新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

灼熱の楔につながれて

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

年下の殿下は、過激なテロリスト

ジャーナリストの晄は、テロリストのアスーラに陵辱されるが、彼の正体がクーデターで国を追われた皇太子だということに気づく。そして秘密の地下宮殿を知ってしまったがゆえに、その寵姫の間で虜囚の身となってしまい──「狂うほどの快感で啼かせてやる」疼く隘路を押し広げる熱塊は、抵抗する晄を悦楽に堕とした。やがて、情熱を宿す彼の緑の瞳に囚われている自分に気づくが……。待っているのは裏切りか愛か、危険に満ちた熱砂の国のゴージャス・ロマンハート
立ち読み
「う、ぁ……」
  小さな突起が固く芯を持って立ち上がり、指先で揉まれると、じいんと痺れが走り抜ける。最初は一方だけ嬲られていたが、すぐに両方を一度に摘み上げられた。爪の先端に挟まれて、千切れるかと思うくらいに引っ張られる。
「いたっ……痛い。やめ、ろ」
  鋭い痛みに息が詰り、制止しようとする声も途切れがちになる。少しでも乳首にかかる負担を減らそうと、自然に背中が反り上がった。
「うぅぅ……っ」
  逃れようと身体を捩り、手枷から延びる鎖を握り締める。
  唐突に、乳首から指が離れ、晄の身体もどさっと落ちた。力なく閉じた眸の眦には、苦痛のあまり涙が滲んでいた。乳首はじくじくと痛み続け、不足していた息を取り込むために、荒い息で胸が激しく上下する。
  アスーラが面白そうに視線を下肢に流す。
「気持ちいいみたいだな」
「何を、ばかな」
  痛めつけられていいはずがないだろうとぱっと眸を開けて、アスーラを睨む。それにばかにするようなせせら笑いを返して、アスーラが、快楽に震える正直な部分を軽く握った。
「ほら、もう濡れている」
  先端にぷっくり浮き上がった雫を親指で塗りたくられる。耳を塞ぎたくなるような粘着質な響きがあがった。
「う、うそ、だ……、やめ……、んっ」
  怒鳴ろうとした声が、急所を擦られる弾みで甘く掠れた。身体を捩ると、鎖が耳障りな音を立てる。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり