新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

プリンスは薔薇と鎖にときめく

本を購入

本価格:476(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2005/09/25
    ISBN:
    978-4-8296-5405-7
書籍紹介

「淫らで…熱いからだ…だ」

甲賀真冬は、王子の警護を依頼され、南欧の小国にやってきた。だが城に向かう途中、空から降ってきた黒マントのネロというキザな義賊に唇を奪われる。『感じない男』と異名を持つほどクールなのに、真冬はネロのキスに感じてしまった。なんとか城に辿り着いたが今度は美貌の王子レオンに花嫁候補として扱われ迫られてしまう。ネロとレオン、正反対の二人なのにどちらのキスにも感じてしまった真冬は――。
立ち読み
「や…っ」
  ぴったりとしたビニールコーティングの黒いボクサーパンツごと、真冬のズボンを足の付け根あたりまでひきずり下ろすと、男は、待ち構えていたように勢いよく頭をもたげる真冬のものに、躊躇なく唇を這わせる。
「あっ、なに?」
「もうこんなに大きくしているくせに、気のないふりをするなんて、悪い子だ」
  吐息混じりにささやくと、男は、真冬のものをすっぽりと口の中に含んだ。
「ひぁっ、やっ」
  冷静になじってやるか、実力行使で、続きなどできないようにしてやろうと思っていたのに。
  大切な場所を口に含まれてしまっては、抵抗など絶対にできない。
  男を怒らせて、咬み切られでもしたら、命をなくすか、それよりも惨めなことになるかの、ふたつにひとつだ。
「……っ」
  怯えたように身をかたくする真冬を安心させるように、男は甘い声でささやいた。
「大丈夫、優しくしてやるよ」
  真冬のものをいったん口から抜いて、透明な液をしたたらせているその頭の部分を濡れた唇で何度もついばみながら…だが。
「あとで私が恋しくてたまらなくなるくらい、気持ちよくさせてやる」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり