新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

マイ・フェア・ウルフハート

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2005/08/10
    ISBN:
    978-4-8296-2292-6
書籍紹介

俺に飼われろ。うんと可愛がってやる

雪を“相続”する朱夏はとてもイジワルで、泣き顔が可愛いと言っては淫らなイタズラを仕掛けてくる。おまけに、おまえは狼男だと言われて、自分が人間だと思っていた雪は大ショック! だけど満月になると体の奥が熱くて、ムズムズして──って発情期!? 「足をもっと広げて。俺に何もかもを見せろ」甘い愛撫で焦らされ恥ずかしいのに、体は発情の証である甘い香りを放ってしまい……。このまま、イジワルなご主人さま(候補)に、調教されちゃったらどうしようハート
立ち読み
「俺、伯父の遺産相続人でよかった」
  朱夏は嬉しそうに呟くと、体を動かし始める。
「あ…っ……ちょ、ちょっと……っ!  もっとゆっくり…………あ?  あれ……?」
  痛くない……というか、朱夏に嘗められたときより……もっと……気持ち……いい?
  雪は耳まで赤くして、潤んだ瞳で朱夏を見た。
「発情してるから、すぐ感じられるんだ。自分でも腰を動かしてみろ」
「あ…っ……だめだ、朱夏っ!  そこ……だめ……っ!  だめ……っ」
  肉壁の感じる場所を連続して突き上げられ、雪は首を左右に振りながら「だめだ」と繰り返す。彼の雄はびくびくと震え、先端から先走りを溢れさせた。
  突き上げられるたびに頭の中が白く弾ける。
  雪は獣の瞳を淫らに光らせ、自ら腰を動かし出した。
「朱夏…っ…もっと…っ!  もっと突いてくれ…っ!  足りないっ!  まだ足りないっ!」
  彼は朱夏を挑発するように、快感で乾いた唇を自分の舌でゆっくりと嘗める。
「優しくしなくていいのか?」
「今の俺には、必要ない……っ」
  雪は噛み付くようなキスを朱夏に与え、彼と繋がったまま体を起こす。そして朱夏をブランケットの上に寝かせると、今度は自分が上になって動き出した。
  汗と精液で濡れそぼった均整のとれた美しい体が、満月の明かりに照らされて白く光る。
  雪は朱夏の両手を掴み、硬く勃ち上がった自分の乳首に押しつけ、撫で回した。
「んっ……んん……っ」
  発情した化け物の本能で動いているのだろう。普段の雪なら、こんなことはまずしない。
「いい……、朱夏……っ……凄くいい……っ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり