新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

僕だけの騎士ハート

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2004/01/10
    ISBN:
    978-4-8296-2230-8
書籍紹介

こう見えてもテクニシャンなんだぜ?

「人は見かけじゃない」というけど、この男はひどすぎる! 無実の罪で逮捕されてしまった僕には、弁護士の北澤だけが唯一の味方なのに、彼はだらしない身なりで傍若無人──こんな男が頼りになるのか? しかし公判での北澤は別人のように格好よく、キレる敏腕弁護士になっていた。そのギャップに、僕はドキドキが止まらない。「あんたを絶対守ってやるよ」ぶっきらぼうだけど優しい彼に、思わずときめいてしまって…。ナイトは、2つの顔を持つぼさぼさ頭の色男ハート
立ち読み
  本当に、このままここにいてしまおうか――おさまりかけた嗚咽の下、頭に浮かんだその考えに誘われるように僕は北澤の胸から顔を上げ、泣きすぎてぼんやりした頭で室内をぐるりと見回した。どんなに汚い部屋であっても、寝るのがこのソファでも、口が悪い上に、法廷と普段の生活に驚くほどのギャップがあっても、ここには僕を受け止め、優しく癒してくれる何かがある――そんな気がする。
「…………あの……」
  涙に掠れた声でそう呼びかけた僕の顔を、北澤の無精髭の浮いた小汚い顔が見下ろしていた。
「ん?」
「…………」
  優しげに目を細めて微笑むその顔に、胸の鼓動が速くなる。泣きすぎて情緒不安定にでもなってしまったのか、と頬の赤らみを悟られまいとまた俯いてしまいながら、僕は彼の胸に両手をつき、身体を離して向かい合った。
「お世話になります」
  小さな声でそう言って頭を下げた僕に、
「そうこなきゃな」
  と北澤は笑うと、またくしゃ、と僕の髪を掻きまぜるように指を絡め、そのまま僕の頭を自分の胸へと抱き寄せた。またも早鐘のように打ちはじめた胸の鼓動を持て余しながら僕も目を閉じ、彼の身体から立ち昇る清潔な石鹸の香りを胸一杯に吸い込んでみる。ここにいるのは誰よりも頼りになる僕の弁護人――僕を窮地から救いあげてくれただけでなく、傷ついた心までをも癒してくれる、優しい声と細く長い指を持つ、誰より信頼できる、僕の――。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり