新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

欲望の犬

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2006/12/25
    ISBN:
    978-4-8296-5457-6
書籍紹介

無理やり注ぎ込まれる愉悦は、甘い毒だ。

地方検事の水上は、雨の中拾ってきた哲哉と獣じみたセックスをしてしまい、そのまま家に居着かれてしまう。愛されていると錯覚するほど水上を欲しがって抱くくせに、いくら躰を繋げても哲哉は素性を明かそうとしなくて、水上は自分だけが振り回されている気がしてならない。以前会ったことがあると仄めかされても、詳しくなるのは躰のことばかり。偶然哲哉が人気上昇中のモデルだとわかり、水上は行きずりの関係を思い知らされて――。
立ち読み
  ドアが閉まるのと同時に、降りてくる静寂。
「危なかったな」
  大貫は声を殺してそう言い、触れるだけのキスをした。そして戯れるように唇を重ね、少しずつ濃厚に貪り始める。
「……んっ、ぅん、……ふ、……んぁ」
  同僚に見つかるかもしれないという危険な目にあったばかりだというのに、水上は乱暴になっていくそれに酔わされていた。戯れに耳朶を噛んでみせる大貫に、すべて支配される。
  水上は、再びあのドーベルマンのことを思い出していた。
  あの犬が怖かったわけを……。
  真っ黒の躰とだらりと垂らされたピンク色の舌、引き締まった躰はまるで悪魔の使いのようだった。ハッ、ハッ、と荒い息づかいで襲いかかってくるのが、恐ろしかったのだ。
  いつか頭からがぶりと食べられるのではと、思っていた。
  耳元で聞かされる大貫の荒い息は、あの時と同じ恐怖を起こさせる。
  だが同時に、この獰猛な息遣いに酩酊してもいるのだ。
  このまま喉笛に噛みつかれ、息の根をとめられてもいい――そんな被虐的な気持ちが湧き上がり、ますます息があがる。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり