新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

過剰ジェラシーも恋のうち

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2005/07/25
    ISBN:
    978-4-8296-5398-2
書籍紹介

卑怯な手だが おまえを守るためだ

2年に進級した光希は、先輩の幸村隼人とラブラブだ。だが、幸村の弟・直人が入学してきて、なにかと光希と幸村との仲を邪魔してくるのだ――。
立ち読み
幸村さんは顔を上げて、オレの髪を撫でた。
「おまえの顔を見ながらのほうがいい」
「うん……オレも」
  後ろからというのも悪くないけど、できれば顔を合わせていたほうがよりいい。オレの身体だけが目当てじゃないんだってことはよーく判っているが、それでもこんなふうに言ってもらえると嬉しかった。
  幸村さんはオレの足を抱え上げ、その部分へと腰を押し進めた。
「あ……あっ……」
  幸村さんが奥まで入ってきた衝撃で、ついイキそうになった。がぐっと堪える。
まだまだ続きがあるから、オレは最後まで踏ん張って、幸村さんと同時にイキたかったんだ。
  幸村さんはオレのそんな様子を見て、ふっと笑った。
「いいんだぞ。無理しなくて」
「だって……一緒がいい。幸村さんと……」
  そう。どこまでだって一緒についていきたい。
  それがオレの願いだから。
  幸村さんはオレの硬くなっている部分に手を添えて、動き始める。幸村さんが動くたびに、内部の感じるところに擦れていく。身体の内側と外側が同時に刺激されて、いくら口を閉じても喘ぎが洩れてきてしまう。
  廊下ではひっきりなしに人の声がするのに。
  我慢しようとしても、なかなか止められない。オレは必死で手を伸ばして、幸村さんの腕に触れる。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり