでも己の寂しさ、弱さを認めまいとするが…。

立ち読み

「わかりました。……何もかも、あなたのお望みのままに。でも、一応、確かめておきましょうか」
「確かめる?」
  思わぬ言葉に顔を上げた甫は、急に近づいてきた九条の顔に驚いて目を見張った。しかし、彼の意図を悟ると、そっと目を伏せる。
  それに誘われるように、九条は甫に口づけた。いつもムスッと引き結んだ甫の唇に、何度か触れるだけのキスを繰り返し、それから催促するように舌先でくすぐる。
「……んっ……」
  躊躇いがちに開いた唇から舌を差し込んでも、甫は拒まなかった。自分の舌でぎこちなく応じようとする甫の不器用さが、九条を喜ばせる。
  九条の片腕はずっと甫の背中を抱いていたが、ここにきてようやく、甫の手がいかにも怖々、九条の背に回された。
「……なるほど。本当に大丈夫みたいですね。よかった」
  甫の舌を十分に味わってから、九条は唇をほんのわずか離し、安堵と喜びの滲んだ声で囁いた。
「俺は……嘘はつかん」
  長いキスで涙目になりながらも、甫は羞恥をごまかそうと凄んでみせる。年上とは思えないその意外な可愛らしさに、九条は思わず甫をギュッと抱き締め、そして赤らんだままの耳元で囁いた。
「では本格的に、僕の権利を行使させていただきます。あなたが音を上げるまで、慰めて甘やかして差し上げますから……上へ行きましょうか」
  九条の首筋に顔を埋めたままで頷いた甫の頬は、焼けるように熱かった……。

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり