新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

この手の先に…

本を購入

本価格:629(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2005/09/25
    ISBN:
    978-4-8296-5403-3
書籍紹介

このキスを喜んで、このキスを恐れてる

佐倉波人は、毎朝エレベーターで挨拶を交わす名も知らぬ「彼」に、密かな好意を抱いていた。だが、過去に、告白がもとで初恋の相手との時間を失った佐倉は、好きな相手であるほど深入りできない。そんなとき、後輩から告白されたことをきっかけに、彼との距離が急速に縮まってしまう。彼からも強引に告白された佐倉は、彼の名が初恋の相手と同じであることを知り…?小西克幸出演ボイスノベルCD付き
立ち読み
「あのボーヤはいい子だったが、押しが足りない」
  タバコの臭い。
「俺なら、こうする」
  コロンの香り。
「辛と…」
  唇を塞がれて、強く抱き締められる。
  身体を引くと、右手に握っていたコーヒーの缶が派手な音を立ててコンクリートの床の上を転がって行った。
  背反し、せめぎ合う心。
  このキスを喜んで、このキスを恐れてる。
  『キス』して、『好き』と言って。強引なほど真っすぐに俺を捕らえる『大好きな人』。その結末の身の震えるほどの悲しさが甦る。
  違うのは、優しかった少年と違い、心も身体も立派な大人である彼は、自身の言葉どおり俺を強引に扱うこと。
「ん…」
  キスだけでは終わらせてくれない。
  手はスーツの中へ滑りこみ、ネクタイを強く引っ張る。
  暖かくなって来たからアンダーウェアを脱いでたった一枚の薄いワイシャツだけで包まれている胸の上に指を滑らせる。そこに俺の本当の気持ちが隠されているというようにゆっくりとまさぐる。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり