新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ナイショの時間

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

いきなり食ったりしないから、安心しろ

条樹は下条家の主筋にあたる赤目家の後継者・赤目我王の目に留まってしまう。大学在学中でありながら跡継ぎとして会社経営に関わる我王に逆らえなくて――!?
立ち読み
  見る見るうちに遠くなっていく綺麗なお姉さんの姿に、樹は未練がましく腕を伸ばして叫んだ。
「やだやだ~っ。美人のお姉さんとデートする~っ!」
「ダメだ」
「ひどい~っ。美人のお姉さん~。あうあう」
  樹は諦めきれず、完全に姿が見えなくなっても嘆くのをやめない。
  我王は顔をしかめて舌打ちをした。
「ミュウミュウ鳴くんじゃない。お前はこっち」
「こんな機会、もう二度とないかもしれないのにっ!!」
  必死の形相で訴える樹に対し、我王はあっさりと頷く。
「まぁ、ないだろうな。俺が許さん」
「ひどいっ!  横暴っ!!」
「おまえなっ。俺とデート中だということを忘れたのか?  それなのに、他のやつとデートするっていうのは、どういう了見だ」
「違うっ!  デートじゃない!」
  それはいつもの癖のように出た言葉だった。我王とのふざけて交わす会話の中で、何度となく繰り返されてきたやり取りである。
  しかし今は少々状況が悪かった。樹の可愛くない態度に、我王の機嫌はますます下降を続ける。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり