新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

君と緋色の恋を抱き

本を購入

本価格:571(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2003/05/10
    ISBN:
    978-4-8296-2209-4
書籍紹介

君は、世界でただ一人の相手

赤い髪に琥珀色の瞳を持つ浩太は、使用人の息子として、日野家のお屋敷にやってきた。ずっと「異人の子」と蔑まれてきたが、お屋敷の次期当主・裕利は、その髪に優しく触れ、好きだと言ってくれた。二人の間にほのかな恋が生まれる──それが波乱に満ちた人生の始まりとも知らずに。その時、裕利の継母は日野家の財産を狙い、当主暗殺をもくろんでいた。使用人とご主人様──身分違いのせつない恋の行方は……?
立ち読み
「…なに…すんだ…?」
「もっと気持ちのいいこと」
「うん…」
  ここから先は裕利も初めてだが、どうすればいいかは知っている。
  大事な浩太。絶対に傷つけたりしない。
「恐いか?」
  震えている浩太に気づき、裕利が優しく問う。
「す…少し…な」
  浩太は裕利の首に腕を回し、照れくさそうに微笑む。
「大丈夫。おめぇを触ってるのは俺だ」
「うん……」
  裕利の指が、余すことなく浩太の体を確かめていく。
  初めは強張っていた体も、裕利の愛しげな愛撫のもと、しだいにほぐれていった。
「恐くねぇだろ?」
「…お、おう…」
  浩太は頬を染めながら、素直に頷く。
  夢じゃなく…。これは、夢じゃなく…。
  浩太に触れているのは裕利の指、裕利の唇。
  自分でさえ見たことのない“自分”が、裕利の前に現れる。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり