新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

姫君は海賊にさらわれるハート

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2006/10/10
    ISBN:
    978-4-8296-2343-5
書籍紹介

海賊団の船長と専属H契約ハート

海賊カイルにさらわれたセス。反発するが、彼の厳しくも温かい言葉で、亡き家族への罪悪感が癒された。そして、どこか暗い影を宿すカイルの瞳の意味を知りたいと思った。だから船の雑用係になったけど──雑用係って、性欲処理係!? 逃れるためには、船長であるカイルの専属になるしかない。でもその儀式は、なんと公開セックス!!「硬くなってきたな。気持ちいいのか?」シャツを引き裂かれ、恥ずかしくってたまらないのに強引にイかされちゃって…。淫らな儀式で海賊団に仲間入りハート
立ち読み
「今日だけ、甘えさせてくんね?  いやなら、手、振り払ってくれていいから」
  セスの声は冗談めかしていたけれど、その奥に、少しだけ本音が見えた。
「今日だけ?」
  これを、習慣にするわけにはいかない。それは、おたがいに分かっている。
  だけど、今日はいろんなことを、思い出してしまったから。
「うん、今日だけ」
「いいよ」
  セスはためらいもなく、うなずいた。
  カイルは、いつだって約束を守ってくれる。だから、これも今日だけだ。
  キスをしながら、おたがいのものに手を伸ばした。あのときと同じように、そこだけを露出させて、それをくっつける。
  カイルのものは、熱かった。きっと、自分のも熱いのだろう。
「セス…上も脱げ」
  カイルの声は、かすれていた。セスはカイルから手を離すと、上着を脱ぐ。すぐに、乳首に吸いつかれた。初めての感触に、セスは甘い声を上げる。
「あっ…やっ…」
「そういえば、舐めてやるのは初めてだったな。気持ちいいか?」
  セスは、こくこく、とうなずいた。乳首を舐められると、体がじんじんする。舌で転がされているうちに、そこが、ぷくん、とふくらんだ。それと同時に、セスの先端から透明な液体がこぼれる。
「カイルッ…もっ…」
  セスはまた手を伸ばして、カイルのものをこすった。気持ちよくなりたくて、セスの腰が自然に動く。カイルはにやりと笑った。
「やっぱ、やらしいな、おまえは。やらしくて、かわいい」
  反対側の乳首は、歯で軽く噛まれた。乳輪ごと吸い上げられて、全体が膨張した気になる。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり