新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

背徳と愛のはざまで

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2003/12/10
    ISBN:
    978-4-8296-2225-4
書籍紹介

もっと憎め、そして悦楽に堕ちてこい

得体の知れない男たちに追われる大学生の智紀を助けたのは、貴族的な容貌だが鋭い眼をした男・サーシャだった。しかし彼の本当の狙いは、莫大な遺産の在処を示すという智紀の母の形見で──!? 身を隠したホテルで「悦んで男を欲しがる身体に、作り変えてやる」と、まるで憎むかのように智紀の身体を玩ぶサーシャ。深すぎる淫楽に泣きながらも、智紀はサーシャが時折り見せる暗く傷ついた瞳に囚われてしまい……? 悦楽に満ちたドラマティック・ロマンス!
立ち読み
  智紀の目尻に、涙が浮かんだ。それがまた、悔しい。自分の弱さをさらに思い知らされているようで、智紀はたまらなく悔しく、惨めだった。
  不意に、サーシャが智紀を抱きしめた。
「泣くな、智紀」
  囁きと共に、目尻にたまった涙を吸われた。
「……やめろ」
  脱力した身体をサーシャに抱きしめられたまま、智紀が小さく呟く。抵抗しても無駄なことは、わかっていた。
  サーシャはなだめるように唇を滑らせ、目蓋に、頬に、口吻ける。
「いい子だ、智紀。悪かったな……泣くな」
  打って変わった優しい声に、触れかたに、智紀は涙をこらえられなくなる。こんな男の前で泣きたくないのに、優しくされると、心の悲鳴を我慢できなくなる。
「大嫌いだ……。サーシャなんて……嫌いだ」
  せめても、涙の浮かんだ目で、サーシャを思い切り睨む。
  見上げたサーシャの青灰色の目が、ほんの一瞬だけ、痛そうに細められた。だが、それは瞬きするような一瞬で、次にサーシャを見た時には、それは皮肉気な苦笑に変わっていた。
「――嫌いでけっこうだ。もっとわたしを憎め、智紀。おまえがわたしを憎むごとに、わたしはおまえを狂わせてやる」
「……大嫌いだ」
  サーシャの抱きしめる腕が、強くなる。苦しいほどに拘束され、智紀はサーシャの胸を叩き、大嫌いだと罵り続けた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり