新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

閑雅なエゴイスト
~極道学園潜入日誌~

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

ココ硬くなってますけど、本当に嫌?

麻薬調査のため極道が通う極東学園に潜入したが、学園に君臨する生徒会長・東雲に、ネコ可愛がりされてしまう秋哉。一番怪しいのは彼なのに、クールな態度の裏に寂しい素顔が見えて、疑えなくなってしまう。だが突然来訪した東雲の父から衝撃の事実が--。それに打ちのめされ、ひどい言葉を投げかけた秋哉に激昂した東雲は、本性をむき出しにし組み敷く。性感に爪立てる愛撫に啼き咽び、淫らな嬌声を上げさせられても、側にはもういられないと秋哉は思い詰めていて!?
立ち読み
「や、だ……もう、や……だ、からやめ……」
「だめですよ。こんな状態でやめたら、つらいでしょう?」
  あっという間にベルトを外され、下着ごとパンツを抜き取られてしまう。
  熱の籠もっていた下半身が、一瞬で冷気に晒される。
「……ふ、くっ」
  秋哉の下半身を剥くために拘束が緩んだ隙をついて、秋哉は東雲の下から逃げようと後じさった。けれど、狭いベッドの上では、そうそう逃げ場など存在しない。
  あっという間に捕まえられ、抱き込まれてしまう。
「大丈夫、痛いことはしませんよ。気持ちよくするだけですから。ね?」
  東雲はにっこりと笑いながら、秋哉の両脚を割り開いた。
「や、……いやだ……やめっ……あぁああっ!」
  じゅっと水音がして、秋哉の屹立が熱に包まれる。とっさにきつく瞑ってしまった目を開けると、東雲が自分のものを口に含んでいるのが見えた。
「やめ……やだ……しのの……くぅうっ!」
  初めての体験に秋哉はパニック状態に陥り、東雲の髪をぎゅっと掴み締めて抵抗した。
  けれど、東雲は秋哉のソレを解放する気はないらしい。
  より一層深くのみ込まれ、舐めまわしながら吸い上げられてしまう。
「ひぅう!  ……や、やだ……やめ……あぁあっ」
「やだ、じゃないでしょう?  ちゃんともっとって言ってください」
  鈴口を舌先でなぞるように刺激される。東雲に握り込まれた秋哉のモノは、かつてないほど硬くいきり立ち、唾液と先走りでぬめ光った先端をビクビクと震わせていた。
「先走りもこんなに出てますよ。ね?」
  秋哉に見せつけるように、指先で救い取ったそれを糸引かせる。
  掲げられた指と鈴口の間にツーッと粘度の高い銀色の糸が引き、秋哉の羞恥を煽った。
  東雲は、その濡れた指先をペロリと舐めしゃぶった。
「…………あ……」
  秋哉は、信じられない気持ちでそれを見ていた。男同士でどうするのか、知識としては知っていたが、それでも自分には関係ないものだとずっと思っていた。
  嫌悪感はない。感じるのは羞恥と、未知の体験への恐怖だけだ。我知らず、奥歯がカチカチと音を立てる。唇を噛みしめて止めようとしたが、それは大きくなるばかりだった。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり