新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ナイトタイムも恋のうち

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2006/07/25
    ISBN:
    978-4-8296-5436-1
書籍紹介

恋人として満足させてあげる…覚悟はいいかな?

規則破りの常習犯だった千原大河は、副寮長だった甲斐と恋人同士ながら喧嘩ばかりしている。今も、テスト前だから部屋に遊びにくるなと冷たいのだ。そんな時親友の様子がおかしいのに気づいた大河は、そのことを甲斐に相談するが一蹴されて、また喧嘩になってしまった。甲斐の卒業まであと1年しか一緒にいられないから、いつでも可愛がっていてほしいだけなのに。だが、大河は今まで甘えまくっていた甲斐からの自立を決意して!?
立ち読み
「オレも甲斐の身体にキスしたい」
  そう言ったら、甲斐は嬉しそうな顔で笑った。
「俺にも脱いでほしい?」
「そりゃあ、まあ……服にキスしても面白くないじゃん」
  別に脱いでほしいなんて思ってるわけじゃないけど、結果としてはそうだ。オレばっかり脱ぐより、二人で脱いだほうがいい。
「じゃあ、まず君からね」
  甲斐はオレのシャツを脱がせた後、ベルトを外し始める。ついでのように、またヘソのあたりにキスをした。
「だから、甲斐ばっかりキスしてズルイってば!」
「ズルイ?  そうかなあ。君の可愛いお腹が、俺はけっこう好きなんだよ」
  腹がどうして可愛いのか、オレには理解不能だ。別に普通の腹だし。確かに腹筋割れてないけど、可愛いなんて言われると、子供扱いされてるみたいだ。
  もっとも、甲斐に子供扱いされる理由は、オレが頼りないからなんだろうけど……。
  甲斐はオレが身につけていたもの全部を取り去った。そして、自分の服を脱ぎ始める。いつも思うけど、オレの服を脱がせるときは焦らしながらって感じが多いのに、自分の服はあっという間に脱いでしまうんだ。
  オレは甲斐が脱いでるときの姿や仕草が好きなんだけどな。
「これでどう?」
「う、うん……いいよ」
  オレはちょっと照れながら甲斐の腕に手を触れた。滑らかで温かな肌触りにドキドキしてくる。
「俺のどこにキスしてくれるの?」
「どこでも……甲斐の身体なら、どこにでもキスしたい」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり