新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

守護者は愛を奪う

本を購入

本価格:476(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:495円(税抜)

獲得ポイント:5pt
書籍紹介

俺を一族に引きとめているのはお前だ

自覚はないけれど竜の末裔の一族で金竜とされている竜司は、兄代わりであり、全ての災厄から守ってくれるボディーガードの征二を無条件に信頼している。だが、金竜の対だという銀竜の由良が見つかり、征二の腕の中で囲い込まれるようにしてきた竜司に変化が。一族に後押しされて美しい由良と交流を深めてゆく竜司だが、二人の特別な絆に焦燥に駆られた征二から竜司は奪われてしまう。いつも余裕な征二の豹変に竜司は翻弄されて…。
立ち読み
「左手が空いてるからだ」
「そ…っ……」
  それはいったいどういう理由なんだと文句を言おうとした声は、ペニスの先端を指の腹でグリグリと揉まれることで呑み込まれる。
「ふぅ…ん、あ…あ……」
  一度溢れた声は、もうとめどなく零れ落ちるだけだ。耳に入ってくる甘ったるい喘ぎが自分のものだと思いたくない竜司は、意識を強烈な快感のほうへと向ける。
  遠慮のない征二の愛撫は、乳首やペニスだけでなく、その下の双珠にも加えられている。性を溜める蜜袋まで揉み込み、あっという間に竜司の欲望を弾けさせた。
  大きく胸が上下し、はぁはぁと呼吸が荒い。いともあっさりと射精に導かれた竜司は、その性急さについていけず、しばし快楽の余韻から抜け出せずにいた。
「自分でするより良かっただろう?」
  意地の悪い含み笑いと、目の前に見せつけられる手。それは、竜司の放った白濁した液で汚れていた。
「つっ!」
  本当に、なんて性格が悪いんだと、今更ながら征二を呪う。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり