新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

恋と服従のシナリオ

本を購入

本価格:571(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2004/08/10
    ISBN:
    978-4-8296-2251-3
書籍紹介

強情なあんたを、泣かせてみたい

新しく上司としてやってきたのは、和紀を裏切り、成り上がった元部下の岩瀬だった。下僕のように和紀に付き従っていた頃の面 影はなく、傲慢なエリートとなった岩瀬は、和紀のプライドを粉々にし、激しく蹂躙した。「俺には敵わないって認めるまで、何度でも抱いてやる」脅迫のような囁きとともに、屈辱めいた身体の関係を結ばされた和紀は……? WEB連載で大好評の下克上ラブ、書き下ろしを加えついに登場!
立ち読み
「…俺の腕の中では震えてたくせに」
  和紀の中で怒りが沸点に達し、何かがぶつりと切れた。
「下種なことを」
  テーブルの上のグラスを持つと、和紀は椅子から立ち上がる。
  高々とグラスを持ち上げると、岩瀬の頭の上でそれを逆さまにする。
  氷の溶けきっていない水が、彼の頭にぶちまけられた。
  バシャリ。
  バラバラと派手な音を立てて、氷がテーブルの上に散らばる。
  適度にざわついていたレストランの客が、シン、と静まり返った。
  視線が一斉に自分達の上に集まるのがわかる。
  だが、そんなことはどうでもよかった。
  怒りに燃えた目で、和紀は岩瀬を睨みつける。
  額に貼りついた前髪を、それでも岩瀬は余裕をもった仕草で掻き上げた。水を掛けられながらも、岩瀬は楽しげな笑みを浮かべている。
  水を滴らせていても、情けないどころか色男っぷりは変わらない。けれど。
(こんな、最低なヤツになっているなんて)
  きりり、と和紀は唇を噛んだ。
「先輩のことは呼び捨てにするな。上の人間には敬語を使え。そんな基本的なことも忘れたのか?」
  見下したような視線を向けると、和紀は馬鹿にしたように告げた。
(殴らなかっただけマシと思え)
  後がどうなろうと、知ったことではない。
  明日からこのレストランを使うことはできないだろうな、と思いながら、ずぶ濡れになった岩瀬を残し、和紀はその場を後にする。
  拒絶するように和紀が背を向けると、岩瀬の顔からは楽しげな笑みは消える。
  レストランから和紀が姿を消すまで、岩瀬はその華奢な背中を、じっと見つめていた。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり