新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ぼくらが世界の王様だ

本を購入

本価格:586(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:607円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

ハッキリ言って、僕は美少年だ

全寮制男子校に放りこまれたお坊っちゃまの雅は、寮長の隆宏を家来と決めつけた。面倒をみてもらい、声も手も気持ちいい。でも、家来のはずの隆宏に押し倒されて!?
立ち読み
「つっ…。ただでさえ狭いのに、そんなに締めつけるな」
「!  ちが」
  う、と否定しきるよりも先に、一気に最奥まで隆宏が突き上げた。
「ああぁっ!」
  頭の中がスパークして目の前が真っ白になったのも束の間、今の衝撃で果ててしまった僕のソレを、隆宏が体を繋げたままで扱く。
  小刻みに内壁をこすられながら、僕はたちまち勃ち上がり、隆宏の手の中で悦びに震えて新たに蜜を溢れさせている。
  隆宏の腰の動きが次第に大きくなっていく。
  僕の放った精が二人の繋がっている場所に滴り落ちて、湿った音をたてる。
  その音が、今しているこの行為を、あまりにもリアルに聴覚に訴えてくるので、聞きたくなくて隆宏にしがみついてその胸に顔を埋めた。
  隆宏が強く抱き返してくる。
「気持ちイイ?」
  と耳元で囁かれ、その笑いを含んだ物言いに腹が立って、肩口に思いっきり噛みついてやった。
「痛っ!  雅……この」
  報復は凄まじく、いきなり激しくなった抽挿に、後悔しても後の祭。
「やっ、やぁっ!  隆宏っ…ダメ……ふあっ」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり