新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

シェフは唇から食べられる

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

ひどくして欲しくて、私を誘っているのですか

水原准は、通っている調理師専門学校で『天才』の名をほしいままにしている。あるとき、准はバイト先の歯科医院で院長をしている美貌の男・安藤蓮也の偏食っぷりに我慢できず、自慢の料理を振舞ってやるが、安藤には感謝すらされない。それどころか、酔った勢いでセックスしてしまった翌朝「君は料理もセックスも味気ない」と言われてしまう。安藤に料理自慢をするだけだったはずの准は、気がつけばセックス込みの通い妻状態に!
立ち読み
「ウギャーッ。や、やめろよ…っ、なにすんだ、変態変態変態っっ!」
「……うるさいですよ」
「ヒ…ッ」
  くい、と曲げた指が秘部に触れて准の腰が震える。
  そのまま指先がじわりと中に潜ってきて、毎日のように慣れさせられた身体は無意識に力が抜けていった。
「やめ、ろ…っ。ココで、すること、ねぇだろ…」
  准は絶え絶えに願い出るが、安藤は聞き入れない。
「君が悪いんですよ。私の真剣な話も聞かずに、途中で逃げ出すから。しかも耳まで噛んで……許せると思いますか」
「だ、だってアンタが……ぁあんッ」
  尻の奥に潜りこんだ指がぐるりと旋回する。
  カウンターに押しつけた横顔をむずがるように顰めると、その准の顔が堪らなく扇情的に見えたのか、安藤は意地悪く指の動きを早める。そして項に口づけ、耳朶をしゃぶった。
「さっきはよくも噛んでくれましたね。……おかげで抑えが効かなくなりました。今日は夕食の前に君をいただきましょうか」
「ン、ぁう、アッ…あぁ…ッ」
  ガクガクと足が震える。
  触られてもいないのに、勃ち上がった性器からはポタポタと体液が溢れて床に零れた。それに気づいて、安藤は口端を吊り上げた。
「変態と私をなじるわりに、もうこんなに感じている君はなんですか」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり