新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

匣男

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

ずっと、閉じ込めていてほしい──

狭いところに入りたい──。旧財閥の跡取りで船舶会社副社長の風宮にはおかしな性癖がある。秘書となった幼なじみの祐一朗は、その唯一の理解者で支配者であった。家族に萎縮し、仕事の重圧で心が壊れかけていた風宮は、デスクの下で祐一朗の足下に蹲り安寧を得る。薄闇に包まれた狭い空間は、安らぎと同時に恍惚感をもたらした。まるで祐一朗の執着に閉じ込められたようで…。
立ち読み
  ベッドカバーがめくられる。けれど曝されるのは下半身だけだ。祐一朗は風宮の体をすっぽりとベッドカバーで覆ったまま、その部分にいきなり屹立した性器を突き入れてくる。
「ううっ……うう」
  息が苦しい。そのせいで、祐一朗の大きなものを受け入れる痛みを、しばし忘れることが出来た。
  痛みを忘れた体は、素直にその部分が満たされたことを喜んでいる。なのに入ってきたものを押しだそうと、勝手に入り口が収縮を開始するのは忘れない。
  奥に達した祐一朗のものは、そこで一気にずるっと引き抜かれる。そしてぬるつくクリームの力を借りて、入り口の下の部分から突いてきた。
  感じやすい裏側の部分を祐一朗の性器でこすられて、風宮は声にならないよう叫びを呑み込む。するとそれがそのまま、性器の興奮へと繋がった。
「ああ……あっ、あっ」
  祐一朗にとって、自分は受け入れる性器の塊でしかない。そう思えるのに、体は貪欲なまでに楽しんでいる。
  もっと激しく突き入れてくれと、風宮はいつか誘うように腰を高く上げていた。すると祐一朗によって、ぎゅっとまたベッドカバーで包み込まれてしまう。
「体は忘れてないじゃないか。これでよく、俺を捜しに来なかったな」
「……ん……ん……」
「俺を捜さなかった罰だ、風宮。ずっと苦しませてやるからな」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり