新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

秘密のゴミ箱で恋をして

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2007/04/10
    ISBN:
    987-4-8296-2362-6
書籍紹介

この趣味信じられない!?…だけど愛してる

整理整頓ラブの悠人は最高のハウスキーパー。だが、甘い容姿とは裏腹な正直で辛辣な物言いのため契約破棄されまくり。絶体絶命のラストチャンス、おそろしいほど男前の依頼主、秋原修一郎にときめきながらも、契約を勝ち取るべくある決意をする! 「ご奉仕しますっ」オーラ全開で修一郎のゴージャスマンションに向かうが、あり得ない汚部屋ぶりに思わず…、一方、修一郎は毛を逆立てて威嚇する悠人の愛らしさに目が眩み、ぷるぷるの肌を甘咬みハートしてしまい、更に!?
立ち読み
  快感の虜となった悠人は、後孔に指を入れられても不快に思うどころか、新たな刺激を欲して声を上げた。
「気持ち……いい……っ……修一郞さん……っ……俺……こんな気持ちいいの……初めて」
  後孔を数本の指で貫かれ、雄を意地悪く愛撫されたまま、悠人は思ったことをすんなり口にした。
「こんなの……もう……我慢できない……っ……俺、出ちゃうよ……っ」
  出せよ。たっぷりと。
  修一郞は言葉の代わりに、悠人の雄を強く吸った。
「や、やだ……っ……離れて……離れてくれ……っ……俺もう出るってばっ!  修一郞さ
ん、このままじゃやだ……っ……恥ずかしいから……離れ……、ああ──────  っ!」
  悠人は我慢できずに、修一郞の口腔に射精する。
  彼の髪を両手で掴み、何度もぎこちなく腰を振って、すすり泣きながら。
「いっぱい出したな」
  それを余すことなく嚥下した修一郞は、手の甲で唇を拭いながら悠人を見下ろした。
「バカ……汚い……のに……」
「可愛い恋人のものが汚いわけあるか」
「でも……ごめん……俺……辛抱できなかった……」
「いいんだよ」
  修一郞は悠人の頭を撫でて、小さく笑う。
  悠人も涙を拭いながら笑い返した。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり