新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

秘すれば花

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

俺の行動にはいっさい干渉するな

高校生の千夏は夏休みのバイトとして、富士遼太郎というまだ若い作家の、身の回りの世話をすることになった。遼太郎は、蟻の行列を観察して熱射病で倒れるような奇天烈な人物なうえ、千夏にも「俺の行動には干渉するな」という素っ気なさだ。だが、千夏が料理上手だったことで二人の距離は縮まっていく。やがて二人は甘い雰囲気に…と思われた矢先、遼太郎の兄で同じく作家の有馬が現れたことから、千夏と遼太郎の関係は一変し…?
立ち読み
「しょうがないな。恋人のおねだりには応えてやるか」
  嬉しげに応じた遼太郎は千夏の中からずるりと指を引き抜くと、棚からローションの小瓶を取ってきて、自身のモノと千夏の双丘の奥へと中身をたっぷりと垂らした。
「さ、起きて」
  腕を掴まれ、引き起こされる。
  千夏がこれからどうするつもりだと思っていると、遼太郎は座った自分の膝の上に跨がるように促してきた。
  千夏はその体位はあまり得意ではなく躊躇ったが、ここで愚図愚図していても、どうせ最後は遼太郎の好きにされるに決まっていた。
  それくらいなら自分の意志で動いたほうがましだと、千夏はそろそろと手を伸ばし、遼太郎の腕に掴まりながら彼の腰を跨ぐ。
  恐々と腰を落とし、なんとか狙いを定めて遼太郎のモノを呑みこもうとするが、どうも上手くいかなかった。
「遼太郎……」
  頼りなげに名前を呼ぶと、遼太郎は両手で双丘を広げるようにしながら、目的の場所へと自身の昂ったモノを突き挿れてくる。
「あ、ああっ」
  千夏が声をあげている間に、昂ったモノは一気に奥まで到達し、中をめいっぱい圧迫していた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり