新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

罪のしずく

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

愛してる──その言葉に支配される

愛人の子として育ち、甘えることを知らずにいた亮一は、優しい義兄の佑にも警戒を隠せなかった。けれども、次第に彼の温もりに慣らされ、淡い想いを抱き始めた時、豹変した佑に犯されてしまう。「私に苛められるのが大好きだと、言ってごらん?」軟禁状態のまま男に貫かれ、淫靡な調教を施される亮一。またあの優しい手で触れてほしい──その願いを捨てきれず、佑のなすがまま、甘美な恥辱に溺れていき……? 淫らな罠に籠絡された、切ない純情。
立ち読み
  背中に鈍い衝撃があったかと思うと、亮一は畳の上へと押し倒されていた。
「佑さん……っ」
  思わず亮一は、佑の名を呼ぶ。
  すると佑は、その端整な面差しに、ほの暗い笑みを浮かべた。
「初めて私を呼んだな、亮一。まさか、こういう形で呼ばれるとはな……」
  そういう彼もさり気なく、初めて亮一のことを呼び捨てにした。
「……興奮するじゃないか」
  吐き捨てるように言った佑は、いきなり亮一の口唇を、自分の口唇で覆ってきた。
「……!」
  亮一は、驚きのあまり目を見開く。
  佑の突然の行動が、理解できない。
  いきなり、どういうつもりなのか。
  乱暴な扱いを受けてはいても、怒りよりも戸惑いが先に立つ。
  こんなふうに触れられたかったわけじゃないが、佑を求める気持ちは、亮一の中にもあったのだ。
  それを見抜かれたのだろうか?
  確かに亮一は、佑の口唇の感触を知りたいと思った。
  しかし、こんな乱暴な行為では、望みが叶ったという満たされた気持ちは、湧いてくるはずがなかった。
  思わず、亮一は抵抗してしまう。
  ところが佑はかまわずに、亮一の口唇に噛みつき、無理矢理歯列をこじ開けた。
  そして、肉厚の舌を口腔に差し入れて、亮一の口の中をまさぐり始める。
「……う……っ」
  これまでの佑とは思えないほど強引な行為に、亮一は恐怖のあまり、舌に噛みついてでも逆らおうとした。
  けれども、佑はそれを許さない。
  噛み合わせの部分に指を入れるように顎を掴み、強引なキスを続ける。
  呑み込みきれない唾液が、口唇の端から溢れ始めた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり