新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

Boxer the Molester
まるで、灼熱のキス。

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2003/05/10
    ISBN:
    978-4-8296-2210-0
書籍紹介

唇に、ふれるな。--それは、秘密の契約。

なにもかも平凡な木崎は、自分には「何かがたりない」と感じていた。そんな折り、取引先の相手で同階級のボクサー・柴賀にむりやり犯され、試合でも負けてしまう。「膝を折ったあの瞬間から、お前は俺のものなんだよ」と柴賀に宣告され、淫らな体の関係をつづける木崎だったが、その快楽に、激しさにしだいに溺れていき……。体は繋いでも、けっして唇だけは触れ合わせない、それが暗黙の契約。まるで、激しく燃え上がる二人の心を隠すかのように──。
立ち読み
「身をもってわかったか?」
  彼の首筋に鼻先をふれさせ、シャツの襟元をかきわけて言う。ボタンをはじく柴賀の指を感じ、浮いた鎖骨を引っかかれる彼は、息をのんで身をすくめた。
「俺とお前じゃ、勝負にもならねぇ」
「…っそれは――」
  あまりの言われようだが、木崎に反論の余地はない。シャツのなかに柴賀の手が入り込み、なだらかな胸を撫で下ろされて声がつまる。今日の試合内容を思い返せばまさにそのとおりで、柴賀を正視できず、瞼を伏せて眼をそらした。下唇を噛み、柴賀の言葉を甘んじて受け入れる。
  木崎がその表情で言外に、明らかな敗北を認めると、柴賀は満足したのか、彼のジーンズの後ろから手を差し入れてきた。ウエストの隙間から忍び込み、下着をもかいくぐってその狭間に分け入る。
「あ……っ」
「膝を折ったあの瞬間から、お前は俺のものなんだよ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり