新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

バスルームでキスをして

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2004/03/10
    ISBN:
    978-4-8296-2235-3
書籍紹介

俺たち双子のうち、どっちを選ぶ?

たった一人の肉親である母を亡くした景は、遠縁の家に居候することに。そこには同じ顔だけど性格は正反対の双子──優しくて隙のない千賢と、ぶっきらぼうでワイルドな穂高──がいた。傷心の景を癒してくれたのは、毎晩バスルームで会う男。が、それが双子のどちらか見分けがつかないままに、キスやもっとすごいことまでされてしまい……! 「俺たち、好みが似てるんだ」そう言ってキスしてくるのは、果 たしてどっち!? 危険なトリプル・ラブハート
立ち読み
「景は俺が好きなんだよ」
  穂高は睨むように景を凝視し、千賢どころではない強引さで返事を求めている。
「お前――俺が好きだって言ったら、自分もそうだって答えただろ」
「う、うん――」
  初めて篠井の手でイかされたときのことだと、思い出すと頬が熱くなる。穂高と知らなかったとはいえ、好きだと、口にしたのは事実だった。
「それは景が、相手が俺だって思ってたからだ」
  千賢も負けておらず、挑むように穂高と見つめ合い、自信に満ちた態度で断言する。
「景は俺に向かって好きだって言ったんだよ。お前じゃなくてな」
  千賢は景がそばにいるのを幸いに、あてつけるようにその手をとって穂高を見やる。駆け引きだか本気なんだが、口元に浮かぶ笑みは迷いがなく、景自身すら千賢の言うとおりだと信じかねない。
「ふざけるな…っ」
  これには穂高もたまりかねたのだろう、声を荒げて立ち上がった。
「来いっ」
「わ……っ」
  穂高は景の手首を掴み、千賢から引きはがす。景はつんのめるように穂高の胸に飛び込む羽目になり、肩を抱き寄せられた。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり