新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

傍迷惑なロシアンブルー

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

そう啼くな。これ以上煽ってどうする?

強面のマル暴刑事・冠城が命じられたのは、ロシアの大財閥の庶子、真守・アレクサンドルの護衛という筋違いな仕事。護衛とは名ばかりの子守りに、困惑を隠せない。だが正体不明の襲撃者から真守を護ったことで、ワガママな言動の奥に隠された孤独を知り、庇護欲を掻き立てられる。「オヤジを惑わしてくれるな」苦い笑みで濁したものの、真守は肉親から与えられなかった愛情を求め、彼の気をひきたい一心から強力な媚薬に手を出してしまう。無垢な媚態に煽られた冠城は…!?

立ち読み

  白い腹に情欲が吐き出される光景にも煽られて、男はケダモノになった。
  真守が果ててもお構いなしに、内部を突き上げ、揺さぶり、健気な反応を見せる胸の突起を抓り上げる。
「い…や、ぁっ、あぁ!  痛…た、や……っ」
  胸を弄ると、痛いと言いながらも、冠城を包み込む場所がきゅうっと締まる。真守の欲望が再び限界に近いのを見て、冠城はピッチを上げた。
「あ、あ、あぁっ、あ…んんっ、はっ」
  グンッと深い場所を抉ると、細い背がシーツから浮く。その身体をぎゅうっと抱き締めて、冠城は真守の最奥に、熱い情欲を叩きつけた。
「……くっ」
  低い呻きに煽られたかのように、ふたりの身体の間で、真守の欲望が再びはじける。だが、真守の内部の状態から、この幼い肉体がもっともっと深い快楽を欲していることを、冠城は感じ取った。
「あ…んっ」
  細い身体を引き上げ、幼子を胸に抱くようにスッポリと腕に包み込む。やわらかな髪を梳きながら、荒い息をつく唇を、そっと塞いだ。
  愛しくて、可愛い生き物だ。
  そんな己の感情と、向き合う覚悟は少し前に決まっていた。大人になるのを待つつもりでいたのに、こんなことになってしまったことだけは、誤算としかいいようがない。
「省吾ぉ」
  甘えた声に呼ばれて、「なんだ?」と淡く唇を食むことで応える。
「もっと、ぎゅって、して」
  冠城の首に縋りつき、逞しい首に額を擦りつけて、真守が甘える。自分に向けられる感情が、父や兄から与えられなかった情愛を求めるだけの、淡いものでも構わない。今はまだ。
「俺がうんと甘やかしてやるよ」
  この十八年間の寂しさ程度、容易に埋められるほどに。

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり