新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

溺愛ハート酷愛症候群

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2005/08/25
    ISBN:
    978-4-8296-5400-2
書籍紹介

ひどいことばかりするからやだ

青木の司法試験合格パーティで青木に似た紳士にいきなり口説かれた中小路の身辺が不穏になった。青木がボディーガードとして、中小路の身辺警護を始めるがーー。懲罰シリーズ、待望の青木&中小路編!
立ち読み
  青木の姿が、少し離れた人混みの向こうに見えた。高校のときの大親友、香椎柚実と話している最中だった。昔から青木は香椎と話すときには笑顔全開で、変わっていないその態度に腹が立つ。
「誰か私以上に気になる人でもいるの?」
  ふと視線をそらせていた隙に、彼は中小路のすぐ脇に場所を移していた。
  必要以上に近づかれて、中小路は彼から離れようとした。しかし、そのとき瞳の端に青木の姿が映った。
  一瞬だけ、青木と中小路の視線が合った気がした。だけど、青木は何もなかったように視線を反らせ、香椎としゃべり続けている。それどころか、指先で香椎の頬までつついているところまで目撃してしまう。
  ――青木め!
  ムッとした。こんなにそばにいるんだから青木だって中小路の姿に気づいていないはずはないだろう。
  すぐに恋人のところに来るのが礼儀だろうに、ぐずぐずしているのみならず、昔の大親友といちゃついているなんて、信じがたい男だ。
  ――おまえがおまえなら、こっちにだって考えがあるんだから!
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり