新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

夜に咲き誇る

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2007/04/10
    ISBN:
    987-4-8296-2364-0
書籍紹介

俺にだけ抱かれて生きろ。

久我と共に生きるため、極道の世界へ飛び込んだ秋津。跡目相続に組が揺れる中、襲名に臨む久我を男としても支えたいと必死だった。だが「お前はたったひとりの俺の大事な女(ルビ:イロ)なんだ」久我は秋津が極道の色に染まることを厭い、守ろうとする。自分の本気を突きつけなくてはと思い詰めた秋津は、久我と反目する男の挑発に乗り、匕首を手にした──! 愛するが故にすれ違い、衝突する想い。その苦しみの末にあるものは…? 生きるも死ぬも、お前と一緒だ──頂きを目指す男達の永久の誓い。
立ち読み
「今夜は言ってみれば、新婚初夜だぞ。俺のしたいようにさせろ」
「いつもやりたい放題のくせに、よく言うよ」
「けど、ここではまだやってねぇ。初めての場所は新鮮でいいだろう?」
  本気で言ってるらしく、久我の手は止まらない。うなじにキスしながら腿から腰骨を撫で、秋津のペニスまで握り込んできた。柔らかなそれは、久我の優しい愛撫を受け、次第に硬度を増してくる。
「ほら。お前だってその気になってきた」
「なるさ。誰も嫌だなんて言ってない。……立ったままでやるのもいいかもな」
  うっすら笑うと、久我は「この好き者め」と壁に秋津の背中を押しつけた。噛みつくような荒々しいキスで唇を奪いながら、秋津のバスローブのヒモを解いてくる。前を開くと久我は胸元に顔を埋め、小さな尖りを犬のようにざらりと舐め上げた。
「……右の乳首のほうが、少しだけ大きいよな」
  秋津の右乳首を軽く噛んだり指で摘んだりしながら、久我が興味深そうに呟いた。
「最初の頃は差がなかったように思うんだが。俺の記憶違いか?」
「何ぼけてるんだ。お前がそっちばかり弄るからだろ」
「俺のせいなのか?」
  驚いた顔で久我が聞き返した。
「お前以外の誰が俺の胸なんか触るんだ」
  久我が「そうか。俺のせいか」と嬉しげに目を細める。
「そうだよ。お前の責任だ」
  秋津は軽く息を乱して、空いた左の乳首をまさぐった。見せつけるように指でキュッとつまみ上げ、勃起したところを指の腹でやんわりと撫でる。それだけではもの足りなくなって、久我の頭を引き寄せて囁いた。
「……左の乳首も舐めてくれ」
「ああ。いくらでも舐めてやるよ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり