新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

シュガ黒ハートラブ
~恋のランチはお・あ・ず・け~

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2008/10/10
    ISBN:
    978-4-8296-2409-8
書籍紹介

痛いくらいガードされたその心は、甘くていとけない

男前と秘密が一杯の「シュガーズ・ダイナー」。愛されるリーダー、陸は、面接にきた聡太郎の熱烈求愛に唖然。年下の男、しかもたった今、初めて会ったばかり。だが彼は、オープンでまっすぐな瞳と心をぶつけてくる。そんな時、陸が高校時代に憧れた先輩、秋坂が来店し、デレデレの陸に聡太郎がキレる!  滾る激情のまま、甘い肌を舐め欲望を熱く嬲る。陸はあまりの快楽に、喘ぎと愛蜜を垂らしながら聡太郎に縋りつく!  なのに、あくまでもいい兄貴ぶる陸に聡太郎はとうとう!?  更に秋坂が─?
立ち読み
「だめだ……頼むから……もうこれ以上は……勘弁してくれ……こんなところ……見られたくない」
「見せたくないところを見せて。……そこが一番見たいんだ」
  甘く優しい言葉は、魔法のように陸の体を操る。
  陸は唇を噛み締めて羞恥に体を震わせながら、股間から両手を外した。
  彼の雄は達する寸前まで高まり、時折ひくひくと動く。
「今は充血して赤くなってるけど、乳首と同じで普段は綺麗なピンク色なんだろうな。こんなに先走りを垂らして……凄く可愛い。玉も興奮して持ち上がってて可愛い。毛が薄いのもいいな。濃いのは好きじゃないんだ」
  明るい場所で、殆ど全裸のような恰好で視姦され、自分の状態を声に出される。
  陸の体は視線に反応して、雄の先端から新たな蜜を溢れさせた。
「ばか……もう……見るな……俺の体……見るな……」
「こんなに綺麗でエロい体、初めて見た。うんと気持ち良くさせてあげるから、恥ずかしいのを忘れて」
「も……終わり……、あ、ああ……っ……だめ、それだめだ……っ!」
  両足を作業台に載せられ、M字型に開かされる。その間に聡太郎の体が入り、雄を銜えられた。
  下肢から背筋に激しい快感が走り、陸は大きな声で喘ぎながら腰をぐいと突き出した。
  こんな快感、味わったことがない。
  蜜の溢れる先端や血管の浮き出た裏筋を集中して舌で嬲られ、強く吸われる。
  同じ雄への刺激でも、自慰とは比べものにならない。
「ああ……っ……どうしよう……気持ちいい……あ、あ、あ……っ……」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり