新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ミクロレベルまで愛して

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

断れ。今度こそ逃げるんだ

水野に執着する芹尾から就職を機に逃げた水野だが、事故で芹尾の研修する病院に運ばれてしまう。芹尾に無体なことを要求されても、水野には逃げられないワケが…!?
立ち読み
  きょとんとする芹尾に『話の通じる相手じゃない』と、トイレに逃げこもうと踵を返した。
  だが、それがまた墓穴を掘るハメとなり、伸びてきた腕に首をがしっと捕まれ、あっさりと捕獲されてしまったのだ。
「――っ!」
  なんの躊躇もなく中心を直接握られ、思わずビクリとなった。
  背中から抱き締められるような格好で、自分のナニを友人に握りこまれている。信じられない。
「わ!  な、なにすんだよ……っ!」
  必死で抗うが、すっぽりとその腕の中に収まってしまっていて、逃げようにもどうすることもできなかった。しかも、嫌悪するどころか躰は激しく反応するのだ。
  正直言うと、溜まっているのである。入院中はもちろんのこと、現在フリーの水野はもうずっとそういう行為から遠ざかっていた。残業続きだったのも悪かった。
  はっきり言えば、ここのところ自分で慰めることすらしてなかったのだ。
  それだけに、いったん火がつくとあとはもうなし崩しだった。
「大丈夫、遠慮すんなって」
「は、……は、離せってば……っ」
「うん、出したらね」
「な、なん……で」
  回された腕を引き剥がそうと指を食いこませるが、だんだんと力が抜けてくる。
(あ、……やば……い)
  やる気なんてまったくなかったのに、人の手でいたされているというこの異常な事態が、快楽のスイッチを入れたようだ。
  ああ、神様。俺がいったい何をしたっていうんだ……、と自分の身に降りかかっている不幸を呪いながらも、芹尾の巧みな手淫に思考する能力さえ奪われていってしまう。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり