新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

堕ちるまで

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2004/06/10
    ISBN:
    978-4-8296-2243-8
書籍紹介

逃げようと思うな。おまえは俺のオンナだ

殺人事件を捜査するエリート警視・暁の前に現れたのは、桐生組若頭の桐生だった。高校時代のルームメイトであり、さらに暁の躯を奪って狂おしいほどの悦楽と絶望を教えた男──。犯人をつかまえたければ、代価を払えと言う桐生に、暁は決意する。二度と、この男の腕には堕ちないと。しかし、帰宅途中に攫われた暁を待っていたのは、桐生の甘美なまでに淫らな躾だった。「どうされたい。俺に跪くか、犯されるか」淫靡な囁きと嬲るような愛撫に暁は……?
立ち読み
「犯してほしいって目だな」
「なっ……!」
  暁は真っ赤になった。
「最高にそそられる目だ」
  肌がぞわりと粟立つ。
  男を欲して熱が下半身に集まってきた。
  暁を見つめる男の目も欲情にくすんでいる。
  すっと頬をなで、親指の腹で下唇に触れ、その唇の弾力を楽しむように押してから、桐生は噛みつくように口づけた。
「……んぅ……ん」
  舌がからまる。
  巻きつかせるようにして吸い、歯茎の裏側までなぞる。
  おとがいをつかまえていた桐生の手が頬を滑り、うなじ、首筋と、骨格をなぞるかのようにさぐり、胸へと滑り降りた。
  胸元にたどり着いた桐生の指が、固くなった胸の尖りをつまみ取ると、ぐりぐりと形が変わるぐらい先端を押しつぶし、こね回す。
「……んぅ――んッ……!」
  ダイレクトに下半身を直撃する痺れが走った。
  鼻から甘い息がもれる。
  自然と腰が浮き上がり、もっとと、激しい刺激を求めて無意識に桐生の腹に性器を擦りつける。
「淫乱め」
  唇を塞いだまま、そんな暁を桐生が笑った。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり