新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

雄峰の風、四海の明浪

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

そのまま俺に可愛がられて、いい声で啼いていろ。

聖帝即位直後、山客の明漣は謎の賊に襲われ、都人・飛鷹に助けられる。都へ帰る彼と旅を始めるが、賊はまだ狙っているらしい。飛鷹の迷惑にならぬよう山へ帰ろうとするも、彼の腕が引き留める。「おまえは俺と都へ行く。いいな」絶対的な誘引。同時に桜色の唇を強く吸われ、しなやかな身体に指を滑らされて、快感に明漣は頷いてしまう。だが都に向かうのが、そんなに重要な事なのか。彼を信じたいけど、その後の空々しい態度にも不審が募る。疑問だらけで明漣は逃亡を企てるが…!?
立ち読み
「……あまり、挑発するな。またひどいことをしそうだ」
  掠れた声で飛鷹が非難してきた。
  指を口に含んでいるから言い返せない。その代わり眸で、してない、と訴えた。それがまた飛鷹の官能を直撃してしまったらしい。
  一度太い息を吐いた飛鷹は、乱暴に指を引き抜き、明漣を持ち上げると、自分の下に据えた。足を広げさせて、秘処を露にし、欲望の証である昂りをすっぽり口に含んでしまう。同時に濡れた指で蕾を探り始めた。
「ああっ、や……、やだっ、飛鷹……」
  一度に弱いところを責められて、明漣が啼き声を上げる。
「俺を煽るからだ」
  昂りを含みながら喋られると、舌が微妙な部分を刺激する。さらに蕾を探っていた指が掻き分けるようにして入ってきて、明漣はどの感覚を追えばいいのか、惑乱してしまう。
「やっ、ああ……ん。んんっ……」
  逃げようとしてしきりに腰を捩るのを、飛鷹に押さえられてしまう。飛鷹の唇の中で、明漣の熱塊は蜜を零し始め、それを次々に舐め取られた。蜜の溢れる先端を舌で突かれると、それだけで脳裏に白い閃光が走った。
「飛鷹、飛鷹、やだっ」
  嫌だと言っているのに、逆にその声は、快楽に侵されて甘く誘っているように響いた。
  昂りへの刺激に気を取られると、後孔で指を動かされる。いつのまにか指は二本になり、奥の弱みを撫でたり引っ掻いたりして明漣を呻かせた。指がいいところに当たるよう無意識に腰を動かしながら、明漣は飛鷹にしがみついていた。
  前と後ろの同時の刺激で切なくて堪らない。追い詰められ、切羽詰まったところで、
「いきたい……」
  と懸命に訴える。なのにいきそうになると、奥を探る手が緩やかになり、口であやされている昂りも、はぐらかされた。ぎりぎりのところで遂情を止められ、明漣は苦しそうに身悶える。
「もう少しだから」
  食いしばった歯の間から押し出したような飛鷹の声を聞けば、彼も余裕があるわけではないのだろう。奥の指が三本になり、口腔から押し出した明漣の昂りを舌で舐め上げた。
「もういいから、きて」
  とうとう音を上げた明漣がそう哀願しても、無視される。飛鷹は三本まとめた指が明漣の秘孔の中を楽々行き来できるまで、がんとしてその先に進もうとはしなかった。
  喘がされ、ぎりぎりのところで何度も引き戻されて、頭の中が真っ白になった頃、ようやく飛鷹が指を引き抜いた。ひくつく蕾に硬いものが押しつけられる。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり