新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

パラノイア幻想

本を購入

本価格:514(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

あいつの夢の中で、おまえ何度も犯されてたんだぜ──。

優しかった幼なじみが突然「別人」に豹変した。「同じ顔の別人」に夜ごと凌辱されながら、拒むことのできない和希は……。愛の拘束を描くハードラブロマンス。
立ち読み
「どんなふうにあいつに見られてるのか、本当に気付いてなかったのか?」
「…えっ?」
  和希は拍子抜けしたような声を上げた。あいつ、とは一体だれのことか。
「ああ、そうだろうな。あいつは確かにうまくやってたよ。お前が気付くはずなんてないか」
「な…に、言ってんだよ…洋緒?」
  心臓が、ばくばくと早鐘を打ち始めた。洋緒の言うことが、さっぱり理解できない。洋緒はさっきから、「俺のほうが強くなった」だの「完璧になれた」だの、まったく意味不明なことばかり言っている。
  和希は必死の面持ちで、洋緒に手を伸ばした。
「洋緒…、やっぱりお前、頭打ったせいで…」
「教えてやろうか?  お前の大好きな幼馴染じみの洋緒は、お前のことを友達だなんて思ったことは、一度もねえよ」
「…ふざけんなっ!」
  カッとなった和希は、差し伸べた手で洋緒の頬を打とうとしたが、素早く洋緒はその手を掴んだ。和希は振りほどこうとしたが、洋緒は放さない。
  揶揄するように言われた洋緒の台詞に、和希は激しい不快感を覚えていた。洋緒を、別の誰かに汚されたような気がしたのだ。
(別の、誰か…?)
  自分の胸に過った疑惑に、和希は自分で驚愕する。洋緒は、指が白くなるほどきつく握った和希の手を口元へ引き寄せ、口づけた。
「やめ…っ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり