新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

蛇淫の血

本を購入

本価格:571(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2006/06/25
    ISBN:
    978-4-8296-5433-0
書籍紹介

ヤクザに魅入られ、淫らな血が目覚める…

「お前は俺に与えられた玩具だ」凪斗を平穏な大学生活から引きずり出し、監禁した男は言い放った。その男・角能は、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡継ぎ候補になったこと、凪斗のボディガードを自分が務めることを告げてきた。だが、冷めた目、嬲るような扱いは、凪斗を護る者のものとは思えない。そして凪斗は催淫剤のせいで浅ましく角能を求めてしまう。弄ばれるたび、凪斗は屈しまいとしていた心が壊されていくのを感じる――。
立ち読み
「待っ、て――無理」
  凪斗はずり上がって逃げようとしたが、角能はまるで標本用の蝶にピンを刺すように、凪斗の鳩尾を左の掌で押した。そうして、右手で自身のものを支えて、凪斗の蕾を亀頭で擦った。クリームの音なのか、角能の先走りの音なのか、両方なのか、くちゅくちゅと湿った音がする。
「力を抜いて、下の口をいっぱい開いてみろ」
「や……」
「なかに出してほしいんだろ?」
「……」
  そうだった。体内に射精してもらえれば、催淫剤の効果は消えるのだ。この苦しみを終わりにできる。
  怯えたまま、凪斗は力なく目を伏せた。
「……うぅ」
  ピクピクしている襞に、男がめり込んでくる。
  脚のあいだを潰されていくような重い痛みに、目から涙が溢れた。
「ぃ……た、痛いっ、っ、う――抜いて、抜い……ぁ、あ」
「狭いな」
  斟酌なく腰を進めてきながら、苦しそうに角能が呻く。
「ぎちぎちに狭くて、纏わりついてくる……男のくせにいい孔を持ってるな」
  もし催淫剤で体感がおかしくなっていなかったら、絶対に裂かれる痛みしか感じなかっただろう。
  けれどもいま凪斗が感じているのは痛みだけではなかった。重ったるい疼くような快楽に、脚をカクカクと震わせている。性器は萎えることなく、糸を引きながら腹部へと蜜を垂らしつづける。
  凪斗の脚のあいだに、男の草叢がザリッと押しつけられる。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり