新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

魔娼
~罪つくりな恋人~

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

俺に奉仕されるの、好きでしょう?

ピアニストの佐光に喚び出された悪魔の艶夜。早速契約して魂を奪おうとするが、いきなり襲われ、監禁状態に!「あなたは、そんな顔してイくんですね」人間ごときに快楽で跪かされる屈辱、それさえも欲望に素直な体は悦んでしまう。悪魔(ルビ:艶夜)を玩具のように弄ぶ男なのに、魅惑的なピアノの音色、艶夜に対してだけ向ける熱のこもった眼差し。こんな人間、初めてだった。だが、逃げ出そうとした艶夜は、佐光に羽根をもがれ…!! 執着するのは、あなたにだけ──悪魔をも翻弄する甘美な旋律ハート
立ち読み
  自分が好んで相手を犯すならともかく、犯されるなんて絶対に嫌だ!
「や、め…ろ……」
  艶夜は、うわずった声を漏らす。
「やめませんよ」
  もがく艶夜の体を抱き竦め、佐光は嘯く。
「悪魔を抱ける機会なんて、滅多にないじゃなありませんか」
  力任せに、彼は艶夜の体を貫いた。
「ひ、や……!」
  ずぶずぶと、たくましい肉杭に貫かれ、艶夜は喉を反らせた。すると、その喉に佐光が食らいついてくる。きつく吸われると、張り詰めた肌がぴくぴくと蠢いた。
「放すわけない。俺が、なんのためにあなたを喚び出したと思っているんです?」
  尋ねられ、艶夜は快楽に濡れた眼差しを彼に向ける。
「女を……従わせるためだろう?」
「違いますよ」
  佐光は明言しながら、腰を動かしはじめる。それどころか、艶夜の背に腕を回すと、腰を密着させたそのままの体勢で、起き上がらせた。
「……く、あ……っ」  
  ちょうど下から突き上げられたような体勢になり、艶夜は息を呑む。
  自分の重みで最後まで受け入れてしまったため、ぎちぎちに佐光の雄を頬張ってしまう。後孔の入り口が、引きつりそうなくらい広がっていた。
「……う、く……や、め……」
  貫かれる苦しさで、艶夜は呻く。
  しかし、当然ながら、佐光がやめるわけはない。性器を勃起させ、艶夜の体内で歓喜しているのだから。
「本当に、いい体ですね。あなたは。……最高だ」
  艶夜の体内を楔で掻き回しながら、佐光は喉を鳴らす。
「馬鹿みたいな言い伝えを信じて、喚び出した甲斐がありました」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり