新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

けなげなメイドのしつけ方ハート

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2004/05/10
    ISBN:
    978-4-8296-2239-1
書籍紹介

兄さん専用、エッチなメイド!?

新しく家族になった啓史は、南の自慢の兄だ。でもなぜか最近、とても冷たくて……。両親が旅行に行って二人きりの時に、仲直りしようとせっせとご飯を作る南。ところが啓史は、一緒に食べる代わりにある条件を出してきた。その条件とは──裸エプロンでご奉仕すること!? さらに啓史の要求は止まらず、南はどんどんHなことをされてしまい……。兄弟なのに、こんなに感じちゃってどうしよう? 期間限定、兄さんのためだけの淫らなメイドハート
立ち読み
「まさか、ホントに着るとは思わなかった。てっきり、無理だ、と泣きつくかと思ったんだけどな」
「何で?  別にこんなのたいしたことじゃないじゃん。啓史も、これ着た俺を見て、笑いたかっただけだろ?」
「笑いたい?」
  啓史の声が微妙に低くなる。
「そうだな。それだったらよかったな」
  またもや、聞こえるか聞こえないかの声。きっと、南に話しかけているわけではないのだろう。
「どうすりゃいいの?  脱いでいい?」
「ダメ」
  啓史がきっぱりとそう言った。
「その格好でメシ運んできて」
「へーへー」
  南はキッチンへ向かった。その背中に、啓史の声がかかる。
「それと」
  南は首をかしげながら振り向いた。
「俺の膝の上に座って、食べさせて」
  すぐに返事ができなかった。
  だって、この格好だよ!?  とか。そんなことして何が楽しいの!?  とか。
  言いたいことはいくらでもあったけれど。
  一回でも命令に逆らったらおしまいなので、南は素直にうなずいた。
「いいよ。何でもする」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり