新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

愛を食べても

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2007/06/10
    ISBN:
    978-4-8296-2371-8
書籍紹介

マジで俺を嫁にしてくれ。

「いい体してるね。おいしそう」特別交通機動隊一の美貌を誇り、男喰い(マンイーター)の異名をとる輝。彼の相棒で、一応恋人でもある強靭な肉体の良識男・光司郎は、隙あらば誘惑してくるその節操のなさに苛立ってばかりだった。そんなある日、パトカーに不審な飛行物体が墜落、爆発! 九死に一生を得るが、それから輝の様子が激変した。いつもの憎まれ口はどこへやら、健気な態度と可愛い声で甘え、ベッドでも乱れて恥じらい、まさに理想の恋人──。だけどそんな輝は、まるで別人みたいで!?
立ち読み
  光司郎は体位を入れ替えて、輝の体を俯せにした。そして入り口の部分に今度は舌を使う。
「ウビュッ!」
  輝の体が驚きから逃げようとした。
「じっとしてて。繋がる前に、愛を込めてるつもりなんだから」
  ただの性行為だと言われればそれまでだ。けれど光司郎を知っている人間だったら、男のそんな部分に舌を這わせるなんて、想像もつかないだろう。
  それでもするのは、愛を行為で示すしか思い付かない悲しさだ。
「うふぅっ、そ、それも気持ちいい。気持ち…いいこといっぱい…過ぎて…ああっ、光司郎…あっ」
  充分に濡らしたそこに、光司郎は自分のものを押し当てた。
「体だけじゃなくって、心も繋がるといいのにな」
  人間のセックスは、所詮体だけの繋がりでしかないのだろうか。
  出すものを出してしまってすっきりするだけなんて、そんな程度のものだと思いたくない。
「ほらっ…繋がったよ、輝」
「んんっ…」
「脳内まで届くほど…可愛がってやるから」
  光司郎は背後から、輝の体を貫いた。
  ずっと繋がっていたいけれど、人間の肉体には限界がある。
  それが今は何より悲しかった。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり