新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ナースなご奉仕ハート

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

診察してあげるから、いい子にしましょうね

藍は、ナース服を着て診療所でバイトをするハメに。そこへ代診の医師として現れたのは、藍が車をぶつけた大病院の御曹司・亨だった!! 負い目があって抵抗できない藍に、亨は悪戯に太ももや腰を触ってくる「すぐに気持ちよくしてあげますよ」さらにナース服を脱がされた藍は、乳首を弄られて全身を甘く疼かせてしまう。男に触られて感じるなんてと動揺する藍だったが、ある日、亨が入院したと知らされて……!? 強気なナースのご奉仕大作戦スタートハート
立ち読み
「あ……!  うっ!」
  襞は硬く締まって、彼をなかなか受け入れようとはしない。
  そのうち彼は焦れたのか、動く右手で俺のペニスを握りしめた。
  最初は痛いだけだったのに、後ろと前を同時に攻められ、俺は痛いのかいいのかわからなくなってくる。
  そのうちに俺は喘ぎだしていた。それでも痛みはまだ続いている。
  だけど彼がリズミカルに前を扱くたびに、俺は喘いで後ろの締め付けを緩めた。
「あ……!  やぁ……!  亨さん……怖い!  怖い……よ!」
  自分が自分でなくなりそうな恐怖に、俺は涙を流す。
  繋がっているそこは激しく痛み、俺を苛んでいた。それなのに俺は身体の中で彼を感じた。彼が俺の中にいる。それがなぜか嬉しい。
「亨さん……やぁ!」
  俺は夢中で彼の名を呼ぶ。そのたびに身体を揺らしていた。
  彼はそんな俺を慰めるように、手の中の俺のペニスを袋ごと掴んで扱く。
  前を扱かれ後ろを攻められ、俺はボロボロ泣き出していた。
  そのころには、もうわけがわからなくなっていた。
  目の前に赤い稲妻が走り、俺を呼ぶ彼の声だけが聞こえる。
「藍ちゃん……藍!」
「あぁ……っ!  やぁ!  はぁ……ん!」
  俺は我を忘れて喘ぎ続ける。そして、彼は荒く息を吐きながら、俺の中にすべてを収めると俺の背中にそっといたわりのキスをくれた。
「入ったよ……藍ちゃん」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり