新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

強気なメイドのねだり方ハート

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2006/04/10
    ISBN:
    978-4-8296-2322-0
書籍紹介

ちゃんと仕事しないと、入れちゃうよ?

日給100万円のスーパーメイド・アイは、大ピンチに陥っていた。芸術家の菊乃介に一目惚れされ、攫われて軟禁されてしまったのだ。逃げるためには、彼との賭けに勝たなくてはいけない。しかし、負ければ淫らな罰ゲームが! 「可愛く、ご主人様って言いなさい」メイド服でHなイタズラに耐え、猫耳コスプレで可愛くねだらされる。とっても恥ずかしいのに、いじりやすいように自分で乳首を見せるよう命令されても、素直に従ってしまうのは、どうして? 強気なメイドのセクハラ攻防戦ハート
立ち読み
「ぼくがいい、って言うまで、そこを引っ張りなさい」
  アイは抵抗するように、ゆっくりと下に引っ張っていたけれど。とうとう、乳首をさらされてしまった。それを待っていたかのように、布巾でぬぐわれる。
「あっ…ああっ…」
  自分で乳首を見せて、そこをいじられる。
  そんなの、屈辱的以外のなにものでもないのに、どうして、こんな声が出るの?
  菊乃介は、何度か布巾を滑らすと、それをテーブルの上に置いた。
  ほっとしたのも、つかの間。
「ちゃんと乾いたかどうか、指で確かめないとね」
  そう言われて、両方の乳首に指を伸ばされた。よけようと思ったのに、やすやすと乳首を捕らえられる。
  最初は、やわらかく、そして、それから、ぎゅっと力を入れてつままれた。アイの背中が、のけぞる。
「アイ、危ないよ。ぼくの膝から落ちちゃうでしょ」
  菊乃介は眉をひそめると、アイに顔を近づけた。
「もう、洋服から手を離していいから、ぼくの首に手を回して、ちゃんとつかまってなさい」
「でも…」
  そんなことをしたら、もっといいようにされてしまう。
「でも、はなし。命令されたら、なんて答えるの?」
「…はい、ご主人様」
  アイは目を伏せると、ゴムの部分から手を離した。菊乃介が、それでも、そこがもとに戻らないように、手で器用に押さえる。離していいよ、と言われたときは、乳首が隠れるかと思ってほっとしたのに。結局、ずっとさらしたままだ。
  アイはそっと菊乃介の首に腕を回した。そうすれば、たしかに、体は安定するけれど。
「あっ…やぁん…」
  乳首をいじる菊乃介の手を、止められない。アイはただ、あえぎ続けるだけ。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり