新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

俺様の専属

本を購入

本価格:571(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2007/09/25
    ISBN:
    978-4-8296-5488-0
書籍紹介

泣き顔とかけっこう可愛いし、セックスも俺の専属にしてやるよ

高校バレーの名門校に入った学人は、天才プレーヤー・里一に憧れて入部するが、身長制限で里一の専属マネージャーにされてしまう。女関係にだらしない里一の見張りも課せられ、学人は女遊びを阻止したかわりだと里一に抱かれてしまった!  セックスも専属にしてやると言われ、一方的に弄ばれるのが悔しい学人は交換条件を出して受けてたつが!?  ものすごく可愛がってくれたと思えば粗末に扱われたり、里一に惹かれるけど日々翻弄されて。
立ち読み
「無理っ!」
  さらに俺の後孔にも軟膏を塗ろうとする里一先輩に俺は咄嗟に足を閉じて拒絶する。
「こんな中途半端なところで止めるほうが無理だっての」
  里一先輩は片手で俺の足をひとまとめに掴むと、赤ちゃんがオシメを変えるような格好で俺の後孔に軟膏を塗り広げた。
「でもっ…」
  ヒンヤリとした軟膏が粘膜に触れる感触に俺はビクッと身を竦める。
「一緒に気持ちよくなろうぜ」
  怯える俺に里一先輩はまったく悪びれることなく言った。
「里一先輩…」
  俺の意志なんか無視して強引に手を出しておきながら、独りよがりのセックスをするワケじゃなくて、一緒に気持ちよくなろうとか、まるで恋人に語りかけるみたいに言わないでほしい。これじゃあ俺まで変な勘違いをしそうになってしまう。
「挿れるぞ」
  里一先輩は大人しくなった俺の膝の裏に手を入れて左右に大きく開くと、クレバスの中心にある小さな穴に猛ったペニスの先端を押し当てた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり