新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

被虐の花嫁は純潔を誘う

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

お前に、罰を与えてやる。

「お前は今日から、俺の妻となる」かつて、想いを寄せながらも、自分の弱さゆえに遠ざけてしまった従兄、藤悟から突きつけられた命令。愕然とする吹雪は、緋縄で縛められ、手ひどい快楽で責め嬲られ、泣き喘ぐ! 隠し続けてきた、被虐の性癖を暴かれる恐怖。--だがそれが、藤悟の手で暴かれるのなら? 淫らで、甘美な誘惑に搦めとられ、囚われの身になることを選んだ吹雪。だが、傍にいるほど、藤悟に対する純粋な恋情が募り、自分たちの歪な関係に堪えられなくなって…!?
立ち読み
「出さないでイくのは、気持ちいいだろう?」
「あっあっいいっ…!  ふああっ」
  強烈な余韻に我を忘れて口走ると、吹雪は敷布の上に転がされ、緊縛された身体をあおむけに返される。
「あっ…!」
  急な体勢の変化に縄が軋んだが、身体を支える必要がなくなった吹雪ははあはあと息を喘がせた。薄い胸板の上で、ふたつの乳首が赤くしこったまま荒い呼吸に上下している。その敏感な突起をそっと摘まれ、吹雪は悲鳴のような声を上げた。
「あ、んんっ!」
「少し大きくなったか?」
  指先でくすぐるように転がされて、吹雪はびくびくと背中を震わせながら大きく仰け反る。そこは毎日のように弄られ、口で吸われて、前よりももっと鋭敏な場所に なっていた。ましてや今は達した直後で身体中の感度が上がっているのに、そんなことをされてはたまったものではなかった。
「こうやって、弾かれるように虐められるのが好きなんだろう?」
「あふ、あぁあっ!  だ、だめ、それ、だめっ…!」
  時々爪の先でひっかかれるように乳首を何度も弾かれて、吹雪はかぶりを振って身悶える。乳首の先から電気を流されたような快感が拡がって、指の先までもを痺れさせていく。
「も、気持ちいっ…、気持ちいい…からぁっ…!」
「よしよし。吹雪は素直だな」
  藤悟はその愛撫でひとしきり吹雪を泣かせた後、色味を増して尖った乳首をそっと口に含んだ。
「あはぁあっ!  あ、あっ!」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり