新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

せつなさを微笑みにかえて
AGAIN ─もう一度─

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1999/06/25
    ISBN:
    978-4-8296-5170-4
書籍紹介

やり直せないか、もう一度

開発部に異動した磯島は出向した本社で意外な人物と再会した。「せつなさを微笑みにかえて」第2弾。
立ち読み
  どの男も一筋縄ではいかないような面構えの連中で、素人にはない狂暴な匂いを嗅ぎつける。中でも一番人相の悪い見るからに暴力団ふうの男が、抵抗した時に掴んだ片足を放そうとして、思い切り俺の顔面を蹴り上げてきた。
  俺は言葉にならない呻きをあげて、床にのたうちまわった。
「どうします?」
  俺を蹴り上げた男の声は、顔同様悪質だった。
「まずは、貴様らで慣らせ」
  そう言った若松の言葉に、俺は言葉の奥に潜む狂気を知った。
  押さえつけていた男達が一斉に動き、俺をうつ伏せにした。ワイシャツを引き裂き、一人が手にしていた麻縄で骨が軋むぐらいの力で縛り上げた。
  ズボンのベルトを外され、下着ごと引きずり下ろされ局部が露出すると、俺は絶体絶命の窮地に固唾を呑み込んだ。
「二十八にしては、綺麗な肌をしている」
  尻っぺたを若松がピシャリと平手で叩いた。触られることに対する嫌悪は相当なもので、吐き気をもよおしてくる。
「彼は君の恋人ではないのかな?」
  違うと俺は何度も首を横に振った。
「嘘をつかなくてもいい。わたしにはわかるんだよ、同類の匂いというものが」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり